日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

3月7日(土)10時より、皆さんの英語の悩みや質問にJunが返答するライブ配信を実施します!

3月7日(土)午前10時より、Youtubeライブ配信『英語のあれこれ vol. 7』を行うことが決定しました。当日のライブ配信では、ユーザーの皆様が抱く英語に関する悩みや質問にJunが答えますので、ご質問をお持ちの方はページ下部の質問フォームから、またはTwitterやインスタグラムにて#askhapaで是非ご投稿ください。皆様からのご応募を心よりお待ちしております。

続きを読む

第276回「アメリカ人の肥満原因」

Hapa英会話 Podcast

第276回目のポッドキャストのテーマは「アメリカ人の肥満原因」です。今日のエピソードではクリスとクリスチャンがアメリカの肥満問題について議論をします。アメリカは、世界で最も肥満が多い国の一つと言われています。一体、アメリカの肥満の原因は何なのでしょうか?クリスとクリスチャンが考える多くのアメリカ人の肥満原因を聴いてみましょう。

続きを読む

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるセミナー中止とご返金に関するお知らせ

お知らせ

いつもHapa英会話をご利用いただき誠にありがとうございます。

Hapa英会話では、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、3月20日から4月1日かけ開催を予定しておりました『英語のできないをできるにするコツ』の開催は中止とさせていただくことになりました。楽しみにしてくださった皆さまには大変申し訳ございません。

いただきました参加費は、全額返金対応をさせていただきます。
すでにお申し込み済みの方には返金に関するご案内メールを個別にお送りしていますので、お手数ですがご確認をお願いいたします。

尚、今回開催予定でした【英語ができないをできるにするコツ】は、オンラインセミナーとして開催する予定です。日時・詳細が決定いたしましたら、Hapa英会話のブログページやメルマガ等でお知らせいたします。

ご不明点・ご質問がございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

Hapa英会話
 

Junからのメッセージ

LAで日本食レストランを次々と展開する日本人にインタビュー

1992年にロサンゼルスにオープンした焼鳥屋さん(新撰組焼き鳥 本店)を皮切りに、ちゃんこ鍋、ラーメン、しゃぶしゃぶなどの日本食の飲食チェーンを次々とLAに展開する『新撰組』代表の重田さんにインタビューしてきました!

関連動画: ロサンゼルスで日本の印象アップに貢献する新撰組?
続きを読む

第275回「高まるビーガン人気」

Hapa英会話 Podcast

第275回目のポッドキャストのテーマは「高まるビーガン人気」です。今日の会話では、クリスとクリスチャンが高まるビーガン人気について意見交換をします。なぜ、ビーガンダイエットは普及しているのでしょうか?ビーガンについて二人がどう思っているのか、彼らの会話を聴いてみましょう。

続きを読む

度合いによって使い分ける「嫌い」の英語表現

度合いによって使い分ける「嫌い」の英語表現

誰でも嫌いな物ってあると思いますが、「嫌い」や「あまり好きじゃない」または「嫌いじゃないけど好きでもない」などのように、どの程度「嫌い」なのかで日本語の表現の仕方は異なりますよね?実は英語も同様のことが言えます。英語でも自分が抱く嫌悪感の程度を適切に表現できるようになりましょう!

続きを読む

第274回「バレンタインデーの予定」

Hapa英会話 Podcast

第274回目のポッドキャストのテーマは「バレンタインデーの予定」です。今日より新しいシリーズがスタートします。今回はスピーカーのクリスチャンとクリスがバレンタインデーの予定についてシェアしてくれます。二人は自分の彼女をどこに連れていくか、そして何をプレゼントするかについて話し合います。クリスチャンとクリスの会話を聴きながら、アメリカ人がどのようにバレンタインデーを祝うのかを学びましょう。

続きを読む

第273回インタビュー企画(Tomohiro Seo)「フードトラックで夢をかなえる」

Hapa英会話 Podcast

今日のゲストは瀬尾知弘さんです。Tomoさんは元々広島出身で、20年以上前にアメリカへ引っ越してきました。Tomoさんは約10年間、アメリカにある日系企業で働いていましたが、自分の夢を追うため会社を辞めました。Tomoさんの夢は、日系社会だけでなく、世界中の人々に貢献できる何かがしたい、というシンプルなものでした。食べ物には文化や言語の壁を超える力があると信じていたTomoさんは、日本食を世界中の人々に提供したいと考えました。しかし、レストランを始めるためのお金はなく、またシェフとして本格的な日本食を作った経験もないという厳しい現実に直面しました。そこで彼は一体どうしたのでしょうか?彼は、トラックを買ってフードトラックビジネスに飛び込み、和風カレーを提供しました。今日のインタビューは、自分を信じて一生懸命頑張って働くことについてTomoさんが語ってくれる刺激的な対談です。

続きを読む

11 / 184« 先頭...910111213...20...最後 »

Advertisement