日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第169回「アメリカとイギリスと言えば」

Released: 2017.11.24

第169回目のポッドキャストのテーマは「アメリカとイギリスと言えば」です。アメリカと聞いて真っ先に思い浮かぶものは何ですか?イギリスと聞いたら何を思い浮かべますか?今日のエピソードではブライアンとローラがお互いの国に対して持つ固定概念について話し合います。今日の会話を聴きながら、みなさんも似たような固定概念を持っているのか考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「アメリカとイギリスと言えば」

【Laura】What three things do you think of when you hear, “UK?”

【Brian】Ooh, um…I actually thought about this this morning. And I think I would have to say, like, the weather…

【Laura】(laughs)

【Brian】Like, uh when I picture the UK, I picture, uh like, it being foggy all the time. Like foggy, overcast. I mean, I’ve heard from my friends too that it’s like that, but uh I actually like that kinda (kind of) weather so it’s not—it’s not, like a bad thing to me.
But, uh also I think of uh…I think of royalty. So like, I think of the royal family, and I think of, uh maybe like, uh British history and things like that. Um, and also I think about, of course, tea.

【Laura】Ah.

【Brian】I think about tea. (laughs)

【Laura】Ah.

【Brian】So those are my stereotypes.

【Laura】I mean, the royal family is actually not so popular, in the UK.

【Brian】Okay. Oh, really? Well in…I don’t know why, but we follow it so much in the US.

【Laura】Maybe more than we do. I mean…

【Brian】Probably.

【Laura】It’ll be on the news, and maybe you might have a garden party or something, but I know it really as an excuse to have a party, not because we care…

【Brian】Right.

【Laura】…that much.

【Brian】Right.

【Laura】Yeah.

【Brian】Okay, so what about you? What about the US? What are your stereotypes?

【Laura】You’re very optimistic.

【Brian】Mm, okay.

【Laura】Which I think is good. But yeah, I always think of, like happy, optimistic American people.

【Brian】Okay.

【Laura】Yeah, um…another one is quite patriotic, perhaps.

【Brian】Patriotic, okay.

【Laura】You know, very, like you know…all have, like the flags up and stuff like that.

【Brian】Right, right.

【Laura】Yeah, which in the UK…I don’t know. Maybe it’s not…it’s a bit embarrassing, maybe to be proud of something. So…

【Brian】Oh, okay. Interesting.

【Laura】And then the other thing I was thinking about was…sorry, but like, large portions, maybe?

【Brian】Oh, okay.

【Laura】Even cars, like, yeah.

【Brian】Yeah, everything’s just super-sized in America.

【Laura】Yeah.

【Brian】Yeah, yeah.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What three things does Brian think of when he thinks of the UK?
    ブライアンがイギリスと聞いて思い浮かべる3つのことは何ですか?
  2. What does Laura say about the views of the royal family from within the UK?
    ローラは、イギリス国内での王室に対する見方について何と言いましたか?
  3. What three things does Laura think of when she thinks of the US?
    ローラがアメリカと聞いて思い浮かべる3つのことは何ですか?

 

Answers(解答)

  1. He thinks of the weather, the royal family, and tea.
    彼は、天気、王室、紅茶を思い浮かべます。
  2. She says that the royal family is not very popular within the UK.
    彼女は、王室はイギリス国内ではあまり人気ではないと言いました。
  3. She thinks of the average American’s optimism, patriotism, and the large portion sizes for food.
    彼女は、一般的なアメリカ人は楽観的で愛国主義者、そして1人分の食事が多い、ということを思い浮かべます。

 

Summary(要約)

In this episode, Brian and Laura asked each other about stereotypes they think of when they think of each other’s countries. For Brian, his three stereotypes when he thinks of the UK are the weather, the royal family, and tea.
今回のエピソードで、ブライアンとローラは、相手が自分の国について考えた時に思い浮かべるイメージについて尋ねました。ブライアンにとって、イギリスと聞いて思い浮かぶのは、天気、王室、そして紅茶です。

Brian has heard from his friends that the weather is similar to the stereotype of overcast and fogginess. Still he actually enjoys that kind of weather.
ブライアンは友人から、イギリスの天気は自分が想像しているとおり、どんよりしていて霧がかっていると聞いたことがあります。しかし彼はそういう天気を好んでいます。

On the subject of the royal family, Laura says that the royal family of the UK is not very popular among British citizens. Laura thinks most British people use events in the royal family as excuses to hold parties.
王室については、イギリス国民の間でイギリス王室はあまり人気がないとローラは言います。大抵のイギリス人は、王室のイベントをパーティーをする口実として利用しているだけだと考えています。

For Laura, her three stereotypes she thinks of when she thinks of the US are American optimism, patriotism, and large portion sizes in food. She has even noticed that the cars are bigger in the US.
ローラにとって、アメリカと聞いて思い浮かべる3つのイメージは、アメリカ人は楽観主義、愛国主義、そして1人分の食事の多さです。アメリカは車すらも大きいと彼女は気づきました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) I would have to say(〜と言わざるを得ない)

I would have to sayは、必ず答えが求められるような質問をされた場合に、決定的な発言や回答を和らげる言い方として用いられます。日本語の「〜と言わざるを得ない」に相当し、控えめに意見を述べるニュアンスが含まれます。

  • I see your point but I would have to say that she’s right on this one.
    (あなたの言いたいことは分かりますが、この件に関しては、彼女が正しいと言わざるを得ない。)
  • Which is my favorite country? That’s a tough question. But If I had to pick one, I’d have to say Spain.
    (どの国が一番好きかって?それは難しい質問だな。でも、1ヵ国だけ選ぶとしたらスペインかな。)
  • Both candidates are excellent but I’d have to say Peter is a better fit for our company.
    (候補者は2人とも素晴らしいですが、ピーターの方がうちの会社に合っていると思います。)

2) Picture(想像する)

Pictureは本来、「絵」や「写真」を意味しますが、日常会話では、頭の中でイメージするもの、つまり「想像」を表します。 Imagineの代わりに使うことができますが、より口語的です。

  • I picture Los Angeles to be warm and sunny all year round.
    (ロスは1年中天気が良く暖かいイメージがあります。)
  • Picture yourself moving abroad and starting a new life.
    (海外に引っ越して新しい生活を始めることを想像してみてください。)
  • I can’t picture myself settling down and having a family anytime soon.
    (近いうちに落ち着いて家庭を持つことは想像できないな。)

3) Overcast(曇り)

「曇り」と言えば、真っ先に cloudyが思い浮かぶと思いますが、 overcastという表現もあります。違いはどれだけ曇っているか、です。
Cloudyは一般的に50%以上曇っているが所々日差しが出ている状態を表します。一方 overcastは、一面に曇って日差しが全くない状態を表し、どんよりとした天気を指します。

  • It’s been chilly and overcast the last few days.
    (この数日、肌寒くて空もどんよりしていますね。)
  • San Francisco is a great city but it’s always overcast.
    (サンフランシスコは素敵な街ですが、いつも曇っています。)
  • It’s nice living by the beach but you get a lot of overcast days.
    (海岸沿いに住むのはいいのですが、曇りの日が多いですよ。)

4) Excuse to(〜する言い訳)

Excuseは「言い訳」を意味することから、何かをするために言い訳をすることを 「Excuse to…」と言います。しかし、アメリカ人の日常会話では、この表現は「〜する理由」のようなポジティブな意味合いでも使われます。

  • I need to think of an excuse to cancel dinner tonight.
    (今夜の夕食をキャンセルする言い訳を考えないと。)
  • In the U.S., we always look for an excuse to throw a party.
    (アメリカでは、皆パーティーをする理由をいつも探しています。) 
  • Let’s run marathons in different countries. That’ll give us an excuse to travel too.
    (いろんな国のマラソン大会に参加しようよ。そうすれば旅行する理由にもなるし。)

5) Optimistic(楽観的)

物事をポジティブに考えることを Optimisticと言います。逆に、「悲観的」は Pessimisticと言います。

  • I’d like to think that I’m a pretty optimistic guy.
    (私は、自分は非常に楽観的な人間だと思いたいです。)
  • Do you consider yourself an optimist or a pessimist?
    (あなたは自分を楽観主義者だと思いますか?それとも悲観主義者だと思いますか?)
  • He is a glass half empty kind of guy. He’s very pessimistic.
    (彼はとても悲観的な人です。)

 

Vocabulary(単語)

  • Foggy・・・霧
  • Royalty / Royal family・・・王室
  • Patriotic・・・愛国心

Expressions(表現)

  • Large portions・・・一人分の食事の量が多い
  • Super size・・・超特大

 

登場人物紹介

Brian

アメリカのワシントン州にある小さいな田舎町で生まれ育つ。現在はタイに在住し、企業や語学学校、それにオンライン(カフェトーク)で英語講師をしながら、外国語としての英語教授法の検定やケンブリッジ大学のTKTの取得を目指す。英語を教えることに非常に高い情熱を持つカフェトークの人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

Laura

イギリスのロンドン出身の英語講師。現在は東京に在住。子供から大人まで幅広い世代に英語を教えてきた経験をもとに、生徒のレベルに応じて楽しいレッスンをカフェトークにて提供中!
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Mao より:

    Hi. I love your videos and this website. Thank you so much for uploading. I’d like to ask you something about English.

    基本的なことでお恥ずかしいのですが、
    I know how to ride a bike.
    I know how to use the computer.
    このときの、how to 〜 a/the 〇〇について、正確な使い分け方がありましたら、教えていただきたいです。
    よろしくお願いします!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト