日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第291回「やみつきになる食べ物」

Released: 2020.06.12

第291回目のポッドキャストのテーマは「やみつきになる食べ物」です。みなさんには、大好きでたまらない食べ物やスナックはありますか?今日の会話では、ディアナとケンとローレンスがどうしてもやめられない食べ物についてシェアします。今日の会話を聴きながら、3人が大好きでやめられない食べ物が何かを考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「やみつきになる食べ物」

【Ken】Alright guys, well is there a food that you… really love to eat and just can’t stop yourself from eating?

【Deanna】I’d say my guilty pleasure… is… okay, two things. Hot Cheetos and sriracha on everything.

【Ken】 (Laughs)

【Deanna】I love spicy everything.

【Lawrence】Sriracha on Cheetos?

【Deanna】Oh! Actually, I haven’t tried that. That’s a good idea though, I might do that, yeah. No I wouldn’t…

【Lawrence】So regular Cheetos or hot Cheetos or…

【Deanna】Umm, the extra extra hot ones. Yeah, those are the best. Umm yeah, they have a restaurant uh in Long Beach and it’s like, mac and cheese with sprinkled hot Cheetos on top. And it’s SO… it’s probably the worst thing for you ever and I would get it.

【Ken】I’ve been there, yes, I’ve been there, I’ve had it.

【Deanna】Oh! The Attic right?

【Ken】Yes! The Attic. Yeah the place that looks like a little house…

【Deanna】Yeah~

【Ken】On the corner.

【Deanna】Like an attic?

【Ken】Yeah!

【Deanna】 (Laughs)

【Ken】 (Laughs)

【Lawrence】Uh for me, I wouldn’t call this a guilty pleasure ‘cause I don’t feel guilty about it, but uh food that… I love to eat or… I…if I could eat this every day all the time, I would, would be cheesecake.

【Deanna】Ooh!

【Lawrence】Because there are so many different kinds of cheesecakes that you can have. Umm, actually with uh Cheesecake Factory, pretty umm nice restaurant I would say, they also specialize in cheesecake, but it’s not only cheesecake, they have regular food too. Umm, I was looking at the menu a while ago with one of my umm English students. Umm, there was something like thirty…four different kinds of Cheesecake on the menu at Cheesecake Factory. So, with them you could, you know, have a different kind of cheesecake every day, you know, and just keep rotate, never get tired of it.

【Deanna】Every day, huh?

【Ken】You wouldn’t feel bad about eating cheesecake every day?

【Lawrence】Umm… my body might but I wouldn’t.

【Deanna】Ah, his soul won’t.

【Ken】Yeah, yeah.

【Lawrence】It’s not a guilty pleasure.

【Ken】Yeah, no cheesecake is great. I don’t know about you guys, but I’m really into chips. I’m addicted to chips. So much so that I don’t even have it at the house. ‘Cause I’ll eat the whole bag. But just that, sort of, crunchiness and the burst of flavor, that’s really something I’m into. But uh, yeah I don’t have those at the house. That’s my guilty pleasure for sure, yeah.

【Deanna】Okay.

【Lawrence】Although, one thing that’s stopping me from eating a lot cheesecake is it can be pretty expensive.

【Ken】Mmm.

【Deanna】Yeah why is that?

【Lawrence】I don’t know if it’s a deterrent or if they know people will pay that much but… yeah…

【Deanna】It seems… It’s like a fancier dessert, that’s why.

【Lawrence】Yeah.

【Ken】And it’s pretty labor intensive. Making a good cheesecake isn’t uh very easy to do so…

【Deanna】Do you know how to make cheesecake?

【Ken】Not me personally, but I have some friends that are into it and its difficult, it’s a difficult process.

【Lawrence】Can you give me their numbers?

【Ken】(Laughs) Sure no problem, no problem.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. How does Deanna like most of her food?
    ディアナは大抵の場合、どういう食べ物が好きですか?
  2. Which restaurant in Long Beach does Deanna mention having good spicy food?
    辛い料理がおいしいとディアナが言うロングビーチにあるレストランは何と言いますか?
  3. What type of food does Lawrence mention really enjoying?
    ローレンスはどんな食べ物が好きだと言いましたか?

 

Answers(解答)

  1. She prefers almost everything she eats to be as spicy as possible.
    彼女は食べ物はほぼ何でもできるだけ辛い方が好きです。
  2. She mentions the Attic as a restaurant with dishes she finds appealing.
    「ザ・アティック」というレストランの料理が魅力的だと彼女は言います。
  3. He really enjoys cheesecake.
    彼はチーズケーキが大好きです。

 

Summary(要約)

Deanna, Ken, and Lawrence share their favorite “guilty pleasure” foods in this episode. Deanna says she loves anything that is spicy.
今回のエピソードでディアナとケンとローレンスは、それぞれが最も好きな後ろめたい食べ物を告白します。ディアナは辛い物は何でも好きだと言います。

Deanna enjoys hot Cheetos and sriracha on all her food. Both she and Ken are familiar with a restaurant in Long Beach called the “Attic,” which has good spicy food dishes.
ディアナは辛いチートスと、シラチャを何にでもかけるのが好きです。彼女もケンもロングビーチにある「ザ・アティック」というレストランについてよく知っており、そこでは辛くておいしい料理を出します。

Lawrence enjoys good cheesecake and how the restaurant, the “Cheesecake Factory,” offers a wide selection of different cheesecake types. If Lawrence could, he would gladly eat cheesecake every day.
ローレンスはおいしいチーズケーキが好きで、「チーズケーキファクトリー」というレストランでは種類豊富なチーズケーキを幅広く提供していると言います。可能ならば、ローレンスは喜んでチーズケーキを毎日食べると言います。

For Ken, his favorite guilty pleasure food is chips. He enjoys their crunchy texture and the spike of flavor that comes after eating them.
ケンが後ろめたい喜びを感じる食べ物はポテトチップスです。パリパリした食感と、食べている時にはじけるフレーバーが大好きです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Can’t stop oneself from(〜が止まらない)

Can’t stop oneself from ~を直訳すると、「〜する自分を止められない」、つまり、よくないと分かっていてもやってしまうことを表す表現です。例えば寝る前にラーメンを食べるのはよくないと分かっていても食べてしまう場合は、「I can’t stop myself from eating ramen before I go to sleep.」と表現します。また、悪習などに限らず、好きな音楽が流れるとつい踊り出してしまうような場合にも、「I can’t stop myself from dancing when I hear this song.」と言うことができます。

  • I can’t stop myself from eating chocolate when I’m stressed out.
    (ストレスがたまっている時はチョコレートを食べずにいられません。)
  • She couldn’t stop herself from buying the new bag.
    (彼女は新しいバッグを買うのがやめられなかった。)
  • The movie was so sad. I couldn’t stop myself from crying.
    (その映画があまりにも悲しくて涙をこらえられなかった。)

2) Guilty pleasure(後ろめたい楽しみ)

Guilty pleasureは直訳すると「後ろめたい喜び」、つまり「よくないと分かっているけどやめられない楽しみ」を意味します。お酒やスイーツ、ジャンクフードや揚げ物といった食べ物の他、買い物やゲームなどにも使うことができます。

  • What is your guilty pleasure?
    (あなたの後ろめたい楽しみは何ですか?)
  • Japanese fried chicken is my guilty pleasure.
    (鳥の唐揚げは良くないと分かっているんだけど食べちゃうんだよね。)
  • I know I need to stop playing video games but it’s my guilty pleasure.
    (ビデオゲームをやめた方がいいのは分かってるんだけどやめられない。)

3) Get tired of ~(〜に飽きてきた)

Get tired ofは、「〜に飽きてきた」や「〜にうんざりしてきた」という意味の表現で、同じ食べ物や同じ曲などに飽きてきた、と言う場合に使うことができます。「〜に飽きてきた」は I’m getting tired of ____、「〜に飽きた」はI’m tired of ____の形をとります。

  • Don’t you get tired of eating a sandwich for lunch every day?
    (毎日昼食がサンドイッチで飽きないの?)
  • I’m getting tired of eating at home. Do you want to eat out tonight?
    (家での食事に飽きてきたよ。今夜は外食しない?)
  • I’m getting tired of this song. Can you change it?
    (この曲に飽きてきた。変えてくれない?)

4) Feel bad(悪いと思う)

Feel badは状況によって意味が異なりますが、基本的に、申し訳なさや悲しさ、恥ずかしさや後悔の気持ちなどを表す時に使われます。例えば、「遅刻して申し訳なく思っている」は「I feel bad about being late.」と言います。また、誰かを気の毒に思う場合はfeel bad for someoneの形をとり、例えば、 急に解雇された友達について「I feel bad for him.(可哀想に・お気の毒に)」と言うことができます。

  • I feel bad for baling out at the last minute.
    (ドタキャンしたことを申し訳なく思っている)
  • Do you think he feels bad about what he did?
    (彼は自分がしたことを後悔していると思う?)
  • She had to cancel her wedding because of the coronavirus. I feel bad for her.
    (彼女はコロナウイルスのせいで結婚式を取りやめなくてはいけませんでした。彼女に同情します。)

5) Labor intensive(多大な労力)

Labor intensive は多大な労力を必要とすることを表します。事業の運営には様々なコストが発生しますが、labor intensiveな事業の場合、人件費の割合が圧倒的に高くなります。ホテルやレストラン、語学学校や塾など、サービス業界は labor intensive と言えるでしょう。

  • 日常会話では肉体労働を指すこともあり、建設現場での仕事はlabor intensiveと言えます。
  • Being a farmer is pretty labor intensive.
    (農作業はかなりの重労働だ。)
  • Tourism is a labor-intensive industry.
    (観光業は労働集約型産業です。)
  • I’m not into labor intensive activities.
    (私は肉体労働には興味がない。)

 

Vocabulary(単語)

  • Sprinkled・・・振りかけた
  • Attic・・・屋根裏
  • Crunchiness・・・パリパリ感
  • Deterrent・・・抑止する
  • Fancy・・・お洒落

Expressions(表現)

  • Worst thing for you ever・・・体には最悪
  • All the time・・・いつも
  • Specialize in・・・〜を専門する
  • A while ago・・・ちょっと前に
  • Addicted to・・・〜中毒
  • Burst of flavor・・・はじける味

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. ダイ より:

    Hi Jun! 毎週楽しく聴かせていただいてます!
    質問です!Feel badの項に出てくるBaling outという表現はスラングだと思うのですが、Cancelと同じような意味合いで使えるものなのでしょうか?
    よろしくお願いします

    • Jun より:

      ダイさん

      いつもありがとうございます。 bail out は「逃げる」や「去る」を意味する口語表現で、状況によっては「キャンセルする」を意味します。基本的には、「ドタキャンする(bail out at the last minute)」の意味合いとして使われます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト