日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第207回「恐怖!?のインド旅行」

Released: 2018.09.21

第207回目のポッドキャストのテーマは「恐怖!?のインド旅行」です。今日のエピソードでは、ケンとディアナが旅行中に経験した変わった出来事についての会話を続けます。今日は、ディアナが父親と一緒にインド旅行をした時に起こった旅の悪夢について語ります。インドで一体何が起きたのか?今日の会話を聴いて考えましょう!

iTunesでダウンロード

 

会話内容「恐怖⁉のインド旅行」

【Deanna】Well, yeah. I guess for me it goes back to my India trip. That was just insane. But that first night when we showed up late at night, um…our taxi—we finally got a taxi and he didn’t want to take us to the hotel that we booked. Um, he…we booked a hotel in advance. It was about five U.S. dollars a night. That’s how cheap it was.
Um, but he wanted to get commission, you know, from his friend’s hotel as a taxi driver. So he kept insisting, “Oh, no. Come to my friend’s hotel. It’s fine.” You know, “It’s beautiful.” And we said, “No, no, no. Just take us to our hotel.”
And he ended up taking us to this dark alley and he said, “Okay, come with me.” And this is, like, at 12 a.m. in the middle of the night, and he said, “Come with me. Leave your suitcases. Don’t worry.” And we were talking with some tour guide for about an hour, um about the other great hotels that are out there. Not the one that we booked.
So we…eventually we just said, “Okay, well, we don’t wanna (want to)…we don’t wanna get into any sketchy situations.” So we, um went to his friend’s hotel…ended up being a hundred dollars a night.

【Ken】Whoa.

【Deanna】And um…yeah, you know, it ended up working out, but the next day we actually went to, uh…we were going to the Himalayas for a yoga retreat, and um, they—they were driving us and in the middle of the drive, they stopped. And they said, “Okay, get out. Take your luggage out and you’re gonna (going to) walk the rest of the way to get up to the retreat.” (laughs)

【Ken】That’s…

【Deanna】And we…we were like, “What? What’s going on?” And they said, “Don’t worry,” you know, “Our boys will help you.” So these guys are holding our luggage and, you know, we’re climbing up this mountain, up to our retreat, and we could’ve sworn we were gonna get killed in a dark alley or in the mountain somewhere.

【Ken】(laughs)

【Deanna】But it—it ended up working out. There were nice people and, you know, I like to tell this story ‘cause (because) I think it was really fun and my dad I think is scarred for life. But…

【Ken】(laughs)

【Deanna】…it was good. Yeah. (laughs)

【Ken】It sounds like you have a lot more tolerance for these types of things than your dad does. (laughs)

【Deanna】(laughs) He—no, he’s—he was great to travel with. Um, he just has a different idea of a vacation for sure.

【Ken】Maybe he has a more luxurious, uh type of vacation in mind.

【Deanna】Yeah, he’s the Bora Bora…you know, the bungalow type thing, uh with the margarita in hand, and… (laughs) I’m…let’s—I’m the type that’s saying, “Let’s sleep with bugs with on the ground.” (laughs)

【Ken】(laughs)

【Deanna】I don’t know. It is bizarre. But yeah, I enjoyed it in the end.

【Ken】
Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. Where did Deanna’s taxi driver in India initially want to take her?
    インドで、ディアナのタクシー運転手は初め彼女をどこに連れていきたがりましたか?
  2. Why was Deanna traveling to the Himalayas?
    ディアナはなぜヒマラヤ山脈へ行きましたか?
  3. What happened to Deanna on her way up to the yoga retreat?
    ヨガの瞑想地へ向かう途中で、ディアナに何が起こりましたか?

 

Answers(解答)

  1. He wanted to take her to his friend’s hotel as opposed to the hotel she had booked.
    彼女が事前に予約していたホテルではなく、自分の友人のホテルへ連れていきたがりました。
  2. She was going for a yoga retreat.
    ヨガの瞑想を行うためです。
  3. The driver told the passengers to unload their luggage and walk the rest of the distance to the retreat.
    タクシーの運転手に、荷物を持って車を降り瞑想地への残りの道のりを歩くように言われました。

 

Summary(要約)

Ken and Deanna continued to discuss bizarre stories from their travels. Deanna carried most of the discussion this episode by talking about her trip to India.
ケンとディアナは、旅行中に経験した変わった出来事について議論を続けます。今回のエピソードでは、ディアナがインドに旅した時の出来事を語り、彼女の話が大部分を占めています。

When she and her father finally got a taxi in India, their driver did not want to take them to the hotel they had booked. He wanted instead to take them to his friend’s hotel so he could get commission from the trip.
彼女と彼女の父親はインドでやっとタクシーをつかまえますが、運転手は彼女たちが予約していたホテルに2人を連れていきたがりません。代わりに自分の友人のホテルに2人を連れていきたがります。そうすれば手数料がもらえるからです。

Deanna and her father insisted they wanted to go to their booked hotel, and the taxi driver then took them to a dark alley where they were met by a tour guide who suggested they go to any hotel but the one they had booked. Deanna and her father eventually settled on a more expensive hotel because they did not want to get into a dangerous situation.
しかしディアナと彼女の父親は、自分たちが予約しているホテルに行きたいと主張します。すると、その運転手は2人を暗い路地へと連れていき、そこで2人はツアーガイドに会います。そのツアーガイドは、彼女たちが予約していたホテルではなく、もっといいホテルに泊まるよう提案しました。ディアナと彼女の父親は、怪しげで危険な環境は避けたいと思い、最終的に宿泊費の高いホテルに泊まることにしました。

The next day on their trip, Deanna and her father traveled to the Himalayas for a yoga retreat. On their way up, their driver told the passengers to exit and walk the remainder of the distance up to the retreat.
その翌日、ディアナと彼女の父親はヨガの瞑想のため、ヒマラヤ山脈へ向かいました。タクシーで向かっている途中に、運転手はディアナたちに対し、車を降りて瞑想地までの残りの道のりは歩くように言いました。

Deanna and her father were at first worried but in the end they made it to the retreat without issue. Deanna loved the experience, but feels her father enjoys more luxurious vacation destinations rather than adventurous ones like she does.
ディアナと彼女の父親は、初めは心配でしたが、最終的に問題なく瞑想地に到着しました。ディアナはこの経験を非常に楽しみましたが、父親は自分の好きな冒険型の旅よりも、もっと優雅な休暇の旅先が好きなのだろうと感じています。

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Book(予約する )

Bookはホテルやレストラン、飛行機の座席などを「予約する」ことを表し、Make a reservationより口語的なニュアンスがあります。Bookの意味は本来、「本」ですが、予約表(book)に予約を書き込むことから「予約する」という意味に派生しました。日本でもよく使われる「ダブルブッキング」という表現も、そこから派生しています。

  • しかし人と会うために予約をとりつけることはmake an appointmentと言い、bookは使えないので気をつけましょう。
  • I didn’t book a room yet. I’ll do it tonight.
    (ホテルの予約はまだしていません。今夜します。)
  • I booked a table for six at eight tonight.
    (今夜8時に6名で予約を入れました。)
  • I booked my flight to Hawaii. I’m so excited!
    (ハワイ行きの航空券を予約しました。とても楽しみです!)

2) That’s how cheap it was(それだけ安かったんです)

「That is how…it was.」は、何かを強調する時に使われる表現です。例えば今回の会話でディアナは、インドで予約したホテルが5ドルだったことを伝えた後に、「That’s how cheap it was.(それだけ安かったの)」と言い、宿泊費がいかに安かったかを強調しています。

  • 「That’s how hot it was.(それだけ暑かったんです)」や、 「That’s how tired I was.(それだけ疲れていたんです)」のように、形容詞を入れ替えて、あらゆる意味の文章を作ることができます。
  • My fingers were getting numb. That’s how cold it was.
    (指の感覚がなくなってきたんだ。それくらい寒かったんだよね。)
  • The train workers were pushing people into the train. That’s how crowded it was.
    (駅員が乗客を電車内に押し込んでいました。それだけ混んでいたんです。)
  • She fell asleep while she was talking. That’s how tired she was.
    (彼女は話しながら寝落ちしたんだ。それだけ疲れてたんだよ。)

3) Sketchy (怪しい)

Sketchyは「怪しい」を意味する口語的な表現で、主に、怪しげで危険を感じるような場所や人物を表す場合に用いられます。例えば、新宿の歌舞伎町は日本人でなくとも怪しい雰囲気が漂っていることが分かりますが、そんな時にsketchyはピッタリの表現です。

  • This area looks pretty sketchy. Are you sure it’s safe to walk around here?
    (この辺、結構怪しい雰囲気だよ。本当にこの辺を歩き回って大丈夫?)
  • There’s a sketchy looking guy over there. Do you see him?
    (あそこに怪しげな男がいるんだけど見える?)
  • Do you think this place is legit? It seems kind of sketchy to me.
    (このお店、大丈夫だと思う?怪しい感じがするんだけど。)

4) Swear(本当に〜だ)

Swearは、本来「誓う」という意味の単語ですが、日常会話では「誓う」と言うより、友達との会話で自分の主張が真実であることを強調して「本当に〜だよ!」や「本当に〜してないよ!」と言う時に用いられるカジュアルな表現です。特に自分の発言が疑われているような状況で使われます。今日の会話でディアナは、 「We could’ve sworn we were gonna get killed.」と言いますが、これは「本当に殺されるかと思った」ということを意味します。

  • I swear I got a perfect score on the TOEIC test. Do you want me to show it to you?
    (本当にTOEICで満点を取ったんだ。見せようか?)
  • I swear I don’t have your cell phone. You probably left it at the last restaurant.
    (君の携帯なんて本当に持ってないって。多分、最後に行ったレストランに忘れてきたんだよ。)
  • I could’ve sworn I gave you the flash drive. Are you sure don’t have it?
    (フラッシュドライブを絶対あなたに渡したはずなんだけど、本当に持ってない?)

5) Scar(傷跡になる)

Scarは本来、「傷跡」を意味する単語で、手術やケガなどによる肉体的な傷跡だけでなく、虐待などによる精神的な傷跡を指す場合にも使われます。動詞として使う場合は基本的にbe scarredの形をとります。例えば、今日の会話でディアナは、「my dad is scarred for life.」と言いますが、これは、インドで恐ろしい経験をした父親は「一生、心に傷を負っている」ということを表しています。

  • You’d better go to the hospital. That’s going to scar.
    (病院に行った方がいい。傷が残るよ。)
  • After that traumatic incident, he might be scarred for life.
    (あの衝撃的な出来事は、彼の心に一生、傷跡として残るかもしれない。)
  • What you said left her emotionally scarred.
    (あなたの一言が、彼女の心に傷を残しました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Insane・・・すごい
  • Insist・・・言い張る
  • Alley・・・路地
  • Tolerance・・・耐性

Expressions(表現)

  • Go back to・・・戻る
  • Show up・・・現れる・到着する
  • Middle of the night・・・深夜
  • Work out・・・うまくいく
  • Rest of the way・・・残りの道のり
  • Has a different idea・・・考えが違う

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. NK より:

    I have finally caught up with you!
    I have kept studying from your podcast episode 1 to the latest one.
    I made it!
    Please continue to give us great lessons.
    Thanks a lot!

    • Jun より:

      NKさん

      Awesome! Congrats on catching up! That is a LOT of episodes to listen to!! Make sure you don’t fall behind 😉

  2. SEIJI より:

    いつも楽しく勉強させていただいてます。
    今回のSummaryの3段落目で、where they met by…とありますが、ここのパートをto get met byに言い換えれますか?
    独学なので正しい文法がわからないので、、、(笑)ただ、自分が会話する時はgetを使うと思ったので質問しました。
    よろしくお願いします。

  3. katu より:

    次回208回のエピソードですが、オンラインの有料版はアップされてますが、ポッドキャスト版がアップされていないような?
    ご確認のほど宜しくお願い致します。

    • Kiki より:

      katu 様、

      お問い合わせありがとうございました。
      また、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。
      現在はアップされておりますので、最新Episode 208をお聴き頂けるかと存じます。

      どうぞ宜しくお願い致します。

      Hapa英会話スタッフ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト