日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2019.07.01

「即席で」や「ぶっつけ本番で」は英語で?

「即席で」や「ぶっつけ本番で」は英語で?

特に何の下準備やリハーサルもなく、いきなり本番に臨むことを「即興で」や「ぶっつけ本番で」と日本語では表しますが、英語ではどのように表現するのでしょうか?

Off the cuff
→ 「即席で / 即興の / ぶっつけ本番の」

この表現は、事前に準備をせずに即席で何かをすることを表し、特に発言やスピーチ、演技をぶっつけ本番で行う状況でよく使われます。Off the cuffは副詞または形容詞として用いられることもあり、形容詞として使う場合は「Off-the-cuff」のようにハイフンでつないで書きます。

  • Wing it(即興でやる)」も同様の意味。
  • I had to do a speech off the cuff.
    (即席でスピーチをしないといけませんでした。)
  • She is excellent at speaking off the cuff.
    (彼女は即興で話すのが得意です。)
  • He made an off-the-cuff remark at the meeting.
    (彼はミーティングで即席の発言をしました。)
  • I wasn’t prepared for my presentation at all. I just winged it.
    (プレゼンの準備は何もしておらず、即興でやりました。)

〜会話例1〜
A: How was the office party last night?
(昨晩の社内パーティーはどうだった?)
B: It was a lot of fun but my boss made me do a speech and I had to do it off the cuff.
(楽しかったのですが、上司にスピーチをするように言われて、即席でやらないといけなかったんだ。)
〜会話例2〜
A: Your speech was excellent! You did a great job!
(スピーチ素晴らしかったよ!すごくよかった!)
B: Thanks but I actually winged it. I was pretty nervous.
(ありがとう、でも実は即興でやったんだ。かなり緊張したよ。)

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. さいとうj より:

    いつもありがとうございます。楽しく勉強させて頂いております。

    素朴な疑問なのですが、日本語で言う”省略言葉”について教えてください。

    構文として正しくはないが、口語的には、例えば以下の様な省略をしても、
    正しく意味を伝えることは可能でしょうか?

    正しい構文の例:I’m just going to wing it.
    →口語的に省略:I wing it.

    ご回答頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

    • Jun より:

      さいとうさん

      いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます。英語も日本語と同じく、日常会話では省略できる言い方はありますが、日本語ほど多くないと思います。基本、フルセンテンスで表現をしないといけません。この文章も、”I wing it”だと意味が通じないので、 “I’m just going to wing it”と表現します。

      • さいとうj より:

        Jun先生
        ご回答いただきありがとうございます!

        基本はフルセンテンスで。
        →伝わることが最重要と考えています。正しく伝わる為には、やはりフルセンテンスの方が丁寧で、誤解を招くリスクも減りますね!

Jun にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム