日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

「I was going to」と「I was supposed to」の使い分け

「I was going to」と「I was supposed to」の使い分け

英語で「〜するはずだった」と表現する際、恐らく多くの方は「supposed to」を使っているかと思います。しかし、ネイティブは同じような意味合いで「I was going to」というフレーズもよく使います。しかし、両フレーズには微妙なニュアンスの違いがあるので、今日はそれぞれの用法についてご説明いたします。

続きを読む

アメリカ人は「今何時ですか?」をどう言う?

動画で英語

ネイティブに「今何時ですか?」って英語で時間を尋ねる場合、皆さんはどのように聞きますか?恐らく中学校では「What time is it?」と習った人が多いかと思います。しかし最近では「Do you have the time?」が正しい聞き方であると教わっている人もいるようです。そこで今回、アメリカ人は実際にどのように時間を聞くのか、ロス在住の7人のアメリカ人に聞いてみました。「What time is it?」なのか?「Do yu have the time?」なのか?それとも、他の言い方があるのか?

続きを読む

「相性が良い講師」と「印象が良い講師」の違い

「相性が良い講師」と「印象が良い講師」の違い

ご無沙汰しております。Hapa英会話スタッフのRyomaです。カフェトークでスカイプ英会話レッスンをやり始め、およそ半年が経ちました。これまで受講してきた講師の合計人数も、前回の投稿時の36名から57名まで増え、受講したレッスン数は147にも及びます。これだけやれば、自分にピッタリの講師も沢山見つかり、自分のオリジナルカリキュラムが完成・・・のはずだったのですが、現実はそう甘くはありませんでした。

続きを読む

第97回「英語上達へのプロセス」

Hapa英会話 Podcast

第97回目のポッドキャストのテーマは「英語上達へのプロセス」です。今日の会話では、エディーさんとアダムさんが英語を習得するにあたって最後のアドバイスをします。エディーさんは流暢に英語を話せるようになるための学習段階をわかりやすく説明します。

続きを読む

第96回「ビジネスメールの書き方」

Hapa英会話 Podcast

第96回目のポッドキャストのテーマは「ビジネスメールの書き方」です。英語でビジネスメールを書く際、どのように書くべきか悩んだことはありませんか?今日の会話では、エディーさんが適切なビジネメールのエチケットと書き方について説明をします。今日から皆さんも活用できそうな、簡単な3つのステップを紹介してくれます。

続きを読む

「マンネリ化」を英語で表現

「マンネリ化」を英語で表現

日本語では、思考や行動などが型にはまり新鮮さがなくなることを「マンネリ化」と表現しますが、英語では何と言うかご存知ですか?「マンネリ」は、“Mannerism(マンネリズム)”を省略している言葉ですが、英語(Mannerism)は「マンネリする」という意味では用いられません。今日は日本語の「マンネリ化」を表す最も自然な表現をご紹介します。

続きを読む

「Busy(忙しい)」の表現に飽きた方へ

「Busy(忙しい)」の表現に飽きた方へ

忙しいことを「I’m busy」のように「Busy」を使って表現することを知らない人はいないかと思います。しかし、毎回「Busy」を使って同じ言い回しをしている自分に嫌気がさしたことはありませんか?「忙しい」は誰でも頻繁に口にする言葉なだけに、ぜひ表現のバリエーションを増やしておきましょう。

続きを読む

第95回「アメリカの早口言葉」

Hapa英会話 Podcast

第95回目のポッドキャストのテーマは「アメリカの早口言葉」です。今日の会話では、アダムさんとエディーさんが早口言葉について話します。一般的に早口言葉は子供が遊ぶゲームですが、アダムさんとエディーさんは、発音矯正にも効果があると説明します。今日の会話を聞きながら、皆さんもアメリカの早口言葉が言えるかどうかチャンレジしてみてください。

続きを読む

「Are you hungry?」と「You’re hungry?」は意味が違う?

「Are you hungry?」と「You’re hungry?」は意味が違う?

ネイティブの日常会話で文法ルールを無視した表現が飛び交っていることは既に多くの方がご存知かと思います。変な言い方ですが、中でも最も一般的に文法ルールに反して表現される一つが、肯定文で質問をするパターンです。今日のコラムでは「You’re hungry?」と「Are you hungry?」を例にしてご説明いたします。

続きを読む

Advertisement