日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第114回「会話の切り上げ方」

Released: 2016.09.16

第114回目のポッドキャストのテーマは「会話の切り上げ方」です。今日の会話では、アダムとコーディが上手に会話を切り上げる方法について話し合います。特に、迷惑な会話の対応の仕方、そして彼らが会話を切り上げるのに実際に使うテクニックをご紹介します。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「会話の切り上げ方」

【Cody】Which brings me to the next point: how to smoothly end a conversation.

【Adam】Ooh, good one, especially an unwanted conversation.

【Cody】Yes, because sometimes you get approached by people who [A]: you don’t want to speak to…

【Adam】Mm hm.

【Cody】…or [B]: they take a conversation too overboard, too long, or it turns negative but for whatever reason you wanna (want to) end it…

【Adam】Yeah.

【Cody】…without coming off totally rude, and successfully being able to leave.

【Adam】You have any suggestions on how to do that? Let’s say, “Hey, Cody. Tell me about your personal finances. What bank do you use? How much money is in your bank account?”

【Cody】(pause) “Oh, I don’t have a bank account.” (laughs)

【Adam】(laughs)

【Cody】Um, I’ve done a lot of things in the past. I’ve pulled out my phone and said, “Sorry, I have a phone call,” and just walked away.

【Adam】Sure.

【Cody】Um, I’ve looked at my watch and said, “Oh, I’d love to talk about it, but I have to get going to work. Where are you gonna (going to) be tomorrow?” Kinda (kind of) knowing in the back of my head that I won’t see them tomorrow, but, just wanting to make a clean break. (laughs)

【Adam】Yeah, that’s a polite way you mentioned. You don’t want to be rude and just walk away. You want to have some sort of semblance of closure…

【Cody】Right.

【Adam】…on that conversation. So perhaps some techniques you could use is…uh, “Hey I don’t love talking about bank accounts, but did you see the baseball game last night?”

【Cody】Yeah.

【Adam】Just changing the conversation, or it can go as far as, uh, “Hey, man…”—as you mentioned—“…I’d love to talk some more, but I gotta (got to) run right now.”

【Cody】Right.

【Adam】Uh, “Let’s chat later.” Something like that, or, “Hey, I’m on my way to class right now.”

【Cody】Sure.

【Adam】Uh, you know, “Have a good one. It was nice to meet you, I gotta (got to) run right now. Peace.”

【Cody】Right. Hey, and if all else fails, you can tell that somebody’s really going in the wrong direction with the conversation…

【Adam】Mm hm.

【Cody】…or being too aggressive, or they seem to be probing for personal information, don’t be afraid to just walk away

【Adam】Mm hm, mm hm.

【Cody】…without any apology, because you don’t need to make yourself uncomfortable for someone who’s trying to do something inappropriate.

【Adam】Yeah, that’s right, uh, in America people can be friendly. They can be overly friendly. We like to be friendly back.

【Cody】Right.

【Adam】But if it’s weird, roll out.

【Cody】Yeah, don’t ever put yourself in danger. You gotta (got to) put yourself first, definitely.

【Adam】Yeah, absolutely.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What were two strategies Cody used to politely leave conversations?
    礼儀正しく会話を終わらせるためにコディが使った2つの策はどんなものでしたか?
  2. What was Adam’s first recommendation for avoiding unwanted conversation?
    厄介な会話を避けるためにアダムが最初に勧めたことは何でしたか?
  3. What does Cody recommend if a conversation is becoming strange or uncomfortable?
    会話がおかしな方向に進んでいったり、気まずくなったら、コディはどうすることを勧めていますか?

 

Answers(解答)

  1. (1) He pulled out his phone and pretended he was receiving a phone call.
    (2) He looked at his watch and pretended it was time to go to work.

    (1)電話を取り出して、電話が鳴っているふり。
    (2)腕時計を見て、仕事に行く時間であるふり。
  2. He suggested changing the subject.
    彼は話題を変えることを提案しました。
  3. Cody recommended simply leaving the conversation entirely and walking away.
    コディは、会話をきっぱりと終わらせ、立ち去ることを勧めました。

 

Summary(要約)

Today’s subject for Adam and Cody was the issue of leaving or ending conversations that are unwanted or have gone on for too long. Both had different suggestions for how to handle these situations.
今日のアダムとコディの話題は、厄介な会話や長すぎる会話を終わらせる方法についてでした。そうした状況の対処法について、2人には異なる提案がありました。

Cody talked about situations in the past where he pretended to look at his phone or watch as a means of removing himself from unwanted conversation.
コディは、自分の携帯電話や腕時計を見るふりをして、厄介な会話から逃れた過去の話をしました。

Adam’s advice for those involved in an uncomfortable conversation was to try to change the subject. For example if someone asked Adam for his bank information, he would immediately switch topics to baseball.
気まずい会話に巻き込まれた人へのアダムのアドバイスは、話題を変えることでした。例えば、銀行の情報について尋ねられたら、すぐに野球の話題に変える、というものです。

A final piece of advice from Cody was to simply abandon conversations that are becoming too uncomfortable or even strange. While it is important to strive for politeness, if the conversation is turning negative, leave.
コディの最後のアドバイスは、会話があまりにも気まずかったり、おかしな方向に進んだ場合は、ただ放棄するというものでした。礼儀正しくあろうと努力することが大切である一方、会話がネガティブな方向に進んだら、その場を立ち去るべきです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Go overboard(やりすぎる)

興奮して言いすぎたり、ついお金を使いすぎるなど、何かをやりすぎてしまうことを表すフレーズが“Go overboard”です。ポイントは、「調子に乗って」何かをやりすぎてしまうことです。

◎今日の会話ではコディが「Take overboard」と言いましたが、 “Go overboard”が一般的な表現です。

  • I went overboard and bought too much.(調子に乗って買いすぎました。)
  • I think I went a little overboard and ordered too much food.(ちょっと調子に乗って食べ物を注文しすぎちゃった。)
  • Don’t go overboard. You’re not young anymore.(もう若くないんだから、無茶しないようにね。)

2) Walk away(立ち去る)

“Walk away”は、ある場所や状況、人から立ち去ることを意味し、特に居心地の悪い場所から離れる状況で用いられます。関わりたくないトラブルから逃れたり、取引を撤回したり、関係を絶つなど、様々な状況で使用される表現です。

  • If a stranger approaches you, walk away immediately.(見知らぬ人が近寄ってきたら 、その場からすぐに立ち去りなさい。)
  • Don’t walk away from your problems. You have to face it head on.(問題に背を向けるのではなく、真正面から向き合わなきゃ。)
  • Why did you walk away from that deal? (なぜその取引を撤回したのですか?)

3) I’ve got to run(もう行かないと)

“I’ve got to run”は、日本語の「もう行かないと」に相当する表現で、 会話を切り上げる状況でよく使われます。「終電があるのでもう行かないと」「ミーティングが入っているのでもう行かないと」のように、「急いでいる」ことが相手に伝わります。

◎コディが今日の会話で紹介した「I’ve got to get going.」や「I’ve got to go.」も、会話を切り上げる状況で使える便利なフレーズです。

  • Sorry. I’ve got to run. I’ll see you tomorrow!(ごめん。もう行かないと。また明日!)
  • I’ve got to get going. Let’s talk more about this over coffee next week.(もう行かなきゃ。この件については、来週コーヒーでも飲みながらもっと話そう。)
  • I’d love to talk some more but I’ve got to go . My last train is leaving in 10 minutes!(もっと話したいところだけど、もう行かないと。終電があと10分で出ちゃうからさ。)

4) In the back of one’s head(内心では)

“In the back of one’s head”は、直訳すると「頭の後ろ」ですが、口には出さないけれど心の奥底で思っていることや感じていることなど、日本語の「内心」に相当する表現になります。 “In the back of one’s mind”と言っても同じ意味です。

  • I knew in the back of my head that he wasn’t going to show up.(彼が来ないことは、うすうす分かっていました。)
  • I told him we’ll meet up for dinner sometime, but in the back of my mind I knew that wasn’t going to happen.(彼にいつか食事でもしようとは言いましたが、内心、その機会は訪れないと分かっていました。)
  • I knew in the back of my head that I was never going to talk to her again.(内心では、彼女とは二度と口を利くことはないと分かっていました。)

5) Roll out(出て行く)

“Roll out”は、お店やレストランなどから出て行くことを意味する口語的な表現です。主に若者の間で使われ、「出発しよう!」や「行こうか!」など “Leave”の代わりに使われます。

  • Did you pay tip? All right, let’s roll out!(チップは払った?じゃあ行こうか!)
  • The bar we went to last night looked pretty sketchy so we had one drink and rolled out.(昨晩行ったバーはかなり怪しかったので、1杯だけ飲んで店を出ました。)
  • What time do you want to roll out tonight?(今夜は何時に出発する?)

 

Vocabulary(単語)

  • Unwanted conversation・・・厄介な会話
  • Go in wrong direction・・・おかしな方向に
  • Probe・・・探る

Expressions(表現)

  • A, B, C・・・一つ目は、二つ目は、最後に
  • Come off・・・印象を与える
  • Pull out・・・取り出す

 

登場人物紹介

Adam Green(カフェトーク)

Adam Green

オンライン英会話レッスン「カフェトーク」に在籍する英語講師。これまで日本を含め10年以上にわたって英語講師としての経験があり、用途に応じて楽しく効果的なレッスンを提供してくれます!→ カフェトークのプロフィールはこちら

Cody

Cody S.

オンライン英会話レッスン「カフェトーク」に在籍する英語講師。明るく爽やかでとてもフレンドリー!英語を教えることに熱意があり、親切・丁寧に楽しいレッスンを提供してくれます!→ カフェトークのプロフィールはこちら

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. HYUSOO KIM より:

    英語が必要です

  2. Kotone より:

    こんにちは じゅんさん
    前回のポッドキャストはjuryが結果を表すとは知りませんでした。今回はアダムように上手に話題を変えられたらいいなと思ったのと、私はどちらかというとコディのように、銀口座ないよ、といったりするタイプで、近い友達にはThat’s a personal matterといったこともあります。そういってしまったあとは、淳さんがいうように、Well, I’ve gotta goで会話を切り上げます。楽しいポッドキャストをありがとうございました。
    Have a great time in Siesta!

    • Kotone より:

      Ooopsy! Siesta means to take a nap!

    • Jun より:

      Hi Kotone!

      私もどちらかというと、Kotoneさん/Codyタイプです(笑)実は、ダイレクトに言うのが意外と下手で・・・特に日本語喋っていると(汗)SpainでSiestaしました。It was so fun and relaxing! I had a great time 🙂

  3. Nana_77 より:

    こんにちは!最近になってポッドキャスト、Youtubeなどで勉強させてもらっています。
    今回のAdamさんとCodyさんの会話の中盤に、Adamさんが”it can go as far as”と言っていますが、これはどういったニュアンスになりますか?
    go や get, comeなどの小学生で習うような簡単な単語がもつ多様な意味にいつも悩まされています。。。

    • Jun より:

      Nanaさん

      こんにちは!いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。”Go as far as”は「〜まで行く」を意味し、ここでは何かの限界ラインを示しています。「会話を切り上げてもいいよ。本当に嫌だったらそこまでしちゃってもいいよ」という極端なことをする意味合いが含まれます。「as far as」は確かに日常会話で出てくるフレーズの一つなので、いつかブログにアップします!

  4. […] ジュン先生によるPodcastで、ネイティブスピーカー同士の会話とその内容の解説が主です。ホームページに会話のスクリプトや解説も載っています。なので、聞いた内容を家で確認してまた聞いて。。としていたら反復学習になって効果的な気がしています。 […]

  5. Lili より:

    あれっ
    ジュンさん、会話内容の表示が「オリンピック」になっています。

  6. Yuri より:

    Junさん

    こんにちは!いつもはyoutubeを見ていてはノートに書き写してましたが、つい先日、書籍があることを知りAmazonで買いました!明日届くのでワクワクしてます。
    英語関連のyoutubeや、テキストは色々みすぎて迷子状態でした……..毎日英語の勉強はしているもの、あちこち手をつけすぎて何が何だか 笑笑
    コツコツと、かつ、しっかりと学びたい、とにかく自分が落ち着いてやり続けれるものを探してました。

    ヒップトークLA にない分は、ウェブでダウンロードします!!!
    ポケットWi-Fiがない私にとってはPodcastの方が携帯の通信量を抑えれて便利です!

    頑張ります!!

    • Jun より:

      Yuriさん

      こんにちは!”Hip Talk LA”を購入していただき、ありがとうございます!!I hope you enjoy the book 🙂 色々な本や教材に手をつけるよりは、何でもいいので、一つのものを最初から最後まで学習するといいでしょう。Yuriさんが言うように、自分のペースでコツコツと学習していくことがいいと思います。頑張ってください〜!

  7. Takeshi Maza より:

    Hi! Jun
    Nice to meet you.
    友人にBoston出身の友人がいるのですが、彼の ”I’II have whatever you’re drinkinng”の発音が全く聞き取れないです。私がどう聞いても” alv ever ywa drinkig”にしか聞こえません。
    実際には、どう発音したらいいのでしょうか?
    I await your reply!

    • Jun より:

      Hi Takeshi!

      こんにちは!私はロス出身なので、おそらくTakeshiさんのボストンの友達と発音の仕方が違うと思います。西海岸と東海岸の英語って微妙に違うんですよね(笑)LAスタイルで言えば、「I’ll have whateva ur drinkin」という感じでしょうか。「I’ll」の部分はかなりさらっと言うかな。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト