日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第110回「オリンピック」

Released: 2016.08.20

第110回目のポッドキャストのテーマは「オリンピック」です。今日は、新ゲストのコーディーとエピソード88−97に登場したアダムを迎えています。今回の会話の話題はオリンピックです。彼らが最も好きなオリンピック種目とオリンピックの魅力について話し合います。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「オリンピック」

【Cody】Adam, when you watch the Olympics what events do you like to watch? What sports do you like to see?

【Adam】So for the Summer Olympics, all the summertime sports…this is great, and, yeah it’s going to be in Japan in, uh in four years from now and this time around it’s in Brazil. There is one sport that I like to watch for the Olympic—I…there are many sports. However, uh Men’s Olympic Basketball is my favorite…

【Cody】Yeah.

【Adam】…because it takes all the NBA stars, the top tier talent…

【Cody】Right.

【Adam】…and it puts them against the other international, uh squads. So all the players in the NBA—if anyone here follows the NBA—all those guys, they represent their countries…

【Cody】Mm hm.

【Adam】…and then they play the American guys, and I like it when it gets kind of close, and…usually, uh it’s traditionally the American men are dominant in that sport.

【Cody】Right.

【Adam】I like it when an international team—Spain or Argentina—kind of pushes the American team so that it gets pretty competitive, and then everyone’s a little worried who’s gonna (going to) medal in that sport. I get pretty excited about that.

【Cody】Sure that takes things to a whole new level and isn’t it kind of interesting to see these guys who are normally so competitive…

【Adam】Mm hm.

【Cody】…and boisterous against one another kinda (kind of) come together and…

【Adam】That—that’s a great…

【Cody】…do it for their country.

【Adam】Yeah, for their country. That’s right. So enemies during the regular, professional season, uh colleagues and, uh playing on the same team with each other, it brings everyone together for their country, and I think that’s the essence of the Olympics; representing your country.

【Cody】It’s a beautiful thing, beautiful thing. Now is there anything else that you watch, but you could never personally do yourself?

【Adam】Oh, see whenever I watch something I always think to myself, “I can do that.”

【Cody】Right on. (laughs)

【Adam】And the number one thing is, when I think of the Olympics, I think of things that you don’t normally see, like Track and Field…

【Cody】Oh yeah.

【Adam】…the Decathlon. So how can I…could I do the high jump? Could I do the pole vault?

【Cody】Right.

【Adam】I don’t know where I could even go to put my hands on the pole vaulting equipment to get—to practice that, and there are guys who are training for this…

【Cody】Oh yeah.

【Adam】…for their whole lives, to go ahead and execute in front of a live crowd. The whole world is watching for gold, uh I’m pretty riled up right now. I’m pretty excited about the Olympics.

【Cody】Yeah, and they make it look so easy. I’ll tell you, I’ve tried track and field before, and some of the events like the shot put—I dislocated my shoulder the first time I practiced that.

【Adam】Wow, oh man.

【Cody】And when you watch it on TV it just looks effortless, uh you know? So I really admire the way they do it with a sense of ease and cool.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What is Adam’s favorite Olympic sport?
    アダムが大好きなオリンピック競技は何ですか?
  2. What do Cody and Adam both find beautiful about Men’s Olympic Basketball?
    オリンピック男子バスケットボールについて、コディとアダムは何が素晴らしいと思っていますか?
  3. What track and field event did Cody dislocate his shoulder playing?
    コディは何の陸上競技をやって肩を脱臼しましたか?

 

Answers(解答)

  1. His favorite Olympic sport is Men’s Olympic Basketball.
    彼の大好きなオリンピック競技は、男子バスケットボールです。
  2. Cody and Adam like seeing the normally competitive American basketball players come together to represent their country on the Olympic Team.
    コディとアダムは、普段は敵対しているアメリカのバスケットボール選手たちが、オリンピックのチームでは、自国の代表として団結してプレーしている姿を見るのが好きです。
  3. Cody dislocated his shoulder in the shot put.
    コディは砲丸投げで肩を脱臼しました。

 

Summary(要約)

Cody and Adam talked about Olympic sports and the Olympics in Rio de Janeiro. Adam said his favorite Olympic sport was Men’s Olympic Basketball.
コディとアダムは、オリンピック競技およびリオデジャネイロで行われているオリンピックについての話をしました。アダムは、好きなオリンピック競技は男子バスケットボールだと言いました。

Adam enjoys watching Men’s Olympic Basketball because he likes seeing other countries challenge the American team, which is usually dominant. Cody likes how the normally competitive basketball players come together and represent their country on the Olympic Team.
アダムは、オリンピック男子バスケットボールの試合を見るのを楽しんでいます。なぜなら、世界トップの座に君臨しているアメリカのチームに、他国のチームが挑戦するところを見るのが好きだからです。コディは、普段は敵対している選手たちが、オリンピックのチームでは自国の代表として団結してプレーする姿を見るのが好きです。

For Adam, the first event that comes to mind when he thinks of Olympic sports is The Decathlon. He enjoys watching the Decathlon because it’s typically an event you can only watch during the Olympics.
オリンピック競技といってアダムが最初に思い浮かぶ種目は10種競技です。通常はオリンピック期間にしか見られない種目のため、彼は10種競技を楽しんで観戦します。

Adam and Cody both admire the skill and ease with which Olympians play their sports. Cody talked about how difficult some of the events for track and field could be. He recalled an experience in which he dislocated his shoulder playing in the shotput event.
アダムとコディは、オリンピック選手たちの技術、および彼らが自分の競技を難なくやってのける様を称賛しています。コディは、陸上競技の種目がいかに難しいかについて話しました。彼は砲丸投げをした時に、肩を脱臼した経験を思い出しました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Squad(チーム / 仲間)

本来 “Squad”は特定の任務を割り当てられている「分隊」を意味する軍事用語ですが、日常会話ではスポーツの「チーム」を指します。また最近では、若者の間で仲の良いグループの「仲間」を表すスラングとしても用いられています。

  • Who made the Olympic squad?(誰がオリンピック代表チームに選ばれたの?)
  • I hope the Japanese Olympic squad comes up big at the Summer Olympics.(夏のオリンピックで日本のオリンピック代表チームが活躍するといいね。)
  • I went out to a club with my squad last night.(昨晩、仲のいい友達らとクラブに行ったよ。)

2) Medal in(メダルを取る)

“Medal(メダル)”を名詞として覚えている方が多いと思いますが、実は動詞として使うこともあります。動詞の場合は、基本的に“Medal in” の形で、 「金メダル」や「銀メダル」などメダルの種類を問わず、漠然と「メダルを取る」ことを表します。

◎具体的に「金メダルを取る」という場合は「Win a gold medal」と言います。

  • That swimmer medaled in 6 of the 8 events.(あの水泳選手は8種目中、6種目でメダルを獲得しました。)
  • What Olympic event do you think Japan is going to medal in?(日本は何のオリンピック種目でメダルを取ると思いますか?)
  • The USA Men’s Basketball team is going to win the gold medal.(アメリカの男子バスケットボールチームが金メダルを取るでしょう 。)

3) Essence(本質 / 核心)

“Essence”は「本質」を意味する単語で、物事の本来の性質や最も肝心な点、または根本的な要素などを表します。「〜の本質」は“Essence of_____” 、「本質的には」は “In essence, _____”と表現します。

  • I believe the essence of communication is being a good listener.(コミュニケーションの本質は、良い聞き手であることだと思います。)
  • What do you think is the essence of happiness?(幸せの本質は何だと思いますか?)
  • She’s shy around strangers but in essence she is really personable.(彼女は人見知りをしますが、本質的にはとても愛想がいいです。)

4) Right on(いいね)

“Right on”は、日本語の「いいね」や「やったね」のように、相手の発言に賛同や同意をする際に用いるくだけた相づち表現です。 “That’s awesome.”や “That’s cool.”などと同様、特に深い意味はなくポジティブな相づちとして使われます。

  • You started surfing? Right on.(サーフィン始めたの?いいじゃん!)
  • You found a job? Right on. What kind of job is it?(仕事見つかったの?よかったじゃん!どんな仕事なの?)
  • Right on. I get off work early today. Let’s go Happy Hour.(よし!今日は仕事が早く終わるし、ハッピーアワーに行こう!)

5) Rile someone up(イライラさせる / 興奮させる)

“Rile someone up”は、2つの意味を持つ日常表現です。1つ目は、誰かをひどくいらつかせて怒らせることを意味します。イメージとしては、大声で叫んで怒鳴るほどの怒りになります。2つ目は、 “very excited”と同じ意味合いで、ものすごく興奮している状態を表します。今日の会話でアダムは、オリンピックの話に夢中になって「I’m pretty riled up」と興奮していることを表現しましたが、ここではポジティブな意味合いになります。

  • His rude remarks riled up my boss.(彼の失礼な発言に私の上司は激怒しました。)
  • He gets riled up when he starts talking about Donald Trump.(彼はドナルド・トランプについて話し始めると興奮します。)
  • Why is your dog so riled up? Can you calm him down?(何であなたの犬はそんなに興奮してるの?落ち着かせてくれる?)

 

Vocabulary(単語)

  • Top tier talent・・・才能のある一流選手
  • Dominant・・・君臨している
  • Boisterous・・・荒々しさ
  • Dislocate・・・脱臼

Expressions(表現)

  • This time around・・・今回は
  • Take things to a (whole) new level・・・全く新しい次元
  • Come together・・・団結する
  • It’s a beautiful thing・・・素晴らしいことだよ

登場人物紹介

Adam Green(カフェトーク)

Adam Green

オンライン英会話レッスン「カフェトーク」に在籍する英語講師。これまで日本を含め10年以上にわたって英語講師としての経験があり、用途に応じて楽しく効果的なレッスンを提供してくれます!→ カフェトークのプロフィールはこちら

Cody

Cody S.

オンライン英会話レッスン「カフェトーク」に在籍する英語講師。明るく爽やかでとてもフレンドリー!英語を教えることに熱意があり、親切・丁寧に楽しいレッスンを提供してくれます!→ カフェトークのプロフィールはこちら

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Akiko より:

    Jun先生、podcast最近聴き始めました。とても勉強になり「何でもっと早く始めなかったんだろう」と思っています!
    一つ質問したいのですが、4)Right onの例文の一部に Let’s go Happy Hour.というのがありますが、このHappy Hourは副詞として使われるんですか?名詞として使われることもありますか?例えば go for Happy Hourとか…。教えて頂けると助かります、よろしくお願いいたします。

    • Jun より:

      Akikoさん

      こんにちは。Podcastがいい勉強になっているようで良かったです!”Happy hour”は名詞なので、厳密に言うと「Let’s go for happy hour」や「Let’s go to happy hour」が正しい表現の仕方になりますが、日常会話では砕けて「Let’s go happy hour」とも言います。基本、「名詞」として使えば問題ないでしょう!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト