日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第242回「ゲームで広がる世界」

Released: 2019.06.21

第242回目のポッドキャストのテーマは「ゲームで広がる世界」です。今日の会話ではジョシュアとステファンがビデオゲームについて会話を続けます。ジョシュアはビデオゲームを通してネットで出会った、ちょっと変わった人の話をシェアします。その人は、バーチャルの世界で結婚しているとジョシュアに言いましたが、一体どういう意味なのでしょうか?今日の会話を聴いて、考えましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「ゲームで広がる世界」

【Joshua】And so, you know, even today I still play video games. You know, I started Final Fantasy VII. I was addicted, seven games later, to Final Fantasy XIV, which is an online game. You know, you’d meet the most interesting people in those kind of games.
Um, the most interesting person I ever met in Final Fantasy XIV was actually a Japanese woman. I was trying to practice my Japanese. And she told me that this was her escape from reality. She was married, but that she was also married in the video game.
And I asked her, “Well, is that cheating?” And she’s like, “No, no. Game is game, and real life is real life.” And I was like, “I don’t know. I don’t know about that.” She’s like, “Yes, but I feel like I’m alive in the video game.” She was always online.
So I think gaming has kind of moved from that, where you’re just kind of into the story by yourself, to now you play with other people. And I don’t know if that’s a good thing, but I’ve met a lot of interesting people through video games. Some of which I met in, uh…some of them I’ve actually met in real life, which is, uh…if you’ve ever heard of “catfishing” people, um…yeah.
Some people have showed up, and I didn’t know who they were. You know, maybe they showed me a picture from high school, and that’s now twenty years later. I still look the same, from my high school, so you know. But uh, have you had any similar experiences with video games?

【Stephan】Uh, yes I have had similar experiences. So, uh…

【Joshua】Oh.

【Stephan】I would be going to the arcades pretty much every single weekend. Friday, Saturday, Sunday, just to play the newest Japanese games, which were, uh rhythm games at the time, so…

【Joshua】Oh, that’s right.

【Stephan】But then games like, uh Dance Dance Revolution, Beatmania…

【Joshua】(laughs)

【Stephan】…DrumMania, GuitarFreaks, Pop’n Music, Keyboardmania, Para Para Paradise.

【Joshua】Yeah.

【Stephan】And, uh I got good at those games. So I, uh used to enter tournaments a long time ago and, uh sometimes I would go all the way to, uh Northern California, Las Vegas, just to enter tournaments, and uh that’s how I would meet some friends.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

Questions of the day(今日の質問)

  1. In what game did Joshua meet and talk to a Japanese woman?
    ジョシュアはどのゲームで日本人女性と出会って話をするようになりましたか?
  2. What did Joshua find most interesting about the woman he met in Final Fantasy XIV?
    ジョシュアが、「ファイナルファンタジーXIV」で出会った女性について最も興味深いと思った点は何ですか?
  3. What genre of arcade games did Stephan become skilled at?
    ステファンが得意になったゲームセンターにあるゲームのジャンルは何ですか?

 

Answers(解答)

  1. He met this woman in the online game Final Fantasy XIV.
    彼はオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の中で、その女性と出会いました。
  2. The woman he met was married in real life and also “married” in the virtual world of the video game.
    その女性は実生活で結婚していますが、ビデオゲームというバーチャルの世界でも「結婚」している点です。
  3. He became skilled at rhythm games, prominent in arcades.
    彼はリズムゲームが得意になり、ゲームセンターの中でも目立つ存在になりました。

 

Summary(要約)

Joshua and Stephan continue their discussion of video games in this episode. Joshua opens by discussing how after his introduction to the Final Fantasy series with Final Fantasy VII, he kept playing the games in the series up to at least Final Fantasy XIV.
今回のエピソードで、ジョシュアとステファンはビデオゲームに関する議論を続けます。ジョシュアがまず、「ファイナルファンタジー」のシリーズ7に始まり、少なくともシリーズ14まで、そのゲームをプレイし続けたことを話します。

As Final Fantasy XIV is an online game, Joshua met many interesting people while playing it. One player he met was a Japanese woman with whom he practiced his Japanese. While playing and talking with this woman, Joshua learned that she was both married in her personal life as well as “married” in the virtual world of the video game.
「ファイナルファンタジーXIV」はオンラインゲームですが、ジョシュアはそのゲームを通じて興味深い人たちにたくさん出会いました。その中の1人が日本人女性で、彼は彼女を相手に日本語を練習していました。彼女とゲームをし、そして会話をする中で、ジョシュアは彼女が実生活だけでなくビデオゲームというバーチャルの世界でも「結婚」していることを知ります。

Joshua believes gaming has developed into more of a social activity than simply just a single-player experience. He has even met some of the people he met online through video games in real life, though they were not always exactly who they said they were in the video games.
ゲームは単に1人でプレイするものから、人と関わるものに変化したとジョシュアは思っています。彼はオンライン上で出会った人と実際に会ったこともありますが、そういう人たちは必ずしもゲームの中のプロフィールと一致しているとは限りません。

Stephan enjoyed Japanese rhythm games in arcades he frequented when he was younger. He often visited arcades on weekends to play the newest rhythm games, and became so good that he even entered tournaments in Northern California and Las Vegas.
ステファンは、昔よく行っていたゲームセンターではリズムゲームを楽しんでいました。最新のリズムゲームをするために、ほぼ毎週末ゲームセンターに通っていた彼は、北カリフォルニアやラスベガスでのトーナメントに出場するまでにリズムゲームが得意になりました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Addicted(〜にはまっている)

Addictedは本来、タバコやアルコール、麻薬などの中毒になっている状態を表しますが、ゲームやテレビ番組、音楽や小説といった娯楽に夢中になっていたり、特定の食べ物にはまっている状態を表す場合にも使うことができます。

  • I’m addicted to this new show on Netflix right now.
    (今、Netflixの新しい番組にはまっています。)
  • Once you try surfing, you’re going to be addicted.
    (一度サーフィンをやってみたら、ハマるよ。)
  • These cookies are so addicting. Once you start, you can’t stop.
    (このクッキー、病みつきになるね。食べ出すと止まらない。)

2) Escape from reality(現実逃避する)

この表現は、直訳すると「現実から逃げる」、つまり「現実逃避する」ことを意味します。ゲームやアニメにのめり込んだり、お酒におぼれたりして現実に目を向けていない状況で使われます。

  • What do you do to escape from reality?
    (現実逃避をするためにあなたは何をしますか?)
  • I play video games to escape from reality.
    (ビデオゲームをして現実逃避します。)
  • Reading books and watching movies are good ways to escape from reality.
    (現実逃避するには読書や映画鑑賞がいいですよ。)

3) I don’t know about that(どうかな)

I don’t know about thatは、相手の意見や考えに疑いを持ち、あいまいに反応する場合に使われる表現です。「それはどうかな」や「どうでしょうかね」に相当する表現です。

  • You think he’s going to agree to that? I don’t know about that.
    (彼がそれに同意すると思ってるの?それはどうかな。)
  • He said he’s going to finish it by tomorrow? I don’t know about that. He didn’t even start yet.
    (明日までに終わらせるって彼が言ったの?それはどうかな。まだ始めてもいなかったんだよ。)
  • I don’t know about that. Maybe you should look into it a little more.
    (どうでしょうかね。それについてもう少し調べた方がいいと思いますよ。)

4) Catfish(なりすまし)

Catfishは「ナマズ」を指しますが、インターネット上では、ニセのプロフィールや写真を使って「なりすまし」行為をする人を指すスラングです。ちょっとしたイタズラから深刻な悪質行為に至るまで、幅広い状況で使われます。

  • It turns out the person I met on Instagram was a catfish.
    (インスタで会った人は、なりすましだったんだ。)
  • Are you sure she’s a real person? I think you’re getting catfished.
    (彼女、本当に実在するの?なりすましにだまされてない?)
  • Do you think this guy on Twitter is catfishing?
    (ツイッターのこの男性、なりすましだと思う?)

5) All the way(はるばる)

All the wayは、遠くへ行くことを強調する日常表現で、「はるばる」や「わざわざ」といった意味があります。日本で行われる結婚式に、はるばるニューヨークからやって来たり、絶品料理を求めて遠出するような状況で使われます。

  • My buddy came all the way from New York to attend my wedding.
    (私の結婚式のために、友人がはるばるニューヨークから来てくれました。)
  • You went all the way to Tochigi just to eat gyoza? You’re crazy.
    (餃子を食べるためだけにわざわざ栃木まで行ったの?信じられない。)
  • Thanks for driving all the way out here to pick me up.
    (わざわざここまで車で迎えに来てくれてありがとう。)

 

Vocabulary(単語)

  • Cheating・・・浮気
  • Arcade・・・ゲームセンター

Expressions(表現)

    • Show up・・・現れる
    • Every single (weekend)・・・毎(週末)

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Pon より:

    Hi Jun!
    いつも配信聞かせていただいております。

    今回のpodcast配信を聞いて、分からない部分が1点あります。

    ステファンさんが会話中に、
    「I would be going to the arcades pretty much every single weekend.」
    と言っている部分ですが、wouldとbe going toを組み合わせた表現の意味が
    よくわかりません。

    要約では「昔よく行っていたゲームセンターではリズムゲームを楽しんでいました」
    と言っているので、used toと同じ意味なのかな、と推測はできるのですが・・・

    解説いただければ幸いです。

    • Jun より:

      Ponさん

      いつもありがとうございます。そうですね、ここでは、”I would go to”と表現した方が適切だと思います。I would は I used to と似たように、昔習慣的にしていた出来事を表します。I wouldの使い方はこちらの記事をチェックしてください。http://hapaeikaiwa.com/?p=12755

Jun にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト