日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第203回「美しきヨーロッパ」

Released: 2018.08.24

第203回目のポッドキャストのテーマは「美しきヨーロッパ」です。今日のエピソードではディアナとケンがヨーロッパで旅行した国々について語り合います。これまでディアナとケンが訪れた多くのヨーロッパの国々の中から、2人が最も気に入っている場所をいくつかシェアしてくれます。今日の会話を聴きながら、2人が最も気に入っている国はどこなのかを考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「美しきヨーロッパ」

【Ken】How about Europe? Where in Europe have you been or where do you like to go in Europe?

【Deanna】Um I think…Croatia was beautiful but the most adventurous and fun place I went to was Barcelona, Spain. Uh, there—I remember…I was maybe ten years old or so…but there’s a cathedral called…I forgot the name, but the “Unfinished Church.” Have you heard about it?

【Ken】Oh, Sagrada Familia.

【Deanna】Oh yeah, yeah, that’s right. Yeah, so I went there and…it’s unfinished so you’re climbing this spiral staircase, and I remember we brought my grandma in to climb the spiral staircase as well and that was just a mistake, ‘cause (because) we were climbing for solid two hours.
Just straight incline, and…you know in the end, it ended up being pretty cool, but that was…Barcelona was beautiful. Architecture’s amazing.
And I guess…Greece? Uh, we saw glass blowing. Have you ever seen that?

【Ken】Um, only on YouTube.

【Deanna】Only on YouTube. Okay, yeah. Glass blowing. So they were these workers, you know, twirling their…I guess they’re this—the sticks and, um…he was making a glass horse, this worker. And he was showing the tourists how to—how to make this glass horse, and at the end is this beautiful, beautiful, beautiful little horse, like probably worth…probably worth a couple hundred U.S. dollars.
And he ended up—after he showed us, he ended up throwing it away with a bunch of other glass horses. And we were so upset, or like, wanted to buy it, but, yeah. I guess that’s what they did for their presentation. (laughs)
Is there anything kind of interesting that you’ve seen that’s different from U.S. culture?

【Ken】Um…well, I mean, just getting back to Europe, though, I mean I have been to Barcelona as well.

【Deanna】Oh, uh huh.

【Ken】And it’s, like you said, it’s just a very beautiful city. It’s right on the coast.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】Um…um, I’ve been to Madrid as well, the capital of Spain.

【Deanna】Right.

【Ken】And there’s just a big difference there. I mean Madrid’s sort of more of a…it feels a little bit more working class. Barcelona just feels, uh, like, it’s just very special, very artistic city. Um…um, but yeah. The Mediterranean I like is very beautiful.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】Um…I’ve been to Italy as well…

【Deanna】Mm hm.

【Ken】…and my favorite place in Italy is Positano.

【Deanna】Positano?

【Ken】Yeah.

【Deanna】Where’s…

【Ken】Positano is a little small village on the Amalfi Coast.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】So central Italy. Um, it’s basically these big huge rock cliffs, where these, uh little tiny villages are built into them.

【Deanna】Mm hm.

【Ken】So, you can see these little tiny hotels, little tiny houses, just sort of built into the cliffside, and it’s right there on the ocean, and it just—or right there on the Mediterranean Sea, and it—just very, very beautiful.

【Deanna】Wow. Mm hm.

【Ken】And, yeah, it’s incredibly beautiful. I went there two years in a row, actually. So…

【Deanna】Really? You liked it that much. (laughs)

【Ken】I liked it that much. I had to go back twice and hopefully I’ll get to go back again, but I would highly recommend that place.

【Deanna】Amalfi Coast.

【Ken】Yes.

【Deanna】Okay.

【Ken】Amalfi Coast.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. What religious structure in Barcelona did Deanna and her family visit that she mentioned in this episode?
    今回のエピソードでディアナは、バルセロナの何という宗教建築物を家族と訪れたと言いましたか?
  2. What artistic practice did Deanna witness while in Greece?
    ディアナはギリシャでどんな芸術品が作られる様子を見ましたか?
  3. What is Ken’s favorite place in Italy?
    ケンがイタリアで好きな場所はどこですか?

 

Answers(解答)

  1. They visited the Sagrada Familia, or the “Unfinished Church,” a large cathedral in Barcelona.
    バルセロナの大聖堂、サグラダ・ファミリア、別名「未完の教会」を訪れました。
  2. She watched Greek glass blowers create art, specifically a glass horse.
    彼女はギリシャの吹きガラス職人たちが芸術作品、具体的にはガラスの馬を作るのを見ました。
  3. His favorite place in Italy is Positano, a village located on the Amalfi Coast.
    イタリアで彼が好きな場所はポジターノというアマルフィ海岸にある村です。

 

Summary(要約)

Ken and Deanna spend this episode discussing their travels throughout Europe. Deanna began with discussion of her travels in Barcelona, Spain.
ケンとディアナは、今回のエピソードでヨーロッパ旅行の話をします。ディアナがまず、スペインのバルセロナを旅した時の話を始めます。

When she was a child, she and her family went to visit the Sagrada Familia cathedral, the so-called “Unfinished Church.” She described the two-hour climbs through the cathedral’s spiral staircases with her grandmother accompanying them.
彼女は子供の頃、家族と「未完の教会」と呼ばれる大聖堂、サグラダ・ファミリアを訪れました。彼女は祖母を連れて、その大聖堂のらせん階段を2時間かけて上った様子を説明します。

Deanna then described witnessing glass blowing in Greece. She saw artists create glass horses as part of their demonstrations.
またディアナは、ギリシャで吹きガラスを見た時の様子も話します。彼女は、ガラス職人たちがデモンストレーションの一環としてガラスの馬を作るのを見ました。

On the subject of Mediterranean destinations, Ken discussed his favorite place in Italy: Positano. Positano is a village built into the steep rock cliffs of the Amalfi Coast, overlooking the Mediterranean Sea. He loved Positano so much he visited two years in a row, and hopes to visit a third time in the future.
地中海エリアの話題では、ケンはイタリアのポジターノがお気に入りの場所だと話します。ポジターノはアマルフィ海岸の崖の急斜面に作られた村で、地中海に面しています。ポジターノが非常に気に入った彼は、2年続けてその村を訪れており、3度目の訪問がかなうことを願っています。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) A solid(少なくとも )

Solidは本来「個体」を意味する単語ですが、日常会話では様々な意味を持つスラングです。今日の会話では、「少なくとも〜」や「まるまる〜」のように、合計の数などを強調する意味で使われています。時間を表す時に使われることが多く、例えば、ロスからラスベガスまで車で行くと最低4時間はかかることを 「It takes a solid four hours.」と言うことができます。

  • a solid____の他に、 a good____も同じ意味合いで使われます。
  • It took me a solid hour to get here. There was so much traffic.
    (渋滞があまりにもひどくて、ここに来るのにまるまる1時間かかったよ。)
  • We were walking for a solid 30 minutes in this heat. We were drenched with sweat.
    (私たちはこの暑さの中、少なくとも30分は歩いていました。みんな汗だくでした。)
  • I slept a good 10 hours last night. I feel refreshed.
    (昨晩は、まるまる10時間寝てスッキリしたよ。)

2) Twirl(くるくる回す)

バトンや旗をくるくると回したり、ダンサーがステージでくるくると回る動きを twirlと言います。速いスピードで回す(回る)ニュアンスがあります。

  • How do you twirl a pencil around your finger?
    (どうやって指の周りで鉛筆を回転させるの?)
  • She tends to twirl her hair when she’s nervous.
    (彼女は緊張すると髪の毛をくるくる回しがちです。)
  • When my dad is thinking about something, he always twirls his mustache.
    (父は考え事をしている時に必ず口ひげをひねり回す。)

3) Get back to (〜に戻る)

Get back toは状況によって様々な意味を持つフレーズですが、「〜に戻る」が根本的な意味となります。今日の会話でケンが言った Getting back to Europe(ヨーロッパの話に戻るけど)は、脱線した話を元に戻す意味で使われています。

  • その他、人に返事をしたり、折り返し連絡をする際にも使われます。
  • Getting back to what we were talking about, where should we travel to this summer?
    (話を戻すけど、今年の夏はどこを旅行しようか?)
  • Getting back to what you said, when are you planning on coming to Japan?
    (あなたがさっき言っていたことに話を戻すと、いつ日本に来る予定ですか?)
  • Let me give it some thought and get back to you by tomorrow.
    (少し考えて明日返事をするよ。)

4) Sort of (ちょっと、〜みたいな)

Sort ofは kind ofと同じ意味を持ち、何かを説明する時に「〜のような」や「〜みたいな感じ」など、“それらしい様”を表現する場合に用いられます。例えば、カエルの肉を食べたことのない友達にカエルの味を説明する時には 「It tastes sort of like chicken.(鶏肉のような味がします)」と言うことができます。

  • Have you been to Kanazawa? It’s sort of like Kyoto.
    (金沢に行ったことはありますか?京都みたいな場所ですよ。)
  • Try this beer. It tastes sort of like grapefruit.
    (このビールを飲んでみな。グレープフルーツみたいな味がする。)
  • Las Vegas is sort of like an amusement park for adults.
    (ラスベガスは大人の遊園地のような場所です。)  

5) In a row (連続して)

Rowは「列」を意味し、何かが立て続けに起こることをin a rowと表現します。例えば、友達とじゃんけんをして3回連続して勝った場合、「I won 3 times in a row.」と言うことができます。Consecutivelyと同じ意味ですが、in a rowの方が口語的な表現です。

  • I went to the gym three days in a row.
    (3日続けてジムへ行きました。)
  • He won the golf tournament three years in a row.
    (彼はゴルフトーナメントで3年連続、優勝を飾りました。)
  • I lost to him 5 games in a row. He’s too good at bowling.
    (彼に5ゲーム連続で負けたよ。彼はボーリングがうますぎる。)

 

Vocabulary(単語)

  • Cathedral・・・大聖堂
  • Incline・・・傾斜する
  • Architecture・・・建築物
  • Upset・・・がっかり

Expressions(表現)

  • Spiral staircase・・・らせん階段
  • End up・・・結局は
  • Glass blowing・・・吹きガラス
  • Throw away・・・捨てる
  • A bunch of・・・たくさんの
  • Build into・・・組み込む

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

コメント

  1. ゆうじ より:

    とても楽しい会話でした。ヨ-ロッパは全然行った事ないですが、きっと素晴らしい場所なのですね。 質問です。ディアナさんがupsetって言ってましたが、がっくりの意味なんですね。怒るの意味で使っていましたが違いますか?両方意味有りますか?教えて下さい。

    • Jun より:

      ゆうじさん

      こんにちは。旅行の話っていいですよね!2人の話を聴きながら、ヨーロッパに行きたくなりました。Upsetは様々な意味持つ単語で、怒る、悲しむ、失望するなど様々な感情を表します。簡単にいえば、happyでない気持ちを表します。以前、upsetの記事を書きましたので、こちらのリンクを参考にしてください → http://hapaeikaiwa.com/?p=11708

  2. SEIJI より:

    いつも素晴らしい学習サイトを提供してくださり本当にありがとうございます。
    今日の質問の2つめで、witnessとありますが、自分なりに調べても「目撃者」や「証人」などとしか出てこないのですが、様子をみたと捉えていいのでしょうか?
    もしよければ、他に言い換えれる単語などあれば、それも教えてください。

    よろしくお願いします。

  3. Shinzy より:

    Jun San,
    いつも素敵な英会話教材を提供してくださりありがとうございます。

    私は最近、Hapa英会話を知り、第1回から順番に、主にスマホで学習させていただいています。

    そこで質問ですが、各エピソードのページに、前エピソードや次エピソードに移動できるボタンを配置することは可能でしょうか?

    最初の方のエピソードだと、1つのエピソードが終わるたびに、エピソードを選択するページに戻り、毎回200話くらいをさかのぼっていかないといけないのが、少し手間に思えます。

    もっと早くからHapa英会話で学習すれば良かったなーと思うくらい毎日楽しく学ばせてもらっています。

    このようなコメントをする場所かどうかわかりませんが、もし場違いの場合は消して下さい。

    よろしくお願いします。

    • Jun より:

      Shinzyさん

      こんにちは!Hapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。生憎、今は前や次のエピソードに移動できるボタンは設定していませんが、検討します!確かに前や次に進めるボタンがあったほうが便利ですよね。今できることと言えば、各エピソードが終わった後、左上にある「検索」をクリックして、希望のエピソードを入れることです。「第203回」のように検索したら出てくると思います。

      Thank you for your suggestion! これからも、楽しく英語学習を続けてください!

  4. 佐藤 より:

    友人のおすすめで最近聴き始めました。
    とても楽しそうで楽しく勉強ができそうです!
    今回出てきたsort of とkind ofがほぼ同じ意味ですがどう使い分けたらいいのですか?

    • Jun より:

      佐藤さん

      ありがとうございます!また、友人にも thank you とお伝えください。使い分けはほとんどなく、アメリカ人は kind of と sort of、どちらも使います。その時の気分で?使い分けてるのかな。しかし、ロスでは kind of の方がよく耳にすると思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト