コース内容&申込

Curriculum&Apply

Past Premium Course

過去のカリキュラムは何時でも受講可能!
自分のペースで無理なく学習したい方にオススメ!

過去に実施したコースをお手頃な価格にて販売しております。
実施期間は設けておりませんので、何時でも好きなタイミングに始められ、ご自身のペースで学習を進められます。
※コース専属講師や有料コミュニティ『Hapa Buddies』など一部のサービスはご利用いただけません。

Hapa SchoolFall 2021

※応募締切まで残り

Hapa School Fall 2021

英語力向上のカギは短時間&高頻度の繰り返し!
限られた学習時間で確実に実践で使える英語を身に付ける8週間プログラム

Hapa School(旧Premium Course)は、ネイティブとの会話で役立つ日常英語フレーズや表現の習得に重点を置いたオンライン英語学習プログラムです(4学期制)。教科書で紹介される英語と実際に現地で使われる英語には大きなギャップがあり、日常英会話力を向上させるにはその溝を埋めることが重要です。Hapa Schoolで提供されるコンテンツはそんな溝を埋めるために開発されており、日常の様々なシーンを想定して作られたカリキュラムに取り組むことで、着実に実践で使える自然な英語力を身に付けることができる内容となっています。

1日の課題をこなすのに必要な学習時間は30分程度なので、英語の学習時間をがっちり確保するのが難しい人でも、通勤時間や休憩時間、就寝前の自由時間などに課題に取り組んでいただけます。また、ちょっとした隙間時間にコースで提供される単語帳アプリを使って何度も復習を繰り返すことで、着実に学んだ表現が身に付きます。1回の学習時間は短くても、学習する頻度を上げることでより効率よく英語表現を習得することできます。

プログラム期間中は、バイリンガル講師による質問回答サービスやネイティブ講師による添削サービスの提供、YouTubeライブレッスン(8回)、Zoomミートアップの開催(2回)、Junのオンライン学習相談会の実施などあらゆる側面から受講生の学びをサポートします。当プログラムは、集中学習で英語の表現力をアップさせたい方やより自然な英語表現を身に付けたい方にお勧めのプログラムとなっています。

2021年10月17日よりスタートする秋期コースでは、ネイティブが日常会話でよく使うイディオムと句動詞(Phrasal verb)を学んでいきます。
英語には数多くのイディオムや句動詞があり、その中から今実際に使われている表現がどれかを区別することは、英語学習者にとっては非常に難しいことです。今学期のHapa Schoolで紹介していくイディオムと句動詞は、今まさにネイティブが会話で使用しているものだけを厳選した内容となっているため、生きた英語を確実に学んでいただけます。また、コースで紹介するフレーズにはビジネスシーンで使えるものも数多く含まれているので、職場で使える英語を学びたい人にもおすすめのコースとなっています。

実施期間

2021年10月17日~2021年12月12日の8週間

費 用

15,000円 (税込)/各学期

応募締切

2021年10月14日(木)

対象レベル

TOEIC400点〜550点程度(英検準二級〜二級程度)(あくまで目安です。)

コース内容
  • 日々の学習法&課題の提供(月曜~金曜、8週間)
  • バイリンガル講師による質問回答サービスの提供
  • ネイティブ講師によるアウトプット&ジャーナル投稿の添削サービスの提供
  • 単語帳アプリQuizletを使ったクイズの提供
  • オンラインテストの実施
  • Junの学習相談会の実施
  • Welcomeライブセミナーの開催(10月17日午前10時から60分)
  • ライブレッスンの配信*(毎週金曜日午前8時から60分、全8回)
  • Zoomミートアップの開催*(全2回)
    • 2021年11月14日(日) 10:00am-11:30am (90分)
    • 2021年12月12日(日) 10:00am-11:30am (90分)
*ライブレッスン及びZoomイベントのスケジュールは都合により変更になる場合がございます。
学習フレーズ*

Week1

  1. Do one's homework / Use up / Walk on eggshells / Dive into / Play devil’s advocate / Pan out / Up for grabs / Go to waste

Week2

  1. Elephant in the room / Ease into / Off a tangent / Chip away at / It goes without saying / Stick up for / Up to par / Leave out

Week3

  1. When all is said and done / Brush off / Go/Get nowhere / Follow up / Safe and sound / Stay out / Keep options open / Catch on

Week4

  1. 前半の復習(Week1からWeek3の復習)

Week5

  1. In the neighborhood of / Take something lightly / Fall in one's lap / Pull up (car, info) / In all shapes and sizes / Blow off / In all likelihood / Lighten up

Week6

  1. Second nature /Knock out / Split hairs / Point out / Through thick and thin / Have nothing to do with / Written all over someone's face / Fool around

Week7

  1. Running on fumes / Top off / Bear in mind / Believe in / God forbid / Carry on / Make a mental note / Cross off

Week8

  1. 後半の復習(Week5からWeek7の復習)
*一部予告なく変更になる場合がございます。
日々の課題

当コースで提供される日々の課題は、受講者が自分自身の経験をもとに、学習したテーマについて英語で話せるようになることを目的に構成されています。
1日の課題は毎週月〜金曜日の早朝に公開されます。
1日の学習課題のなかで何か疑問や不明な点などがあれば、受講者専用サイトにて質問を投稿することで、コース専属の英語講師が回答いたします。
学習課題の体験版を試したい方はこちら。

1日の学習の流れ

月曜日~木曜日

  1. 1.今日のフレーズと例文を学習する
  2. 2.時間に余裕があればExtra Practiceの練習問題に取り組む
  3. 3.キーフレーズを使って英文を作る(アウトプット投稿、ネイティブ講師の添削サービス対象)
  4. 4.課題の中に疑問点があればバイリンガル講師に日本語で質問をする

金曜日

  1. 1.1週間を通じて学んだキーフレーズや例文の復習
  2. 2.キーフレーズを使ってジャーナルを書く(ネイティブ講師の添削サービス対象)
参加条件
  • インターネットに接続できる方。
  • 常に連絡のとれるメールアドレスをお持ちの方。
キャンセルポリシー

プログラム開始まで3日をきった場合(2021年10月14日以降)、またはプログラム開始後のキャンセルは、原則的に返金いたしかねます。それ以前のキャンセルであれば全額返金いたします。(返金の手数料はお客様のご負担となります。)

その他
  • 原則的に個人的な質問お受けできません。
    プログラム全般に関するご質問はこちら よりお願いいたします。
  • オンラインセミナーの参加方法については、参加者のみ後日ご案内いたします。
  • 領収書は受講料のご入金確認後、HAPAオンラインショップMyページ→購入履歴一覧→該当する注文→購入履歴詳細→同ページ内「領収書ダウンロードボタン」よりダウンロードいただけます。
  • 春学期のときのアンケートで「毎回前回の復習をしたい」という要望に応えていただいてありがとうございました。しっかり覚えられたので、アウトプットの課題で前に学んだフレーズも使えるようになりました。課題の分量も前回よりもちょうどよく、負担になることがありませんでした。なにより課題を進めていくうちに、がんばって覚えようとしなくても自然に覚えることができてとても身につきました。LIVEで使い方が間違っている例を取り上げていただけたのもとても良かったです。理解が深まりました。Phrasal Verbsは自分で覚えるのが大変だと感じていたので、ぜひまたコースで取り上げていただけたら嬉しいです。
  • 初めて参加で、勉強時間が確保できるか不安がありましたが、オリエンテーションのJunさんのアドバイスにより、勉強する場所や時間を決めて書いたところ、なんとか大幅な遅れを取らず、終了でき、とても勉強になりました。復習の日や復習ウィークがあるのがありがたかったです。また、ライブレッスンでの解説がわかりやすく、理解が深まり、復習にも役立ちました。参加してよかったと思っています。
  • 学習相談室があることで、同じような学習者の様子が分かり、次に進むためのヒントがあるので、とてもいいです。
  • 学んだことを実践できるようにミートアップやバイリンガル講師のレッスンを受講してみようと思います。自信をもって実践の場にチャレンジしたいと思います。