日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第194回「場所に応じたチップマナー」

Released: 2018.06.15

第194回目のポッドキャストのテーマは「場所に応じたチップマナー」です。今日のエピソードではメアリーとトリスタンがアメリカのチップ文化について会話を続けます。今回の会話では、ヘアーサロンやバーのようなレストラン以外の場所で払うチップについて話し合います。ヘアーサロンで払うチップはいくらぐらいが妥当なのか?またバーではどうなのか?メアリーとトリスタンの会話を聴いて考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「場所に応じたチップマナー」

【Tristan】But these are—this is just restaurants. There are a few other places—not a lot—but a few places where you tip. I always tip when I get a haircut.

【Mary】Yeah, that’s true. You should tip. And how much do you tip for a haircut?

【Tristan】It varies. Lots of places—my favorite barber shop ever, all their haircuts were seventeen dollars. And I thought that was…

【Mary】Which is genius.

【Tristan】I thought it was really clever, because it guarantees everybody’s going to just give you twenty (dollars).

【Mary】Right.

【Tristan】So they’ll get a three-dollar tip on every haircut. That works out to just under twenty percent, and three dollars doesn’t feel outrageous but I got my hair cut recently and it was fourteen, and I gave them a four-dollar tip just because it felt right.

【Mary】Right.

【Tristan】There isn’t really a standard. I don’t…

【Mary】Yeah, I tip three to five dollars, but I’m never really getting high-end haircuts. My haircuts are all, you know, under twenty bucks. They’re not…I’m not going to a hundred-dollar hair salon.

【Tristan】Right. For a woman who gets her hair cut and dyed and styled and it costs her a hundred dollars, tipping twenty-five isn’t outrageous. That’s—that’s pretty reasonable.

【Mary】I can’t even imagine doing that. (laughs) But yeah.

【Tristan】Yeah, so I—I tip for haircuts, restaurants of course. Where else do you tip?

【Mary】Bars are confusing. But, you’re definitely supposed to tip there. Like, from my understanding, if you are—if it’s a sort of bar where you have to go up to the bar itself, and you know, get the—the bartender’s attention and get a drink, it’s pretty much a dollar per drink.

【Tristan】That—and that seems reasonable, and if you don’t tip the bartender, you’re probably not going to get service the rest of the night.

【Mary】Right, right.

【Tristan】Which feels like extortion.

【Mary】(laughs) But if it’s a busy bar, and, you know, you’re waiting a long time, and if they remember you gave them a dollar last time, they’ll get you your drink more quickly.

【Tristan】But that’s only if you don’t open a tab.

【Mary】Right. So how does that work with a tab?

【Tristan】Normally, once you order your first drink, the bartender will ask if you wanna (want to) open a tab. Makes it easier for them. They keep your card on file, and every time you order, they just put it on your tab all night.

【Mary】Right.

【Tristan】And I think for the bar, that incentivizes buying more drinks and spending more time there. But for the bartender it makes things a whole lot easier. There’s a lot less cash changing hands at the end of the night. You pay up, and at that point you’re probably calculating what kind of tip to give.

【Mary】Right. As a customer, unless I know I’m only ordering one drink, I usually prefer to open a tab. It’s—it’s just more convenient. You don’t have to think about it. You’ll remember to get your card back at the end of the night hopefully. (laughs)

【Tristan】Mm hm.

【Mary】Um, and then you give a percentage if you are paying on a card at the end.

【Tristan】Right, right.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. Besides restaurants, what other two places do Tristan and Mary mention as places to tip at in this episode?
    今回のエピソードで、トリスタンとメアリーがレストランの他にチップを渡す場所として挙げた2つの場所はどこですか?
  2. If you give a tip to a bartender at a busy bar, what’s likely to happen according to Mary?
    メアリーによれば、忙しいバーでバーテンダーにチップを渡したらどんなことが起こると考えられますか?
  3. When you open a tab at a bar, at what point do you calculate the tip you’ll give?
    バーでツケ払いにした場合、どの時点で渡すチップを計算しますか?

 

Answers(解答)

  1. Barber shops/hair salons and bars are both kinds of places to tip at mentioned in this episode.
    理髪店(もしくは美容院)とバーが、今回のエピソードでどちらもチップを渡す場所として挙げられました。
  2. That bartender will probably remember you, and will get you your drink more quickly.
    バーテンダーが覚えていてくれて、早くドリンクを提供してくれます。
  3. You calculate your tip when you pay for everything ordered on your tab.
    最後にまとめて支払いをする時にチップの計算をします。

 

Summary(要約)

Mary and Tristan continue their discussion of tipping culture in the United States in this episode. This time, they look at places other than restaurants where tips are expected from customers.
今回のエピソードで、メアリーとトリスタンはアメリカのチップ文化について議論を続けます。今回2人は、レストラン以外でチップが要求される場所に目を向けます。

Tristan’s first example is barber shops. His favorite barber shop charges seventeen dollars for a haircut, which in his view ensures that most customers will simply hand in a twenty-dollar bill to cover for the tip.
トリスタンが挙げた最初の例は理髪店です。彼のお気に入りの理髪店は、カットの料金が一律17ドルですが、大抵の人はチップ込みで、20ドル紙幣1枚で支払いを済ますだろうとトリスタンは考えています。

Mary’s example is bars, although she admits they can be confusing to discern whether or not one should pay a tip. If it’s a bar where a customer has to go up in person to the bartender to order drinks, tips are probably expected.
メアリーが挙げた例はバーです。バーでチップを渡すべきか分かりづらい場合もありますが、カウンターで直接バーテンダーにドリンクを注文するようなバーではチップが要求されるだろうと彼女は言います。

At bars, one can order items on a tab. This works by having the bartender take your card and record every item you purchase, then once the night is over, you pay for everything at once. At this time, you can calculate your tip. Tristan thinks this makes it much easier on bartenders, as there’s less money changing hands at the end of the day.
バーでは、支払いをツケておくことができます。バーテンダーにカードを渡して注文を記録しておくことで、最後にまとめて支払いができ、またその時点でチップの計算もできます。最後に現金の受け渡しの手間が減るため、バーテンダーにとって非常に楽なシステムだとトリスタンは考えています。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Get a haircut(髪を切ってもらう)

「髪を切ってもらう」ことを get a haircutと言い、美容院や理髪店に行って髪を切る時によく使います。自分で自分の髪を切る場合は 「I cut my (own) hair.」と言います。

  • Did you get a haircut? You look different.
    (髪切った?なんか雰囲気違うよ。)
  • Where do you go to get a haircut?
    (どこで髪を切ってもらってるの?)
  • My hair is growing out. It’s time for me to get a haircut.
    (髪が伸びてきたな。そろそろ散髪に行かないと。)

2) Outrageous(とんでもない、非常識な)

Outrageousは outrageの形容詞で、人を激怒させることを意味します。 言動や事態があまりに非常識であったり、無礼であったり、理不尽である場合に使用されます。

  • That’s outrageous! I can’t believe he did that to you. That’s power harassment.
    (とんでもない話だね。彼が君にそんなことをしたなんて信じられない。パワハラだよ。)
  • She said that to you? That’s an outrageous lie.
    (彼女が君にそんなことを言ったの?それはとんでもないウソだ。)
  • This bottle of wine is a hundred bucks? That’s outrageous! You can get this same bottle at the grocery store for 10 dollars.
    (このボトルワインが100ドルだって?あり得ない。スーパーで同じ物が10ドルで買えるよ。)

3) High-end(最高級の)

high-endは高級志向の商品やサービスを表します。値段が高額であるだけでなく、品質や性能、サービスなども最高級レベルであることを意味します。例えば、高級車は high-end car、高級ホテルは high-end hotel、高級ヘアサロンは high-end hair salonと表現します。

  • She lives in a high-end luxury apartment in Beverly Hills.
    (彼女はビバリーヒルズの最高級マンションに住んでいます。)
  • Why do you think people pay so much for high-end brands?
    (なぜ人は高いお金を払ってまで高級ブランド品を買うのだと思いますか?)
  • I’ll take you to a high-end hot spring when you come to Japan next time.
    (今度日本に来る時は、最高級の温泉に連れていってあげるよ。)

4) Tab(お勘定)

レストランではお勘定のことをcheckやbillと言いますが、バーでは一般的にtabと言います。アメリカのバーでは、1杯目の注文時にバーテンダーから 「Do you want to start a tab?」や 「Do you want to keep the tab open?」と尋ねられますが、これは「(支払いを)ツケにしますか?」という意味になります。ツケ払いにしたい場合は Yesと返答し、バーテンダーにクレジットカードを渡し、その後の注文時に 「I have a tab under (名前)」と伝えれば、最後にまとめて清算することになります。もし、注文毎にその場で支払いたい場合は Noと返答します。

  • Can I start a tab?
    (ツケ払いにできますか?)
  • Can I get Heineken, please? I have a tab under Paul.
    (ハイネケンを1つお願いします。「ポール」でツケておいてください。)
  • Can you close out my tab?
    (精算してもらえますか?)  

5) Make _____ easier(楽になる)

手間のかかることや面倒で複雑なことをシンプルにして楽にすることを make_____ easierと言います。複雑な申し込み画面をよりシンプルにして使いやすくしたり、ちょっとしたコツで料理の手間を省くなど、様々な場面で使うことができます。

  • This sign up form is too complex. Let’s try to make it easier.
    (この申し込みフォームは複雑すぎる。もっとシンプルにしてみよう。)
  • I’ll show you how to peel garlic. Do this and it’ll make things a lot easier.
    (ニンニクのむき方を教えてあげる。こうすればだいぶ楽になるよ。)
  • Facebook has made it easier to stay in touch with friends.
    (Facebookのおかげで友達と連絡が取りやすくなった。)

 

Vocabulary(単語)

  • Genius・・・天才
  • Clever・・・賢い
  • Reasonable・・・妥当
  • Extortion・・・ゆすり

Expressions(表現)

  • That works out to just under twenty percent・・・ギリギリ20パーセントに届かないくらい
  • It feels right・・・正しいと感じる
  • I can’t even imagine・・・自分では想像すらできない

 

登場人物紹介

Mary L

アメリカのネブラスカ在住。デザインとフォトレタッチの会社を経営しながら、空き時間にカフェトークで英語講師をしているが、その英会話レッスンは生徒から大好評。また彼女自身、韓国語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しており、「言語を学ぶ」という点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Jun Senesacが全国7都市を訪問!
待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Junが全国7都市を訪問!待望のHAPA英会話セミナーが遂に来月スタート!!

Advertisement

コメント

  1. k より:

    こんにちは!チップの計算、いつも難しいです、、

    質問があります><
    if〜節のとき、willを使ったりbe-ingを使ったりするのは、どういった違いで使い分けているのでしょうか?

    • Jun より:

      kさん

      こんにちは!チップの計算複雑ですよね。ifの質問ですが、具体的な例を挙げてくれますか?色々なシチュエーションがあるので、例文のようなものを書いてくれたら解答します!

      • k より:

        お返事ありがとうございます;)

        気になったのが、会話の中で
        then you give a percentage if you are paying on a card at the end.
        とingを使用しているのと、
        if they remember you gave them a dollar last time, they’ll get you your drink more quickly.
        でwillを使用していたので、気になりました!

  2. hideyuki katsura より:

    いつも楽しく聞いています。
    次の会話は、合ってますか?

    「17ドルですね。チップを足して20ドル払います。」
    “The price is seventeen dollars. So adding tip I pay twenty dollars “

    というのでいいですか?
    プレミアムコースのおかげで、ほぼ毎日英語を勉強する習慣ができました。 さいたま市

    • Jun より:

      Hideyukiさん

      こんにちは。英訳はそれで間違いではないですが、日常会話では「チップを足して〜ドル払います」という言い方はあまりしないように思います。一般的には、20ドル渡して、「You can keep the change. I don’t need change.(お釣りは必要ないです)」と言います。

  3. YOKO より:

    こんにちは。毎日朝の通勤時間に繰り返しPodcastを聞かせて頂いています!
    来月ニューヨークに遊びに行く予定で、セントラルパークで開催するYOGAのレッスンを申し込んでいます。
    このようなレッスンを受ける場合、インストラクターの方にレッスン料以外にチップを払うものでしょうか?
    レッスンはグループレッスンで支払いはクレジットカードで先に済んでいます。
    初めての経験で心配なので、教えていただけると幸いです。

    • Jun より:

      Yokoさん

      こんにちは。いつもPodcastを聞いていただき、ありがとうございます。来月NYへ行かれるんですね!ニューヨークの夏は日本のようにジメジメしていて暑いですが、エネルギーで溢れた楽しい場所です。

      ヨガのレッスンですが、チップを払う必要はないです。もし無料で提供していたら、感謝の気持ちとしてチップをちょっと渡してもいいですが、今回はレッスン料を払っているのでチップは払わなくても大丈夫です。

  4. Ryu Konno より:

    最近Selena Gomezのインタビューを聞いて使えるフレーズがないか勉強しています。そこで質問です。自分は男性ですが、英語には女性的な英語などはありますか?

    • Jun より:

      Ryuさん

      こんにちは。英語も日本語と同様、やはり女性っぽい話し方や口調があります。表現や単語の違いというよりは、言い方やジェスチャーが異なりますので、フレーズの勉強で彼女のインタビューを見てるのであれば、問題ないと思います。

  5. Ryu Konno より:

    さっきの補足です。男性が女性芸能人の英語を使って違和感があることはありますか?

  6. sachi より:

    いつも楽しみにしています。
    アメリカに住んで数年、まだわからないことばかりでHAPA英会話のPodcastがとても勉強になっています。
    チップといえば毎年クリスマスチップに頭を悩ませているので、いつかこの話題を取り上げてくださると嬉しいです!

    • Jun より:

      sachiさん

      こんにちは!いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうざいます!私の理解不足で申し訳なのですが、クリスマスチップとは具体的にどのようなことでしょうか?教えてくれたら今後のPodcastのトピックの一つとして検討します!

      • sachi より:

        申し訳ありません!Holiday Tippingのことです。
        ホリデーシーズンに郵便配達の人やアパートの管理人さんに感謝の気持ちとして何か渡すものだよ、と日本人の友人に教えられたものの、いくら渡せばいいの?美容師にも?ゴミ配達の人にも?(どうやって?待ち伏せ?)と、疑問だらけです。

        ネイティブの方がどうしているのか是非知りたいです。

        • Jun より:

          Sachiさん

          Holiday tippingのことですね。Holiday tippingはベビーシッターさんやお手伝いさんなど、日常の生活を普段ヘルプしてくるような人たちに渡すイメージがあります。正直言いますと、私は holiday tippingはこれまでにしたことがなく、holiday seasonはいつもと変わらず20%のチップを払っています。でも、Sachiさんが書いたようにholiday tippingはあくまでも感謝の気持ちなので決まった額やパーセンテージはないと思います。人によってはクッキーやお菓子などをプレゼントする人もいます。「いつもありがとうね」の気持ちが伝わっていれば十分だと思います!

  7. kuma より:

    いつも楽しく勉強させてもらっています。

    【Tristan】
    And I think for the bar, that incentives …….

    incentives ⇒ “incentivizes” と言っているように聞こえるのですが。

    • Jun より:

      kumaさん

      こんにちは。いつもありがとうございます。

      kumaさんのご指摘通り、「incentivizes」です!先ほど、修正しました。Thank you 🙂

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト