日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第107回「日本のゴミ箱事情」

Released: 2016.07.16

第107回目のポッドキャストのテーマは「日本のゴミ箱事情」です。今日の会話では、モニークとメルセデスが日本のゴミ箱の少なさについて話します。日本では、公共の場でゴミ箱が少ないにも関わらず、街がとても綺麗です。今日のエピソードでは、モニークとメルセデスが、日本はどのように清潔感を保っているのかについて話します。

iTunesでダウンロード

会話内容「日本のゴミ箱事情」

 

【Monique】So in Sapporo, were you able to find trash
cans? (laughs)

【Mercedes】No, actually. I was not, and for a while I
thought it was just me. Maybe I was blind to trash cans or I was just looking in the wrong place, but…yeah I learned that this was kind of a typical Japanese thing…yeah.

【Monique】Yeah, I wasn’t sure if it was just like, Tokyo…

【Mercedes】Right.

【Monique】…or, like other places, but no. Uh…but it was really funny‘cause (because) of course if there was a festival going on, they’d be everywhere.

【Mercedes】Right.

【Monique】But as soon as the festival‘s over…nothing.

【Mercedes】They disappear. (laughs)

【Monique】They all disappear.

【Mercedes】Yeah.

【Monique】Uh…when I went to Tokyo Disneyland for the first time…

【Mercedes】Mm hm.

【Monique】…as soon as I entered, I was like,“This is heaven.” Not because it’s Disney, but because I was like, “I can throw things away.”

【Mercedes】I know.(laughs)

【Monique】It was so nice, um…but it’s amazing. You can’t find any trash cans, and yet it’s so clean. (laughs)

【Mercedes】Yeah, I never understood how that worked. Um, I would find myself sometimes carrying around the same empty bottle of Pocari Sweat for, like eight hours.

【Monique】(laughs)

【Mercedes】And it maybe wouldn’t be until I got home that I actually got to throw anything away, and so I was always asking my friends, like,“How is this country so clean, and yet there’s nowhere to dispose of your trash?”

【Monique】Do they all just go inside McDonald’s? (laughs)

【Mercedes】(laughs)

【Monique】Or KFC and throw it away there?

【Mercedes】I definitely…I definitely did that too. Sometimes I felt kinda (kind of) bad, I would just, like run into McDonald’s really fast, and, like throw away, like a bag full of trash, and just run away. (laughs) Like, I hope they didn’t see.

【Monique】(laughs)

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. When did Monique say she could see trash cans in Tokyo?
    モニークは、東京ではどんな時にゴミ箱が見つかると言いましたか?
  2. What was Monique happy about with Disneyland in Tokyo?
    モニークは、東京ディズニーランドで何に喜びましたか?
  3. What fast food restaurant did Mercedes go into to throw away her trash?
    メルセデスはゴミを捨てるために、どのファストフードレストランに入りましたか?

 

Answers(解答)

  1. She said there were trash cans in Tokyo during specific events.
    東京では、特別なイベントの開催期間中はゴミ箱があると言いました。
  2. She was happy there were trash cans there for her to throw things away in.
    ディズニーランドにはゴミ箱があったことに喜びました。
  3. She would go into McDonald’s to throw away bags of her trash.
    彼女はマクドナルドに入り、ゴミを捨てました。

 

Summary(要約)

Mercedes was unable to find trash cans during her time in Sapporo. Monique also was unable to find trash cans during her time in Tokyo, except if a special event was going on.
メルセデスは札幌で暮らしている間、ゴミ箱を見つけることができませんでした。モニークもまた、東京で暮らしている間、特別なイベントが行われている場合を除いては、ゴミ箱を見つけることができませんでした。

Monique enjoyed Disneyland Tokyo because trash cans were present there. She was amazed at how clean Japan as a country was, despite a great overall lack of trash cans.
東京ディズニーランドにはゴミ箱があったので、モニークは煩わしい思いをせず楽しめました。日本は全体的にゴミ箱が非常に少ないにもかかわらず、街が非常にキレイであることに、彼女はとても驚きました。

There were times Mercedes would carry her empty plastic bottle all day because she couldn’t find a trash can. Mercedes was also amazed by the cleanliness of Japan.
メルセデスは、ゴミ箱が見つからず、空のペットボトルを1日中持ち歩いていたことがありました。彼女も日本の清潔さには驚きました。

Mercedes recalled that she used to take bags of her trash to McDonald’s. She wanted to throw away her trash in the restaurant with the hope that no one saw her enter.
メルセデスは、自分のゴミをマクドナルドで捨てていたことを思い出しました。彼女は、誰にも見られないように、自分のゴミを店内のゴミ箱に捨てていました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Look (for) in the wrong place(見る場所 / 探す場所を間違える)

“Look in the wrong place”は、何かを探したり調べたりしている時に、見るべき場所を間違えていることを表すフレーズです。 “Look (for)”の後に、探している対象を置きます。

  • You are looking in the wrong place.(見てるところが違うよ。)
  • You are looking for love in the wrong place. You’re not going to meet anyone decent at the bar.(恋人を探す場所を間違えているよ。バーじゃ、ろくな人に出会わないよ。)
  • I can’t find your keys. I think I’m looking in the wrong place.(君の鍵が見つからない。探す場所が間違ってるのかも。)

2) I was like(~な感じでした / ~と言いました)

過去の出来事を話す時に「~という感じだった」「~のようだった」などの意味として用いられ、ネイティブの会話では非常によく使われる口語表現です。“I was like…”の後に、自分がその時に感じたことや考えていたことを述べます。 “I was thinking to myself…”に置き換えると分かりやすいでしょう。

◎その他、「◯◯さんが~と言った」と表現する際に、 “He/She said…” の代わりに“He/She was like…”とネイティブはよく言います。

  • When I went to an American restaurant for the first time I was like this is way too much food.(初めてアメリカのレストランに行った時は、「量が多過ぎ」って感じでした。)
  • My friend really loved it in LA and she was like “I’m going to move here one day.”(私の友達はロスをすごく気に入って、「いつかここに引っ越す」と言っていました。)
  • When I saw the fireworks in Japan, I was like “this is the best fireworks I’ve ever seen.”(日本で花火を見た時、「これまでの中でも最高の花火だ」って感じがしました。)

3) Throw away(捨てる)

不要な物を捨てることを表す日常表現が” Throw away” です。捨てる物を “throw”と “away”の間、もしくは”throw away”の後に置きます。例えば、「あのシャツを捨てなさい」は、「 Throw that shirt away.」と「Throw away that shirt.」の両方の言い方ができ、意味とニュアンスは全く同じです。

  • I threw away the boxes that were outside.(外にあった箱を捨てました。)
  • Don’t throw that away. That’s such a waste!(それ捨てたらダメだよ。もったいないじゃん!)
  • I can’t throw this watch away no matter what. It has sentimental values.(この腕時計には思い入れがあるから、何があろうと捨てられない。)

4) Get to do something(~をすることができる)

“Get to” は「~をすることができる」を表す砕けた言い方で、 “able to” に置き換えることができます。また、状況によっては「何かをする機会を得る」ことを意味します。“Get to”の後には動詞の原形が続きます。

  • I got to hang out with my sisters yesterday.(昨日は妹たちと一緒に過ごすことができました。)
  • She got to meet the singer in person.(彼女はその歌手と直接会う機会を得ました。)
  • My company is really strict. I don’t get to take many days off.(私の会社はとても厳しく、あまり休暇を取ることができません。)

5) Run away(逃げる)

“Run away” は、危険な場所や状況、または人から「逃げる」意味として用いられ、“Escape”よりも口語的な言い方になります。「~から逃げ出す」「~から逃れる」は、“Run away from…”となります。その他、問題やトラブルなどを避ける意味合いとしても用いられます。

  • Why did you run away? There must be a reason you decided to run away.(なぜ逃げたの?逃げようと思った理由があるはずだよ。)
  • I ran away from home when I was in high school.(私は高校生の時に家出しました。)
  • You can’t run away from your problems. You have to face them head-on.(問題から逃げちゃダメだよ。真正面から向き合わないと。)

 

Vocabulary(単語)

  • Blind・・・気づいていない
  • Festival・・・祭り
  • Disappear・・・消える
  • Dispose・・・捨てる

Expressions(表現)

  • It was just me・・・私だけかもしれませんが〜
  • As soon as・・・ 〜した瞬間
  • Find myself・・・ 気づいたら〜している
  • And yet・・・ 〜にもかかわらず
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. suika より:

    こんにちは。
    いつも楽しく利用させていただいております。

    今日のトピックの主旨とは少し離れますが、20年くらい前までは日本もいたるところにゴミ箱があったように思えます。

    多分、地下鉄サリン事件の後
    電車内や駅構内で不審物を見かけた場合。。。というアナウンスが流れ、
    まず駅構内などからゴミ箱が消えた記憶があります。

    あまり良い理由ではないですね。

    世界では色々なことが起こっていますね。
    これからもゴミ箱を街中に普通に設置できる、そんな世界を願います。

    • Jun より:

      Suikaさん

      メッセージありがとうございます。日本人の友達にゴミ箱のことについて聞いたとこ、Suikaさんと同じ返答をもらいました。やはり、サリン事件以来、公共の場ではゴミ箱が減ったんですね。

  2. […] ということで、今日も昨日のhit you upに引き続き、「使える+かっこいい」英語表現であるget toをHapa英会話の第107回「日本のゴミ箱事情」から学んでいきたいと思います。 […]

  3. Hiro より:

    こんにちは。いつも楽しく学習させていただいています。
    初歩的な質問ですが、
    I was likeという表現は過去の出来事に対して使っていますが、「今○○な感じ」と言いたい場合、
    I am likeと言えますか。

    またShe was likeのあと、”I am going to move…”という形ですが、She was like she was going to move…のように言えますか。

    よろしくお願いします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト