日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第223回「成長とともに変化する音楽」

Released: 2019.02.01

第223回目のポッドキャストのテーマは「成長とともに変化する音楽」です。今日のエピソードではクリステンとカイが子供のときに聴いていた音楽について話しを続けます。クリステンは、10代の時にJ-popやK-popを聴き始めたきっかけについて具体的に話をします。SMAPなのか?嵐なのか?それとも、日本人にはあまり知られていないマイナーなバンドなのか?今日の会話を聴いて考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「成長とともに変化する音楽」

【Kai】I was getting into exercising…

【Kristen】Oh. (laughs)

【Kai】So they would, like come out with, like different generations of iPod…

【Kristen】Mm hm.

【Kai】And then I bought the iPod shuffle.

【Kristen】Yeah, yeah, yeah.

【Kai】Like, that was so helpful.

【Kristen】(laughs)

【Kai】It was, like this long white stick. (laughs)

【Kristen】(laughs) Yeah.

【Kai】Like the very first generation. It doesn’t look like that anymore.

【Kristen】Mm hm.

【Kai】Like, they’re very small, and like, square-like. But it was a long rectangle. And I would be like, “Oh my, this is so cool! I can, like exercise and it won’t skip.”

【Kristen】Yeah.

【Kai】And I can put as many music as like, it could hold.

【Kristen】Yeah. Yeah, that’s really good. Yeah. I think when I was really, really little, I started out with, like tapes. And it would be, like Sesame Street songs. So that was when I was, like a baby.

【Kai】Oh, you had tapes? (laughs)

【Kristen】Yeah, up until, like three years old, I think. Maybe. And then after, like I started getting CDs. And I think the first CDs I remember that I listened to all the time were Britney Spears and the Backstreet Boys.

【Kai】Oh, yeah, yeah, yeah. Of course. Boy bands. (laughs)

【Kristen】I loved it. I—I think it—the Now That’s What I Call Music! Series. Do you remember that?

【Kai】Ah…no, I totally remember that.

【Kristen】Ooh, yeah.

【Kai】I think they’re at, like Number, like 80 now. (laughs)

【Kristen】Yeah, but back then it was, like 4 and 6…

【Kai】Right.

【Kristen】…or something. So I would listen to those all the time.

【Kai】Oh.

【Kristen】And I would take out, like my little, like stereo thing…

【Kai】Oh.

【Kristen】…and like, dance in my front yard or something. And like, it was a lot of fun.

【Kai】Oh, that’s cute. (laughs)

【Kristen】Yeah. (laughs) And then I think, of course, like in and around maybe middle school was when, like the iPod started to pick up

【Kai】Mm.

【Kristen】…and everything. And I got, like the iPod nano.

【Kai】Oh, yeah, yeah.

【Kristen】And I had a pink one, and I’d put, like all my music on there, and it was like, I’d just blast it all the time. I’m surprised I can still hear with how loud I listened to my music all the time.

【Kai】That’s exactly how I feel too.

【Kristen】Right? (laughs)

【Kai】I would put my volume on, like max.

【Kristen】Okay, right? Yeah, yeah.

【Kai】And my mom could, like hear it. She was like, “You need to turn that down, now.”

【Kristen】“No.”

【Kai】I’m like, “No, mom.”

【Kristen】(laughs) “No.” Yeah, that’s true. And I think around, uh middle school too I also started getting into, like J-pop, and everything.

【Kai】Oh.

【Kristen】So I started listening to, like um, Arashi and NEWS…like, those kinds of groups. (laughs)

【Kai】(laughs)

【Kristen】But it’s really hard to get their music in America.

【Kai】Right, right.

【Kristen】So, like it’s really expensive to buy their CDs, and you have to, like go all over the internet to find anything on—you have to like, rip them off the radio on YouTube or something.

【Kai】Right, right.

【Kristen】And it’s bad quality, but I was like, “Yes!” And then, after I think I got into K-pop and everything. In like, high school, um college and like…so it’s like, really a big mix of things.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. How did Kai describe the first generation of iPod shuffles?
    iPod shuffleの第1世代をカイはどのように説明しましたか?
  2. When Kristen started listening to CDs, which two bands did she prominently listen to at first?
    クリステンがCDを聴き始めた頃に、特に聴いたのは誰の音楽ですか?
  3. What other genres of music did Kristen become interested in later in life?
    クリステンはその後、他にどんなジャンルの音楽に興味を持ちましたか?

 

Answers(解答)

  1. He described them as long white sticks.
    長くて白いスティック型であると彼は説明しました。
  2. When she first started listening to CDs, Kristen listened to Britney Spears and the Backstreet Boys.
    彼女はCDを聴き始めた頃、ブリトニー・スピアーズとバックストリート・ボーイズをよく聴いていました。
  3. She started listening to both J-pop and K-pop.
    彼女はJ-popやK-popを聴き始めました。

 

Summary(要約)

Kai and Kristen continue discussing the music they listened to in their youths. Kai opened by talking about the first generation of iPod shuffles.
カイとクリステンは子供の頃に聴いた音楽について議論を続けます。まずカイが、第1世代型のiPod shuffleについて話し始めます。

When Kai was younger, he bought an iPod shuffle, which he described as a long white stick, unlike the smaller versions of today. Kai enjoyed iPods because unlike CD players, they wouldn’t skip over the audio on the CD.
カイは昔、iPod shuffleを買いました。それは、現在のさらに小型化されたバージョンとは全く違う、長くて白いスティック型だったと彼は説明します。CDプレーヤーのように音が飛ばないので、カイはiPod shuffleが大変気に入っていました。

When Kristen was very young, she listened to tapes of Sesame Street music. When she grew older and began listening to CDs, among the artists she first listened to were Britney Spears and the Backstreet Boys.
クリステンは、赤ちゃんの頃はセサミストリートの音楽をテープで聴いていました。その後CDを聴き始めますが、中でも最初に聴き始めたのはブリトニー・スピアーズとバックストリート・ボーイズでした。

Kristen began listening to J-pop in middle school, but found that it was difficult to obtain their music in the United States. She sometimes had to go to YouTube and rip the music from that site. Later in high school and college, Kristen began listening to K-pop as well.
クリステンは中学生の頃にJ-popを聴き始めますが、アメリカではJ-popが入手困難だったため、YouTubeからファイルをコピーしないと聴けないこともありました。その後、高校や大学時代にはK-popも聴き始めました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) -like(〜のような)

-likeは、口語的に「~のような」「~みたいな」と言う時に使われる表現で、日本語と同じように、名詞の語尾にlikeを加えると名詞が形容詞になります。例えば、childは「子供」という意味の名詞ですが、likeを加えてchildlikeとすれば、「子供のような」という形容詞になります。

  • Sometimes she talks in a childlike tone.
    (彼女は時々、子供のような口調で話します。)
  • He took the day off today. He said he has flu-like symptoms.
    (彼はインフルエンザのような症状があると言って今日は休みました。)
  • I’m not sure what it was. It was a lizard-like creature.
    (あれが何だったのかよく分かりません。トカゲのような生物でした。)

2) Start out with(〜から始める)

Start out with…は「〜から始める」という意味の表現です。Start with…と意味は同じですが、start out withの方がより口語的な響きがあります。

  • Let’s start out with some stretching exercises.
    (ストレッチから始めましょう。)
  • I started out with NHK radio. Now I listen to the podcast.
    (私はNHKラジオからスタートをしました。今はポッドキャストを聞いています。)
  • I always start my day out with a cup of coffee.
    (いつも1杯のコーヒーから1日をスタートします。)

3) Up until(〜まで)

Up untilは「〜まで」を表す表現です。Untilだけでも同じ意味ですが、up untilの方がより口語的なニュアンスがあります。

  • より強調したい場合は、right up untilのように、rightを加えましょう。
  • Up until three years ago, I couldn’t speak any English.
    (3年前までは、全く英語が話せませんでした。)
  • Everything was working perfectly fine up until now.
    (これまでは全てうまくいっていたのですが。)
  • We were working right up until the deadline.
    (私たちは締め切りギリギリまで働いていました。)

4) Pick up(普及する)

Pick upは状況に応じていろいろな意味を持つフレーズですが、今日の会話では、ビジネスが「軌道に乗る」、ファッションやトレンドが「普及する」という意味で使用されています。物事や状況がだんだんと好転したり勢いづいていくニュアンスがあります。

  • Credit cards and electronic money are finally starting to pick up in Japan.
    (クレジットカードや電子マネーが、やっと日本で普及し始めました。)
  • I feel like the Japanese economy has been picking up lately.
    (最近、日本の景気が良くなってきているように感じます。)
  • Up until last month, business was really slow but it’s been picking up lately.
    (先月までは業績不振でしたが、最近は活気づいてきました。)

5) Blast(ガンガン〜する)

Blastは音楽やテレビの音量を上げてガンガン鳴らしたり、エアコンを強力に効かせることを意味する口語表現です。ポイントは、必要以上に音量を上げたり、極端な温度設定をすることです。

  • Our neighbor was blasting their music all night. It was so noisy.
    (隣人が一晩中、音楽をガンガン鳴らしていて、すごくうるさかった。)
  • Why is the AC on full blast? It’s freezing.
    (何でエアコン全開なの?めっちゃ寒いよ。)
  • I used to blast music in my car when I was young.
    (若い頃は車の中で音楽をガンガン鳴らしていました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Generation・・・世代
  • All the time・・・いつも
  • Front yard・・・庭

Expressions(表現)

  • Getting into・・・〜にハマる・〜するようになる
  • Come out・・・〜がでる
  • Take out・・・〜を出す
  • Turn down・・・音量を下げる
  • Rip something・・・〜をコピーする

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. ryuichi より:

    I hope RAMS win over Pats! I just watching All or Nothing season 2 on
    amzon prime video.RAMS suffering in
    couple of years and then they back to
    the Bowl.Gooooooo RAMS!!

    • Jun より:

      Ryuichi,

      I hope so too!! That Super Bowl is tomorrow. I’ll be up early in the morning watching the game. I’m super excited. Go Rams!!

  2. K.A. より:

    素晴らしい例文ですね!今まで見た教材等の中で一番自然で頭にスッと入って来るように思います!最高!!

  3. SEIJI より:

    いつも私たちの意見や質問に耳を傾けていただき本当に感謝しています。ありがとうございます。
    今回Phrase Of The Dayで、Start out with(〜から始める)出てきましたが、Start off with との違いは何でしょうか?
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      Hey Seiji!

      Great question!実は、start offとstart outは両方とも同じ意味をもち、基本置き換えて使うことができます。今日の例文は全部、start off withにしてもOKです!

  4. POM より:

    こんにちは。日常英会話学習のため、聴き始めました。教科書英語とかなり違うので、戸惑うところが多いですが、会話中によく、likeが出てくるのですが、どのような意味合いで使われてるのでしょうか?
    I was like, “Yes!” などのような形の使い方です。

    • Jun より:

      POMさん

      こんにちは。likeはアメリカ人の日常会話でよく使われます。状況によりますが、”I was like …”は「私は〜のように思った」や「私は〜と言った」を意味します。以前、”I was like”の意味を解説する記事を書いたので、こちらのリンクをご覧ください。参考になると思います。http://hapaeikaiwa.com/?p=7919

  5. 渡辺彩子 より:

    こんにちは。ネイティブの話せるようになりたくてここに辿りつきました。ネイティブの会話が学べるのはとても有り難いです(英会話は日本人用なのでこのレベルにならない気がします)幾つか質問です。

    〇wouldの使い方について
    So they would, like come out with, like different generations of iPod
    が、なぜあの訳になるのかわからなかったのですが、特にここでのwouldは昔の習慣を表す用法で、当時は…のようなニュアンスですか?

    〇likeの使い方
    文中でたくさんlikeが出てくるのですが、使い方が難しいです。
    例えば、
    Like, that was so helpful.とか、
    I think they’re at, like Nunber,like 80 now.(これは何が略されているが分からず、訳をみないと理解出来ませんでした。)

    〇口語表現
    Kristenの「中学生の頃にipodが普及した始めたと思う」のところは、なぜこの訳か分からないです。

    このスクリプトのように、単語は簡単なのに意味が全く分からない、というのをなんとか理解していきたいです。普通の英会話ではこういうことを学べる機会が無いので、どうしたら口語をマスターできるようになるか模索中です。上記の箇所もそうですが、このあたりの勉強法を教えてもらえると嬉しいです。外国の方と雑談できるようになりたい!と思っています。
    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      渡辺さん

      こんにちは。Hapa英会話で学習していただきありがとうございます。Wouldの解釈の仕方はそれで間違いないです。「当時は色々なモデルが出てた」を意味します。”Like that was so helpful” や “I think they’re at like number like 80 now” の like は特に深い意味はありません。pick upは「普及する」を意味するフレーズなので、文章の順番を整えると”I think iPods started to pick around middle school.(中学ごろにipodが普及し始めたと思う」になります。

      台本を一切使わないアメリカ人のリアルな会話をそのまま収録しているので、文法通りの文章でなかったり、話が脱線したり、または「like」のような、深い意味のない表現が多くあります。これも慣れが必要なので、一言一言に捉われず、会話の全体像も把握するようにするといいでしょう。ちなみに、日常会話での “like”の使い方は以前、記事にまとめましたので、参考までにこちらをご覧ください。

      http://hapaeikaiwa.com/?p=7919

  6. Ryosuke より:

    こんにちは。いつも楽しく聴いていますが、ゴールデンウィークにLAに初めて旅行に行くことになり、あらためて真面目に聴き始めました。

    Pick upの例文に関してですが、Credit cards and electronic money is…のセンテンス、主語が複数な訳ですからisではなくare になるのではないでしょうか?教えて下さい。

    • Jun より:

      Ryosukeさん

      こんにちは!いつもPodcastを聴いてくれてありがとうございます!GWにロスに行かれるんですね!That’s exciting!
      すみません、ここはご指摘通り、isではなくareです。修正しました。Thank you!

      Hope you have fun in LA 😎

  7. Yuki より:

    こんにちは。いつも拝見させてもらってます!質問があるのですがもしお時間ございましたら返信お願いします。

    なぜ、今回の会話の中でネイティブスピーカーは過去形で言えるところをwouldを使って表現するのでしょうか?

    So they would, like come out with, like different generations of iPod…

    【Kristen】Mm hm.

    その他にも、

    or something. So I would listen to those all the time.

    【Kai】Oh.

    【Kristen】And I would take out, like my little, like stereo thing…

    ここにある上の文章の中で普通に過去形で表現した場合に何か意味が変わってくるのでしょうか?

    また、ここでは使える時とそうではない時も合わせて教えて頂けたら本当に助かります。

    よろしくお願いします。
    ご返信期待して待ってます!

    Yuki

    • Jun より:

      Yukiさん

      いつもありがとうございます。wouldの使い方は色々ありますが、今回では主に、過去の習慣や出来事を表す意味として使われます。以前、wouldの活用法について記事を書いたので、よかった参考までにどうぞ〜 → http://hapaeikaiwa.com/?p=12755

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト