日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第206回「一風変わった旅の思い出」

Released: 2018.09.14

第206回目のポッドキャストのテーマは「一風変わった旅の思い出」です。今日のエピソードではケンとディアナが一風変わった旅の思い出話をシェアします。ケンは「悪夢のような旅」だったスペイン旅行のエピソードを語ります。一体、何が起こったのでしょうか?今日の会話を聴いて考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「一風変わった旅の思い出」

【Deanna】So Ken, I’m wondering…do you have any bizarretravel stories?

【Ken】Well I don’t know about bizarre, but I have some, you know—I had a couple of travel nightmares. I’ll say that.

【Deanna】Okay. (laughs)

【Ken】So, um…I went to England one year and I was just gonna (going to ) stay there—just for a little bit and then head off to this island called Ibiza.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】Off of the coast of Spain.

【Deanna】Yeah.

【Ken】Um so…went into London, um hadn’t really slept the night before ‘cause (because) I was busy packing, so running on basically no sleep, and then have to stay awake the whole day.
And then I get to the airport, and um…my brother is telling—telling me, “All right, we’re gonna (going to) be late for our plane here, so let’s just take a taxi and get there.” And I’m like, “No, no, no. We’ll just take the shuttle bus.” We get on the shuttle bus…and ends up we should’ve taken the taxi because we missed our flight.

【Deanna】Aww.

【Ken】And that was the last flight out to Ibiza that night, so we ended up having to just sleep in the airport and we were talking with the staff there and eventually they found us another flight out of a different airport.
Um…but it was all the way across the city and so we had to take this really bizarre night bus. It was about, like 3 a.m. or 4 a.m. And so we’re on this bus and the bus was full of, uh what looked like high school students.

【Deanna】(laughs)

【Ken】They were all partying and playing dance music and…not really sure what was going on there but…

【Deanna】Okay. (laughs)

【Ken】…very bizarre experience. But uh…we ended up getting over there, uh to the airport, making our flight and getting into Ibiza and, uh…you know since we were there a day later than we wanted to be, our air—our hotel, rather, was uh, already given away

【Deanna】Oh no.

【Ken】…our hotel room. So we had nowhere to stay, and um, yeah. We eventually found some place, but that was a…a nightmare for us. I think we were…

【Deanna】(laughs) I’m glad it worked out.

【Ken】I think we were awake for three days straight with no sleep, basically.

【Deanna】Wow.

【Ken】So, yeah. It was a big-time nightmare. Um…how ‘bout (about) you? Any…

【Deanna】(laughs)

【Ken】…bizarre stories? Nightmares?

【Deanna】Definitely that happens a lot. Did you end up partying with the…with the high schoolers in the bus?

【Ken】Uh, no. No, no.

【Deanna】Yeah.

【Ken】I think we were just, uh, you know, in a zombie-like state there…

【Deanna】(laughs)

【Ken】…and just wondering what was going on with those kids. (laughs)

【Deanna】Right, okay. Okay.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What Spanish island was Ken going to visit in the story he told in this episode?
    今回のエピソードでケンが旅行先として語ったスペインの島は何という名前でしたか?
  2. What happened to Ken and his brother when they decided to take the shuttle bus to the airport, rather than a taxi?
    ケンと彼の弟が、空港までタクシーではなくシャトルバスで向かうことにした結果、何が起きましたか?
  3. When Ken and his brother got onto the night bus to their new flight to Ibiza, who was also on the bus with them?
    ケンと彼の弟がイビサ島行きの新たなフライトに乗るために夜行バスに乗った時、バスには他に誰が乗っていましたか?

 

Answers(解答)

  1. He was going to visit Ibiza.
    イビサ島です。
  2. They both missed their flight to Ibiza.
    2人はイビサ島行きの飛行機に乗り遅れました。
  3. They both saw what looked like high school students dancing and partying.
    パーティーさながらに踊る高校生と思われる若者たちがいました。

 

Summary(要約)

Ken and Deanna discuss what Ken referred to as “travel nightmares” in this episode. Ken’s own story of a travel nightmare was the main subject of discussion.
今回のエピソードでケンとディアナは、ケンいわく「旅の悪夢」について話をします。ケンの経験談が今回の主な話題です。

Ken told the story of the problems that occurred on the trip to the Spanish island of Ibiza that he and his brother organized. The problems began immediately with their travel arrangements to the airport.
ケンは、弟と計画していたスペインのイビサ島への旅の途中で起きた問題について話をしました。空港へ向かう途中でその問題はすぐに起きました。

After landing in London to take a flight to Ibiza, Ken’s brother suggested they take a taxi. Ken differed and suggested they take the shuttle bus. After taking the shuttle bus, they missed their flight, and had to stay in the airport until a new one could be arranged.
ロンドンに到着し、イビサ島行きの飛行機に乗るため、ケンの弟はタクシーに乗ることを提案しましたが、ケンはシャトルバスを提案しました。シャトルバスに乗った結果、2人は飛行機に乗り遅れてしまい、次の飛行機の手配が済むまで空港にとどまることになりました。

They finally found another flight leaving for Ibiza at a different airport, and to get there they had to take a night bus filled with partying high school students. Once they flew to Ibiza, Ken and his brother discovered their hotel had already been sold to someone else. Eventually the two brothers found a place to stay, but it was nevertheless for Ken a travel nightmare.
2人は別の空港から出発するイビサ島行きのフライトをついに見つけましたが、その空港に行くためにはパーティーさながらに騒ぐ高校生でいっぱいの夜行バスに乗らなくてはなりませんでした。イビサ島に到着すると、ケンと彼の弟は、ホテルの予約が既にキャンセルされ他の宿泊客にとられていることに気づきます。最終的に2人は別の宿泊先を見つけますが、ケンにとってこれは旅の悪夢としか言いようのない経験でした。

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Bizarre(奇妙な )

Bizarreは「奇妙な」や「異様な」を意味する単語です。 Strangeやweirdと同じ意味ですが、それらをより強調したニュアンスがあります。奇妙な出来事や行動、風変わりな格好、突飛な発想などを指して使えます。

  • Something bizarre happened to me today.
    (今日、奇妙な出来事が起こったんだ。)
  • Did you see what she was wearing? It was pretty bizarre.
    (彼女の服装を見た?かなり風変わりな格好をしてたよ。)
  • I had a bizarre dream last night.
    (昨晩、奇妙な夢を見ました。)

2) Head off(〜へ行く)

Head offは「〜へ行く」を意味する口語表現で、go toの代わりに使うことができます。スーパーやコンビニ、学校や空港、海外などの目的地へ向かう場合に使われますが、例えば、「トイレに行きます」を「I’m heading off to the bathroom.」と言うのは違和感があるので気をつけましょう。

  • I’m heading off to the mall. I’ll catch you later.
    (ショッピングモールに行くね。また後でね。)
  • He’s heading off to London tomorrow.
    (彼は明日、ロンドンへ行きます。)
  • Sam just headed off to the bank. He should be back within an hour.
    (サムは先ほど銀行へ行きました。1時間もしないで戻るでしょう。)

3) Run on no sleep (寝ていない状態で)

Run on no sleepは「全く寝ていない状態」を表す口語表現です。例えば、「昨晩は一睡もしていません」は、「I haven’t slept all night.」の代わりに「I’m running on no sleep.」と言うことができます。

  • 「徹夜した状態で仕事をしている」は、 「I’m working on no sleep.」と表現できます。
  • I’m running on no sleep. I’m exhausted.
    (全く寝てなくて、すごく疲れています。)
  • I’ve been working on no sleep the last few days.
    (この数日、寝ないで仕事をしています。)
  • We were running on no sleep and somehow ran a marathon.
    (私たちは徹夜の状態で、どうにかしてマラソンを完走しました。)

4) What’s going on(何が起きているのか)

毎回、このポッドキャストの挨拶で、私が「Hey what’s going on guys?」と言っているのはお気づきかと思いますが、これは「元気?どうしてるの?」という意味の表現です。しかしWhat is going onは、挨拶表現だけではなく、「何が起きているのか」、「どうなっているのか」といった物事の状況がはっきりと把握できない状況でもよく使われます。

  • What’s going on? Why did the train stop suddenly?
    (どうしたんだろう?何で電車が急に止まったの?)
  • Can you explain to me what’s going on?
    (何が起きているのかを説明してくれますか?)
  • What’s going on with all these power harassment scandals in Japan?
    (最近、日本で増えてるパワハラ問題は一体どうなってるんだ?)

5) Big-time(すごく)

Big-timeは文脈によって和訳が多少異なりますが、基本的には、「すごく」や「とても」といった強調表現です。しかし、今日の会話でケンが言った「It was a big-time nightmare. (本当に悪夢のような経験だった)」からも分かるように、big-timeは好ましくない状況で使われる傾向があります。

  • その他、 big-timeには「一流の」や「大物の」という意味もあり、トップレベルの人物を表す場合でも使われます。
  • I’m in a lot of trouble. I messed up big-time.
    (大変な問題を抱えています。大失敗しました。)
  • I regret what I did big-time but I’ll take responsibility for it.
    (自分の行いを非常に後悔していますが、その責任は取ります。)
  • You don’t know who he is? He’s a big-time actor.
    (彼のこと知らないの?一流の俳優だよ。)

 

Vocabulary(単語)

  • Nightmare・・・悪夢
  • Should’ve・・・〜するべきだった
  • Zombie-like state・・・ゾンビのような状態

Expressions(表現)

  • End up・・・結局〜/li>
  • Miss flight・・・飛行機に乗り遅れる
  • All the way across the city・・・町の反対側
  • Give away・・・譲る
  • Work out・・・何とかなる

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
現在、HAPA英会話リアルセミナーを開幕中!!

Junが全国7都市を訪問!現在、HAPA英会話リアルセミナーを開幕中!!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト