日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第200回:HAPAメンバー特別対談(英語学習者として過ごした2年半)

Released: 2018.07.27

記念すべき第200回目となる今回のポッドキャストは「HAPAメンバー特別対談(英語学習者として過ごした2年半)」!覚えているリスナーもいると思いますが、私の友人であり、ビジネスパートナーでもあるKeisukeがエピソード100に登場した際、「200回目のエピソードではインタビューを全部英語でやる!」と断言していました。エピソード100以来、Keisukeは流暢な英語スピーカーになるため、大きなコミットメントをしました。2年半の間に、彼はカフェトークというオンライン英会話サイトで500時間以上の英会話レッスンを受講し、さらに120人以上の講師によるレッスンを受けてきました。今日のエピソードでは、Keisukeが英語上達のために活用した学習法やテクニック、学習ルーティンなどについて深く掘り下げます。彼は約束を実行することができたのか?それとも口先だけだったのか?さあ聴いてみましょう!

iTunesでダウンロード

〜 インタビュー内容 〜

04:36
Keisukeからの謝罪
07:20
講師を選ぶ基準は?
12:00
講師の年齢ってどこまで重視する?
16:35
「良い先生」と「素晴らしい先生」の違い
23:25
日本人を教えたことのない先生とレッスンを受講するメリット
26:30
毎回同じ講師で受講した方がいい?
36:40
レッスン内容は全て自由会話のみ?
40:10
自分の英会話力が伸びているか、どう計る?
47:14
レッスン以外でどんな勉強をしている?〜Keisuke流学習法
51:30
ジャーナリングの仕方
53:40
新しい表現の覚え方:暗記はしない
57:05
英語を真剣に勉強し始めようと思った理由
58:32
話している時に単語が思い浮かばない時はどうする?
1:01:00
間違えることについて
1:03:35
未だに苦戦してくることは?
1:05:10
今以上に英語力を伸ばすには何が必要?
1:05:55
今後の目標
1:06:43
英語を話せるようになる秘訣は?
Jun&Keisuke

Jun&Keisuke

今回、出演したKeisukeによるスカイプ英会話レッスン(カフェトーク)の体験談の記事
カフェトーク体験談 Vol.4 『スカイプ英会話を2年半やり続けた成果』
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. yusuke.k より:

    昨年から通勤時に必ずHapa英会話を聴き始めて、ようやく最新回に追いつきました!keisukeさんが第100回と同じ人だとは思えずとても感動しました!なかなかアウトプットする場所がなく尻込みしていたのですが、思い切ってカフェトークしてみようと思います(^ ^)これからも配信楽しみにしています♫

    • Ryoma より:

      ご視聴ありがとうございますっ!100回目の収録時は、英語で話す気満々で挑んだのに、結局ギブアップする羽目になり、すごく悔しく情けない気持ちになったのを今でもよく覚えています。今回の200回目では100回目の苦い記憶が残っていることもあり、かな〜〜〜り緊張しており、収録するのが憂鬱でしたが、結果的に収録時間の1時間半があっという間で、終わった後は達成感と同時に非常に感慨深いものがありました。コミュニケーションを取るために英語を学んでいる限り、やはりどれだけ話す場を持てるのかは、非常に大きなキーポイントになるかと思います。実践があってこそ、初めて自分に足りないものが明確になりますしね!カフェトークでの実践レッスン、楽しんでくださいね〜!

      Keisuke

  2. ゆうじ より:

    けいすけさんの話を聞いて、個人差によると思いますが、スカイプ英会話はあまり上達しないと思いました。語学を勉強しようとするよりか、自然に上手くなるのが自然な形だと思います。

    • Ryoma より:

      ご視聴ありがとうございます!英語で会話ができるようになることを目的にしている限り、学習の仕方に正解などありませんし、手段は何でもいいので、とにかく自分にとってやり易いやり方で継続することが全てかと思います。私の場合、妻子を持つ立場でもあることから、日本にいるとなかなかネイティブの人と話す機会が持てないのと、時間的にも金銭的にも週5回のペースで英会話スクールに通う余裕がないので、スカイプ英会話を利用しておりますが、学習方法と同様、自分にとって都合のいい方法で英語をアウトプットする場を設けることができれば全く問題ないかと思います。これからお互いに頑張りましょう!

      Keisuke

  3. Yuki より:

    Hey Jun
    You say “ but um” a lot like Robin Scherbatsky from HIMYM lol

    • Jun より:

      Yuki

      lol. I haven’t seen that show in years! I should go back and watch it. I probably sound just like Robin.

  4. aze より:

    いつもpodcast聞いてます!
    質問なのですが、podcastのブログ記事のタイトルについている青い吹き出しの数字は何を表していますか?

    • Jun より:

      azeさん

      こんにちは。いつもPodcastを聴いてくれてありがとうございます!多分、コメント数だと思います(笑)

  5. Sige より:

    けいすけさん。素晴らしい!
    確かに like は多いですが、ある種の通過点として、逆に参考になります。
    流暢に話すことの形として、相手の言っていることを理解して、すぐに英語を発語することを目標としてる私としては、けいすけさんのレベルが一つの目標になります。
    ここまで来てれば、後は時間と経験だけだろうなーと感じます。
    文法をほぼ勉強しなかったと言うのは驚きですが、相手の言っていることを理解する際に避けて通れないと思い込んでいましたので。
    勿論、アドバイス通り自分なりの方法を選ぶつもりですが。
    とにかく会話の訓練をやり出せていない自分としては、けいすけさんに大きな差をつけられてしまったという焦りが出て、とても有難く、けいすけさんの取り組みとシェア、このエピソードに感謝致します。

    • Ryoma より:

      Sigeさん、ご視聴&コメントありがとうございます。

      文法について詳しく言いますと、あくまで自発的には勉強していないだけで、実際の会話の中で疑問に思ったり、分からなかったことについては、ネットで自分なりに調べて文法的に理解することぐらいは一応しておりました。とりあえずは実際に会話をすることを徹底的に行い、そこから足りないところを補っていく・・・例えると、電化製品などを購入して、取扱説明書は読まずに、先ずは色々と触ってみて、どうしても分からないことがあれば説明書を読むような感じですね。これは、英語に限らず私の生き方そのままでもあります。(笑)

      およそ2年半後となる300回目のエピソードでは、likeの乱用を改善し、もっとスマートな英語が話せるところを披露できるように頑張りますので、Sigeさんも引き続き頑張ってくださいね〜っ!

      Keisuke

  6. Masami Styles より:

    Keisukeさん!長い収録大変お疲れさまでした。私もじっくり聞かせていただきました。
    気づいたら最初からメモ用紙とペンを持っていました。いくつかフレーズ書き出していました。これは、いつもpodcastを聞く時に時間があればしているので、いつものように聞いた感じです。 最初はかなり緊張されていたようですが、後半は楽になりましたか? それにしても2年半。すごいことだと思います。
    有言実行ですね。強い意志でよく頑張ってこられたと思います。わたしもカフェトークは続けています。そして自分のできる範囲で目標を立て、前に進んでいきたいと思います。
    300回目楽しみにしています!

    • Ryoma より:

      Masamiさん、お久しぶりです!ご視聴&コメントありがとうございます。

      普段のスカイプレッスンでは、全くと言っていいほど緊張することはないんですが、何万人もの英語学習者に、自分の粗末な英語を披露しなければならない状況に置かれると、やっぱり緊張しちゃいますね・・・(笑)

      Masamiさんのことは、たまにカフェトークの講師から話を聞きますよ〜。確かBrianやElainaとかからだったと思いますが、やっぱり継続していることを聞くと、私も嬉しいですし、良い刺激をもらっています。

      エピソード300では、英語をただ話すだけではなく、上手に話せるようになった姿を披露できるよう頑張りまーす!

      ではまた、次回お会いできる日を楽しみにしております。

      Keisuke

  7. Satoko より:

    Keisukeさん凄いと思います。1時間日本語を挟まずに英語を話し続けるって、英語の持久力と強い意思が必要だと思います。本当に努力されていると思います。

    特にJun先生は日本語話せるので、目の前に日本語話者の方がいらっしゃれば、私なら途中で甘えて日本語話し始めそうです。母国語はやっぱり楽でいいわぁとか言ってそうです。

    私自身、英語を次のレベルにステップアップするにはどうすれば良いのかと最近思い始めていたので、凄く刺激になりました。全ては継続ですけど、自分自身どのレベルまで行きたいのか、ゴールは無いなぁと改めて思いますが、本当に好きこそものの上手なれですね。

    私もKeisukeさん見習って頑張ります。
    300回目楽しみにしています!

    • Ryoma より:

      Satokoさん、コメントありがとうございます。

      Junとは、こうしてHAPA英会話をやるずっと前からずっと友達でして、私がこうして真面目に英語を取り組む以前(約15年間)は、日本語のみで会話していました。それもあって、最初はJunと英語を話すのにすごく違和感があり、なかなか慣れなかったのですが、英語に切り替えて3年近く経った今では、会話もメールもLineも全て英語でやっているので、英語で話すこと自体はそこまで大変ではありませんでした。

      ただ、今回のPodcastの中でJunが話している英語は、普段プライベートで話す英語とは大きく違い、完全に私に負担が少なくなるよう気を使ってくれてますね・・・😅もちろんリスナーのことも考慮してだとは思いますが。プライベートでJunと話すと、彼の話し方はもっと早く、スラングもバンンバン使うし、正直プライベートで1時間話す方が疲れます(笑)

      これは普段やっているスカイプレッスンにおいても同じで、やはりいくらFree Conversationのレッスンだからと言っても、講師が話す英語はやっぱりレッスン用の英語なんですよね。なんで、レッスンの英語ではなく実践する場を設けることも、レベルアップするには非常に大切なことだと感じています。

      とは言っても、日本にいる限り、実践の場を設けることはそんなに簡単ではないのも事実で、環境によっては不可能な方もおられるかと思います。ですが、これまで様々な講師とスカイプレッスンをやってきてわかったのが、中にはレッスンでも普段通りに話す講師がいるんですよね。いい意味でラフな講師が(笑)なので私は、「リアルな英語」と位置付けて、そういう講師のレッスンも定期的にとるようにしています。

      ちょっと長くなってしまいましがが、、、300回目ではより成長した姿をお見せできるよう頑張りますので、Satokoさんもこれからも頑張ってくださいね〜!そしてHAPA英会話も今後とも何卒よろしくお願いいたします。

      Keisuke

  8. ERI より:

    Hello Keisukeさん!
       
    私もHAPA英会話のPodcastを聞いたり、カリキュラム受講したり、Skypeで英会話をしたりと、地方に住んでいますが英語を自分なりに頑張っている一人です。
    正直、2年半Skypeレッスンを受けたKeisukeさんのインタビューを聞くのが怖かったです。なぜなら自分もそれくらいの期間勉強しているからです。英語だけのインタビューを聞いて自分と比べて、自分の英語のスキルの低さが身にしみそうだったからです。
    ですが、いざKeisukeさんのインタビューを聞いてみると共感できることや、Keisukeさんの勉強量が圧倒的に多いこと、今のkeisukeさんのスキルがあるのは努力の賜物なんだなと思いました。私も3年くらい英会話を習得しようと最初は無理せずやっていこうと思っていましたが、話すことができるようになればもっともっとというスキルアップを目指すようになってきて今がありますが、時々上達しない自分に腹がたったり、もうこのまま英語をやめてしまおうかと思ったこともありました。
    特に最近英語で話すときのスイッチングが難しいときが時々あることに気づいて、私は毎日Skypeをしているわけではないですがスイッチングが上手くいかない時はグダグダの英語で終わってしまいます。

    そんな時はHAPA英会話のyoutubeをみたり、どうにか又しゃべれるようになりたいという気持ちをふるいたたせて頑張っています。

    私も自分の目標を新たに設定し、英会話で話す場所に自分で行き頑張っていきたいと思いました。
    ぜひ300回目を期待したいと思います。
    私もそれまで英会話を続けていたいと思います!

    Thank you for Keisukeさん、Junさん!!

    • Ryoma より:

      Hi Eri, Thanks for the comment and using our resources!

      正直なところ、私も2年半前にイメージしていた自分(ペラペラになっている自分)と、現在の英語力はかけ離れており、この程度の英語力をPodcatのリスナーの皆さんに披露することはかなり気がひけてました。「それだけの時間と労力を費やして、その程度のレベルなん?」とアホがバレるのが嫌だったからです。(笑)でも、結果的にはEriさんのように前向きな感想を沢山いただくことができて、今では本当にやってよかったと思うのと同時にホッとしています。

      また、現在になって感じるのですが、英語を学習し始めた当初の私はとんだ勘違いをしていたことです😅 いくら毎日のように英語を話す時間を設けてきたからと言っても、たかが1日1〜2時間だけ、そして期間もたかが2年半だけなんですよね。日本で一般的な社会人として英語を学ぶ人達と比較すれば、確かに多い方かもしれません。しかし、ネイティブ英語(言語)を身につける成長過程であるアメリカの子供達は、毎日1日中英語を話しており、しかも1年や2年の話ではありません。それと比べると、私が英語に触れ合っている時間なんてほんの僅かなもので、それだけでペラペラになるなんて現実的に考えればあり得ませんよね。そう考えると、いい意味で楽天的になれ、モチベーションも上手にコントロールできる気がします。

      エピソード300回では、今と比べて少しでも成長した英語を披露できるよう頑張りますので、Eriさんも頑張ってくださいねっ!!

      Take it easy!

  9. まさのう より:

    けいすけさん,じゅんさんとの会話を拝聴しました.目標に対し,200回目で結果を出したことにまずは敬服致します.”Like a–”が癖になりそうですw.いいんじゃないでしょうか.私は”Just”ばかりです.全然,ちょうどでもないのにw.

    私は米国に1年半滞在しながらもいまだにレスポンスに苦労しているので,努力なさっている姿に身が引き締まる思いです.Eriさんのご返答にもありましたが,日本では日本語で生活できますからそれなりの場を設けることが必須です.英語圏に居てもさえ最近は日本語で生活できてしまいますし..そのため,私は米国滞在中にもかかわらずCAFTALKを始めました.完全にけいすけさんの影響を受けてですね.時間も無理のない時差の講師が選べます.あとはどうやってこのシステムを活用するかです.CAFETALKのレビューを話されていましたが,実際のところプロ講師も居れば,学生さん,ただ話し好きなおばちゃんも居て一期一会で楽しいです.今はとても熱心な先生を見つけたので,主にその先生とレッスンを作りながらやっています.

    長文失礼しました.私もけいすけさんのようになりたいです.また,ありのままの成長をシェアし,体験談をどこかで掲示して頂けると嬉しいです.HAPAセミナは米国に居るので無理なのですが,YOUTUBEとPODCASTで引き続き学習させて頂きます.

    Take it easy! Peace V

    • Ryoma より:

      まさのうさん、コメントありがとうございます!私も以前、Justを乱用していた気がします(笑) おそらく英語学ぶ多くの人が通るプロセスなんでしょうね〜。

      1年半といえば、ちょうど私がシアトルで過ごした期間と同じですね。当時私は、Hapa英会話はやっておらず、現地の会社でサラリーマンとして働いておりました。英語も“勉強”と言えるようなことはほぼやっていませんでしたが、まだ独身だったこともあって、アフター5は毎日のようにアメリカ人の友達と遊んでいたので、その遊びの中から自然と英語力が伸ばすことができたのも事実です。しかし、所詮その程度の英語力なんて、使わなくなるとすぐに忘れちゃうものなんだと日本に帰国してから痛感しました・・・(~_~;)

      まさのうさんは、アメリカでお仕事されているのでしょうか?もしそうであれば、やはり毎日遊びにいくようなことは難しいかと思いますし、たとえアメリカ在住でも、スカイプレッスンを受ける価値は絶対にあると思います。正直、私はアメリカで過ごした1年半よりも、日本でカフェトークを真面目にやり始めてからの1年半の方が、はるかに英語が上達したと感じています。もちろん、そちらで毎日英語を教えてくれる人がいるのであれば話は別ですが、いくらアメリカに住んでいようが、毎日一定の時間、面と向かって英語を話し続ける場を確保するのは、かなりのお金を投資するか、アメリカ人の彼女を作るでもしない限り無理ですしねww ただし、テレビをつけても、買い物に出かけても、外食に出かけても、常に英語が飛び交っている環境は、間違いなくアメリカに住んでいるメリットではあるので、ぜひそのベネフィットは活かしてくださいね〜。私がアメリカにいる頃は、Googleマップはあえて使わず、そこらへんの人にディレクションを聞くようなことはよくしていました:)

      次回は、およそ2年後のPodcastエピソード300で再び登場する予定なので、その際は、まさのうさんのありのままの成長記録も是非シェアしてください!楽しみにしております;)

      Keep it up!

      Keisuke

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト