日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第260回「謝る時はどんな時?」

Released: 2019.11.01

第260回目のポッドキャストのテーマは「謝る時はどんな時?」です。今日のエピソードではアスリリスとローレンスが謝ることについて話し合います。ローレンスは2つのレベルの謝罪があると信じており、具体的な例を挙げて説明します。今日の会話を聴きながら、ローレンスが挙げた2つの謝罪が分かるか考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「謝る時はどんな時?」

【Athrylis】When it comes to apologizing, do you think that, um…there are times when it’s more appropriate to apologize or times when it’s okay to not apologize? How often do you apologize?

【Lawrence】I never apologize.

【Athrylis】What, really?

【Lawrence】(laughs) No. Um…

【Athrylis】(laughs) I was worried there for a second.

【Lawrence】No.

【Athrylis】I was like, “Not one of those.”

【Lawrence】Oh, one of those. Yeah.

【Athrylis】One of those.

【Lawrence】One of those. Yeah, um, I think for me I, um…for me I think apology—apologizing—there are kind of two different levels of it.

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】There are some when you are sorry for something you did.

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】And another one is kind of to make the other person happy, someone who at the very least they feel that…

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】…something bad happened to them. Kind of like the situation where, um…you’re sorry that you hurt their feelings but not sorry for what you said.

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】‘Cause (because) maybe you might agree with what you said. You might think you said the right thing, so you don’t apologize for what you said but…

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】…because the other person took it as…bad way, or quote-unquote “bad way…”

【Athrylis】Yeah, then you do still feel bad that you hurt them, right?

【Lawrence】It’s kind of—kind of a sorry/not sorry situation where…

【Athrylis】Mm hm.

【Lawrence】Are there some things that you won’t apologize for?

【Athrylis】Um…hm…(laughs) well, uh…I guess there are. Like, if—I—I had a situation once with a coworker who said, “You shouldn’t have said what you said because it made me feel bad.”

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】And I guess she wanted me to, you know, take it back.

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】But I told her, “Okay, but what I said still needed to be said…”

【Lawrence】Mm hm.

【Athrylis】“…because what you were doing was wrong, so I’m not sorry that I said it.”

【Lawrence】So, sorry/not sorry?

【Athrylis】Yeah, sorry/not sorry and I’m like, “I am sorry that you were hurt by that because I wasn’t trying to say it as an attack on you. But I can’t apologize for saying what I think was the right thing to say.”

【Lawrence】So do you think that that would count as a quote-unquote “apology?”

【Athrylis】Um…it wasn’t the apology she wanted.

【Lawrence】Yes.

【Athrylis】But, I…I don’t generally want to apologize dishonestly because I don’t think that that counts.

【Lawrence】Yeah.

【Athrylis】It doesn’t count anyway if you’re apologizing and you’re just saying, “Well, I’m sorry.” Even if I said, “Oh, I’m sorry that you felt that way.” That’s not a real apology because that’s not apologizing for my action.

【Lawrence】Right.

【Athrylis】That’s apologizing for her perception, which is not something I have the power to apologize for.

【Lawrence】Mm hm.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What two varieties does Lawrence divide apologies into?
    ローレンスは「謝罪」をどのように2つに分類しましたか?
  2. Who did Athrylis defend her words to through a sorry/not sorry approach in her story?
    アスリリスは誰に対して「悪いけど謝らない」というアプローチで自分の発言を守りましたか?
  3. What aspects of other people does Athrylis say she doesn’t have the power to apologize for?
    他人のどんな側面に対して、アスリリスは謝罪してもどうにもならない、と言いましたか?

 

Answers(解答)

  1. He divides them into apologies for things one did and apologies to make others feel better.
    ローレンスは自分の行いに対する謝罪と、相手をいい気分にさせるための謝罪の2つに分類しました。
  2. She was defending her words to a coworker by apologizing for making her feel bad but defending the merits of her own words.
    彼女は同僚に対して、気持ちを傷つけたことは詫びつつも、自分の発言そのものは主張しました。
  3. Athrylis believes she cannot apologize for the perceptions of other people.
    アスリリスは、他人の受け止め方に対しては謝れるものではないと思っています。

 

Summary(要約)

In this episode, Lawrence and Athrylis discuss apologies and the act of apologizing to others. Lawrence begins with a joke that he never apologizes for anything, to which Athrylis responds with the hope that Lawrence is not “one of those” who apologizes for nothing.
今回のエピソードでローレンスとアスリリスは、他人への謝罪について議論します。ローレンスは開口一番、「自分は一切謝らない」と冗談を言いますが、アスリリスは一瞬それを真に受け、実際はそうじゃなければいいと思います。

Lawrence divides apologizing into two levels. He believes there are apologies for things one has done, and apologies to make other people feel better or happier.
ローレンスは「謝罪」を2つのレベルに分類します。1つは自分の行為に対する謝罪、もう1つは相手をいい気分にさせるための謝罪であると彼は考えています。

Athrylis described a situation from her own life in which she made a statement to a coworker that the coworker demanded an apology from her for. Athrylis told her coworker that she was sorry she made her coworker feel bad, because that was not her original intention.
アスリリスは、自分の発言に対して同僚から謝罪を求められた出来事について話します。アスリリスは同僚に対して、傷つけるつもりはなかったが、傷つけてしまったことは悪かったといいます。

However, in her story, Athrylis stood by her statements to her coworker. Athrylis believes she should never have to apologize for another person’s perceptions of her own words, a thing Athrylis believes she is powerless to apologize for anyway.
しかし、同僚に対する自分の発言そのものについては、考えを変えませんでした。相手の受け止め方に対して謝る必要はないとアスリリスは考えています。謝ったところでどうにもならないというのが彼女の考えです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) For a second (一瞬)

For a secondは直訳すると「1秒間」ですが、日常会話では「一瞬」や「ちょっと」という意味で使われ、for a momentと意味と使い方は同じです。アスリリスが会話の中で言った「I was worried there for a second.」は「一瞬、心配した」という意味になります。

  • 日常会話では、for a secondをfor a secと略すことも一般的です。
  • Can you hang on for a second?
    (ちょっと待ってくれる?)
  • I thought I got on the wrong train for a second.
    (一瞬、乗る電車を間違えたかと思った。)
  • Do you think you can be quiet for a sec? My boss is calling me.
    (ちょっとの間、静かにできる?上司から電話なんだ。)

2) Hurt someone’s feelings(人の気持ちを傷つける)

ウソをついたり、ひどいことを言ったり、裏切り行為をしたりして人の気持ちを傷つけることをhurt someone’s feelingsと言います。Hurtは心と体、両方の痛みに対して使うことができ、人を悲しませるニュアンスがあります。

  • I’m sorry if I hurt your feelings.
    (あなたの気持ちを傷つけたのならすみません。)
  • I shouldn’t have said that. I didn’t mean to hurt your feelings.
    (あんなことを言うべきではなかった。あなたを傷つけるつもりはなかったんだ。)
  • You were way out of line. You really hurt her feelings.
    (あれは言いすぎだよ。彼女、すごく傷ついてるよ。)

3) Take(〜と受け取る)

Takeは物理的に何かを「取る」場合によく使われる動詞ですが、「〜だと解釈する」、「〜と受け取る」という意味でも使われます。例えば、相手の発言を個人攻撃ととらえる場合は、take it personally、逆に褒め言葉として受け取る場合は、take it as a complimentと言います。

  • Don’t take it personally. This is just business.
    (個人攻撃だと思わないでください。これはあくまでビジネスです。)
  • I asked her out to dinner and she said maybe. Should I take that as a no?
    (彼女を食事に誘ったら「どうかしら」と言われました。これは断られたと受け取るべきですか?)
  • I have a baby face? I guess I’ll take that as a compliment.
    (僕が幼い顔してるって?褒め言葉として受け取っておくよ。)

4) Sorry not sorry(悪いけど謝らない)

Sorry not sorryは、「悪いけど謝らない」という意味で、最近SNSなどでよく使われている表現の1つです。相手の希望に応じられず申し訳ないと思いつつも、人にどう思われようと自分が悪かったとは思わない、気にしないニュアンスがあります。例えば、後輩を叱責して泣かせてしまったとします。言いすぎたことは反省しつつも、言ったことそのものは悪いと思っていない。このような状況で、sorry not sorryが使われます。

  • 但し、実際会話ではあまり口にしない表現で、基本ツイッターやインスタなどSNSのハッシュタグでよく使われます。SNSでは軽めのシチュエーションでsorry not sorryが使われることが多いです。
  • Did I hurt his feelings? I was just being honest. Sorry not sorry.
    (私が彼の気持ちを傷つけたって?正直に思ってることを言っただけだよ。悪いけど謝らないよ。)
  • He’s upset because I turned down his offer? I just don’t have the time right now. Sorry not sorry.
    (私が彼のオファーを断ったことに彼が腹を立ててるって?今は時間がないんだ。悪いけど謝る気はないね。)
  • I just ate an entire pizza to myself. Sorry not sorry.
    (ピザを1人で1枚全部食べちゃったよ。悪いとは思ってないけどね。)

5) Take back(撤回する)

Take backは発言を撤回することを意味します。特に、失礼なことやひどいことを言ってしまった後で、「I’m sorry. I take that back.(言ったことを取り消します)」と言います。

  • I’m sorry I said that it was your fault. I take that back.
    (あなたのせいだと言ったことは謝る。撤回するよ。)
  • That was rude and offensive. Take back what you said.
    (今の発言は失礼だし侮辱だ。発言を撤回しろ。)
  • Be careful with your words. You can’t take back words you’ve already said.
    (言葉には気をつけなさい。一度言ってしまったことは取り消せないからね。)

 

Vocabulary(単語)

  • Appropriate・・・適した、適切な
  • Count・・・〜と見なす
  • Perception・・・感じ方・受け止め方

Expressions(表現)

  • Make someone feel bad・・・人を不快にさせる
  • Attack on someone・・・人を攻撃する

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. 大島 より:

    いつも楽しく拝聴させていただいています。Junさんのおかげで楽しく英語学習が続けられてます。話は変わりますが会話の中で「as」がうまく使いこなせません。ぜひ今度「as」の使い方について解説していただけると助かります。といっても用法はたくさんあると思うので、一般的なものではなく、他サービスでは取り上げていないような少し変わった用法のものをPick upして解説していただきたいです。例えば”purely as I’ve never heard of it, so I think that must be the one.”まあ意味はなんとなく分かるのですが、使いこなせる気がしません。長々と失礼しました。今後のご活躍を期待しております。

    • Jun より:

      大島さん

      いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。as の使い方は確かにややこしいですよね。いつか asの使い方についての記事/動画を作ってみます。 Thanks for the suggestion!

  2. Anri より:

    This episode is really interesting for me. I’m living in Europe but I still can’t stop saying “Sorry” sometime. Everyone says “Don’t say sorry” or “no no no!” after i say sorry. I guess It’s like almost conditioned reflex for Japanese ppl.. so i wanna stop it!

    The example of “愛してるよ” and “sorry” was very understandable.

    Do you know how to say bit more “casual sorry” in English? Or might i need to change my way of thinking and won’t use sorry as much as I can? hmm

    Anyway thank you so much for the episode! super beneficial!

    • Jun より:

      Anri

      I’m just like you. I tend to say “sorry” more than I should. “Excuse me” might be a good alternative but when you’re speaking English, it’s probably best trying to change your mindset 😉

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト