日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第279回「歩かないアメリカ人」

Released: 2020.03.20

第279回目のポッドキャストのテーマは「歩かないアメリカ人」です。皆さんにとって、歩いていくには遠すぎる距離はどれくらいですか?今日の会話では、クリスとクリスチャンがアメリカの歩く文化について会話をします。2人がどのくらいの頻度で歩くのか、どれくらいの距離までだったら歩くのか、また、ロサンゼルスで歩いていると周りからどのように思われるのかについてシェアしてくれます。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「歩かないアメリカ人」

【Christian】How far is too far to walk?

【Chris】Um, well you know…that’s a great question. I, um…I like to walk, and I like to walk a lot. So for me, you know, maybe too far to walk would be…six miles. Like, no joke

【Christian】That’s pretty good.

【Chris】…I love to walk. And it’s a strange thing. Around here in California and in LA, everybody has a car. I have a car too, but I enjoy walking, and if…if I’m going to the beach or something, you know, I’m five miles away…a lot of times I’ll walk, just ‘cause (because) I—I feel great. Maybe I’ll Uber my way home, or my girlfriend can come pick me up, or meet me there. Um, so I really enjoy walking.

【Christian】For me it’d be like, maybe uh, four to six miles. I’m pretty lazy I guess. (laughs)

【Chris】Well, that’s great.

【Christian】That’s too far for me. But I think it’s funny ‘cause, like in Los Angeles, we have a huge, like car culture.

【Chris】Culture.

【Christian】Right? Or in America in general, but especially Los Angeles. We’re like…if, you know, it’s kind of funny, like if you go into more the Hollywood area or Beverly Hills or something—like, if you’re walking you kind of look like a loser.

【Chris】Yeah, true!

【Christian】(laughs) That’s like the thought process.

【Chris】Exactly, one hundred percent. Yeah, you don’t want to walk. Who walks?

【Christian】Yeah. Who walks? Like, like… (laughs)

【Chris】I know.

【Christian】Are you poor?

【Chris】I blast through that shame. Exactly.

【Christian】Yeah.

【Chris】I blast through that shame and I’ll just go right through and I’ll be like, “I don’t care. I’m walking.” ‘Cause I love to walk and I think it’s really good for you. It’s really good for your health. Um…

【Christian】Yeah, it’s funny. If you hike, you’re like, “Oh, that’s fine.”

【Chris】Oh, you’re right.

【Christian】But if you’re walking to, like your, you know…

【Chris】Yeah, exactly

【Christian】…maybe a restaurant or whatever, like, “What are you doing?”

【Chris】Exactly. “What are you…what are you walking for?” Yeah. “You must be poor.”

【Christian】“Are you a hippie, or…?” (laughs)

【Chris】Yeah, exactly. “What’s wrong with you?”

【Christian】Yeah, so that’s kind of funny.

【Chris】Shame. (laughs)

【Christian】Yeah, you know in other countries too, it’s like…they don’t have such a car culture and they walk—like, especially in Europe, they walk everywhere, and I’m sure in Japan as well. And maybe that’s also why they’re not so obese.

【Chris】Mm hm.

【Christian】Because they are like—you know, it’s part of their culture to walk around…

【Chris】Mm hm.

【Christian】…you know, they don’t—like, they have a good transportation system.

【Chris】Yeah.

【Christian】In Los Angeles, we have the worst transportation system.

【Chris】We get the worst. Yeah.

【Christian】Like somewhere—maybe like, San Francisco but like, other than that, like, you can’t—you can’t rely on the buses.

【Chris】Can’t rely on them.

【Christian】You can’t rely on the trains. Like they—they’re late all the time.

【Chris】Yeah, there’s like two trains.

【Christian】Yeah, exactly.

【Chris】(laughs)

【Christian】So you gotta (got to) depend on cars for all your needs and that’s probably one of the reasons, like people don’t walk as much. And as well as not, like…it’s just not cool to walk.

【Chris】Yeah, exactly. It doesn’t sound cool. It’s not cool to walk. I’m trying to change that, man.

【Christian】(laughs)

【Chris】Trying to change that. One-man army out here.

【Christian】(laughs)

【Chris】Trying to make it cool.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. How far is Chris willing to walk to a destination?
    クリスは目的地までどれくらいの距離であれば喜んで歩きますか?
  2. How is walking along the streets viewed in the wealthier areas of Los Angeles, like Beverly Hills and Hollywood, according to Christian and Chris?
    クリスチャンとクリスによれば、ビバリーヒルズやハリウッドといったL.A.の中でも富裕層が住むエリアでは、歩いているとどのように見られますか?
  3. Where in the world does Christian identify as more of a walking culture?
    クリスチャンは、歩く文化がある国としてどこを挙げましたか?

 

Answers(解答)

  1. Chris is usually willing to walk up to six miles to any destination.
    クリスは通常、どこへ行くにしても最長10km弱の距離であれば歩いても構いません。
  2. Both feel walking is looked down upon by those driving cars in the wealthier areas of Los Angeles.
    L.A.の富裕層が住むエリアでは、歩いていると車を運転している人たちから見下されると2人は感じています。
  3. Christian says that European countries have more of a walking culture, in part because of their good public transportation system.
    クリスチャンは、ヨーロッパ諸国には充実した公共の交通機関もあることから、より歩く文化があると言います。

 

Summary(要約)

Chris and Christian discuss walking for pleasure in this episode. Chris in particular really enjoys walking to his destinations when he can.
今回のエピソードでクリスとクリスチャンは、歩く楽しみについて議論します。クリスは特に、歩いて行ける場所であれば歩いていくことを楽しみます。

Chris is usually willing to walk six miles to any given destination. As he is within five miles of the beach, he will often walk there, either taking an Uber home or waiting for his girlfriend to pick him up.
クリスはどこへ行くにしても最長10km弱の距離であれば、大抵歩いていきます。8km離れたビーチまでなら、彼はよく歩いていき、帰りはウーバーを利用するか彼女の迎えの車を待ちます。

Christian is usually willing to walk four to six miles. He notes that in the wealthier areas of Los Angeles, like Beverly Hills or Hollywood, walking is often looked down upon by those driving cars.
クリスチャンは6.5kmくらいから10km弱までなら通常歩きます。彼は、ビバリーヒルズやハリウッドといったL.A.の中でも富裕層が住むエリアでは、歩いていると車を運転している人たちから見下されると言います。

Christian observes that in many European countries, walking is an important part of the culture, partly because people can rely on the good public transportation system there. In Los Angeles however, public transportation is poor by comparison, and so people must either rely on their cars or, when possible, walk to their destinations.
クリスチャンは、ヨーロッパの多くの国において歩くことは日常生活を送る上で重要な一部だと言います。その理由の1つに、公共交通機関をあてにできることが挙げられます。それに比べてL.A.の公共交通機関はあてにならないため、人々は車に依存するか、歩ける距離であれば目的地まで歩かなくてはいけません。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) No joke(冗談抜きで)

No joke は「冗談抜きで」を意味する表現で、自分の発言が事実であることを強調する時、特に誇張がないことを強調する際によく使われます。

  • また、「何かを真剣に受け止めなくてはいけない」、つまり「笑い事ではない」という意味でも使われます。
  • It was the worst pain I’ve ever felt in my life, no joke.
    (冗談抜きであれは人生で一番つらい痛みでした。)
  • Drinking and driving is no joke. You have to stop that.
    (飲酒運転なんて笑い事じゃないよ。やめなきゃダメだ。)
  • This coronavirus is no joke. It’s rapidly spreading around the world.
    (コロナウィルスは笑い事ではありません。ものすごいスピードで世界中に広まっています。)

2) Uber (ウーバー)

Uberは、一般的なタクシーよりも低価格で利用できるアプリを使った配車タクシーサービスです。スマートフォンで手軽に呼べ、支払いは事前にアプリに登録したクレジットカード情報をもとに処理されます。アメリカでは一般的なタクシーよりも利用者が多くなりました。
「ウーバーに乗る」はtake an Uber、「ウーバーを呼ぶ」はcall an Uberのように使われ、日常会話では、「Uber home.(ウーバーで家に帰る)」、「Let’s Uber it.(ウーバーに乗ろう)」のようにUberを動詞として使うことも一般的です。

  • I’ll call an Uber. Got it. It’s coming in 5 minutes.
    (ウーバーを呼ぶね。完了。5分で来る。)
  • I don’t need a ride. I’ll just Uber home.
    (ウーバーで家に帰るから送ってもらう必要はないよ。)
  • Let’s just Uber it. That way we can drink at dinner.
    (ウーバーで行こう。そしたらディナーの席でお酒も飲めるし。)

3) Loser(負け犬)

Loserは本来、競技やコンテストでの敗者を意味しますが、日常会話では、仕事や人間関係で失敗した人や無能で何をやってもうまくいかない人など、いわゆる「負け組」という意味でも使われます。いい歳をして働かずに親のすねをかじって生活している人などがloserの一例と言えるでしょう。

  • He’s in his thirties and he still lives off of his parents? What a loser.
    (彼は30代でまだ親に頼って生活しているの?ダメな人だね。)
  • Don’t call him a loser. That’s mean.
    (彼のことを負け犬だなんて言うな。ひどいよ。)
  • She threw a fit after she lost? What a sore loser.
    (彼女、負けてカンカンに怒ったって?なんて負けず嫌いなんだ。)

4) Thought process(思考過程)

Thought process は「思考過程」、つまり物事を考えるプロセスを表します。例えば、誰かが下した結論に対して、その結論に至るまでのプロセスを尋ねる場合に、「Tell me about your thought process.」と言うことができます。

  • Would you mind sharing me your thought process?
    (あなたの思考過程を共有してもらえますか?)
  • Everyone’s thought process is different.
    (みんなの思考プロセスは違います。)
  • Can you tell me the thought process that led you to make that decision?
    (その決断に至るまでの思考プロセスを教えてくれますか?)

5) Blast(吹き飛ばす)

Blastは本来、「爆発する」「爆破する」という意味の単語ですが、日常会話ではホームランをかっ飛ばしたり(blast a home run)、超特急で仕事を終えたり(blast through work)、人を厳しくしかったり非難する (blast someone)など、様々な状況で使われます。また、「ロケットが発射する」はblast offを使って表現することから、blastには何かを「吹き飛ばす」というイメージがあります。

  • He just blasted a game-tying three-run home run.
    (彼がたった今、同点スリーランホームランをかっ飛ばした。)
  • She blasted her boyfriend in front of everyone.
    (彼女はみんなの前で彼氏を激しく非難しました。)
  • I blasted through the to-do list and got everything done by noon.
    (やることリストを超特急でこなし、お昼までには全部終わらせました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Lazy・・・怠け者
  • Shame・・・恥
  • Hippie・・・ヒッピー
  • Obese・・・肥満の

Expressions(表現)

  • One hundred percent・・・100%その通り
  • Transportation system・・・交通機関
  • Rely on・・・当てにする
  • One-man army・・・一匹狼

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. もりちゃん より:

    毎週楽しく勉強してます。
    今日のフレーズの Thought process の Thought のヒアリングがむずかしいです。
    “ソウ” でよいでしょうか?
    発音も勉強したいので youtube動画でも教えてほしいです!

    • Jun より:

      もりちゃん

      いつもありがとうございます!thought の最後の t の音はほとんど発音しません。いつか動画で解説しますね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト