日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第180回「初デートの心得」

Released: 2018.03.02

第180回目のポッドキャストのテーマは「初デートの心得」です。今日のエピソードでは、ブライアンとエレーナが初デートでするべきこととしてはいけないことについて話し合います。アメリカ人は初デートで過去の恋愛について話すのは一般的なのか?どこまでボディタッチが許されるのか?男性が払うべきなのか?西海岸出身のブライアンと東海岸出身のエレーナがアメリカの初デートに関する考えをシェアしてくれます。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「初デートの心得」

【Elaina】Brian, what are the “dos and don’ts” on a first date, on…let’s say, West Coast?

【Brian】Hmm…um obviously turn your phone off. That’s a big “don’t” if you are on your phone during the date. Like, turn that off, and focus on the person that you’re with. Uh…and I think, maybe talking about your ex is another no-no…

【Elaina】(laughs) Yes.

【Brian】…on the first date. Uh…a lot of people do it, surprisingly, so yeah, that’s definitely a “don’t.” And uh, not being—yeah, like not being attentive, I guess on the first date is definitely a “don’t,” or maybe trying to be, maybe being too into that person, and maybe kinda (kind of) getting a little too physical on the first date is definitely a “don’t.”

【Elaina】Oh yeah. Don’t be creepy. (laughs)

【Brian】Yeah, yeah, definitely don’t be creepy on the first date. Yeah, but, uh “dos,” uh, dress nice, and uh, listen, I guess. Learn about the other person. And um…I think it’s the man’s job to make the girl comfortable and to basically be in control of the date, at least on the West Coast. I know it’s like, uh what the culture’s like. Like, the man’s in control, uh so he pays and he, like makes the evening comfortable for the woman, but yeah.

【Elaina】Well, with the East Coast having a bunch of, uh Bible states, and the South, a lot of very old-fashioned people. So the man is supposed to be in charge pretty much. He’s supposed to pick up the girl, so obviously don’t have a dirty car. (laugh)

【Brian】Yeah.

【Elaina】And don’t, on the first date, say, “You got this?” for the bill, or something, or…

【Brian】(laughs)

【Elaina】Pay for the first date, and, uh I think something to add is, uh don’t complain too much. For both the man or the woman.

【Brian】Yeah, definitely.

【Elaina】‘Cause (because) that just really kills the mood. (laughs)

【Brian】Definitely, definitely, yeah. That’s uh…I think that’s East and West Coast on that one.

【Elaina】Yes. (laughs)

【Brian】(laughs)

【Elaina】Uh, some “dos” to add. You said “dress nice,” good hygiene, dress to impress, and, maybe not a “do” but an added bonus if the guy brings flowers. I think that—as a woman, I think that’s a great to-do, not like you have to but, we like it. (laughs)

【Brian】(laughs) Okay.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What are three “don’ts” that Brian warns people against doing on a first date?
    ブライアンが警告する、初デートにおけるNG行為3つは何ですか?
  2. What “don’t” does Elaina suggest both men and women not do on a first date?
    エレーナが提言する、男性にも女性にも当てはまる初デートにおけるNG行為は何ですか?
  3. What is an “added bonus” Elaina describes a man can do on a first date?
    エレーナが言う、男性が初デートでしたら「ポイントが高い」こととは何ですか?

 

Answers(解答)

  1. He says don’t talk on your phone, and don’t talk about your ex, while on a first date with someone. Also, don’t get too physical with someone on a first date either.
    初デートでは、デート中に電話で話さないこと、元カレや元カノについて話さないこと、そしてボディタッチが過ぎないこと、とブライアンは言います。
  2. She says don’t complain on a first date, because it kills the mood.
    雰囲気が台無しになるので初デートで愚痴を言ってはいけないとエレーナは言います。
  3. She says it’s an added bonus when a man brings flowers on a first date.
    初デートで男性が花を持ってきたらポイントが高いとエレーナは言います。

 

Summary(要約)

In this episode, Brian and Elaina continue their discussion of dating culture in the United States. This episode focused on the “Dos and Don’ts” of dating.
今回のエピソードでブライアンとエレーナは、アメリカでのデートに関する文化について会話を続けます。今回のエピソードは、デートで「するべきこと・してはいけないこと」に焦点を当てます。

For Brian, at least on the West Coast of the US, he said that talking on your phone during a first date, and talking about your ex, were both “don’ts.” He also said that getting too physical with another person was a “don’t.”
ブライアンは、少なくともアメリカ西海岸では、初デート中に電話で話すことと元カレや元カノについて話すことはいずれもご法度であると言います。ボディタッチが過ぎるのもNGだと言いました。

For Elaina, she described the East Coast of the United States as being more traditionally-minded when it comes to dating. There, the man is expected to be in charge on dates.
エレーナは、デートに関して言うとアメリカ東海岸は、より伝統的な考え方であると説明しました。東海岸では、男性がデートの主導権を握ることが求められます。

Elaina said that complaining on first dates was a “don’t” for both men and women, as it kills the mood for her. She did however mention a possible “do” that she said women liked. She said as a kind of “added bonus,” men could bring flowers to impress a woman on a date, something she appreciates.
エレーナは、初デートで愚痴を言うのは雰囲気を台無しにするので男性でも女性でもNGだと言いました。しかし彼女は、女性が喜ぶため、するといいことについて言及します。彼女は、男性がデートで女性に好印象を与えるために花を持ってきたら「ポイントがアップ」し、そういう行為は彼女もうれしいと言いました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Creepy (不気味な)

Creepyは「不気味な」や「気味の悪い」を意味する単語です。例えば、毛虫や心霊写真、外見や言動が怪しい人、誰もいないのに足音がするなど、ゾッとすることを creepyと表現します。

  • Ew! There’s a creepy bug in the kitchen!
    (うわ!キッチンに気持ち悪い虫がいる!)
  • On my way home, a creepy guy followed me all the way to the train station.
    (家に帰る途中、気味の悪い男が駅までずっとついてきた。)
  • Why did the TV suddenly turn on? That’s creepy.
    (どうして急にテレビがついたんだろう。不気味だな。)

2) Make someone comfortable(人を心地よくさせる)

Comfortableが「心地よい」という意味であることから、誰かを心地よくさせることを 「Make someone comfortable.」と言います。この表現は主に、相手の緊張をほぐして心を落ち着かせることを意味します。

  • その他、「Make yourself comfortable.」は「くつろいでください」を意味します。
  • She is great at making people feel comfortable.
    (彼女は人をリラックスさせるのが非常に上手です。)
  • I was pretty nervous about taking the trial lesson. But my teacher made me feel comfortable.
    (体験レッスンを受けるのにかなり緊張していましたが、先生のおかげで安心できました。)
  • Have a seat and make yourself comfortable.
    (座ってくつろいでください。)

3) Be in charge(担当する・仕切る)

担当者や責任者として物事に取り組むことを Be in chargeと言います。この表現はビジネスの場でよく耳にする言い方で、「私は〜を担当しています」は 「I’m in charge of_____.」、「担当者は誰ですか?」は 「Who is in charge?」という具合に使われます。

  • Can I talk to someone who is in charge of marketing?
    (マーケティングご担当の方と話がしたいのですが。)
  • I just started working here. I’m in charge of financing.
    (新入社員です。経理を担当しています。)
  • You’re in charge while I’m gone. Call me if something happens.
    (私の不在中は君が仕切るように。何かあれば私に電話をしなさい。)

4) I’ll get it(私がおごるよ)

レストランやバーでの会計時に、友達や同僚に「おごるよ」「私が払うよ」とカジュアルに伝える表現が 「I’ll get it.」です。 Getは「払う」、 itは伝票を指すので、「I’ll get the bill/check/tab.」と言うこともできます。また、過去形にして 「I got it.」や 「I got this.」と表現することもできます。

今日の会話でエレーナの言った 「You got this?」は、「おごってくれるの?」という意味になります。

  • Don’t worry. I’ll get it. You can buy me a drink at the next place.
    (心配しないで。私が払うよ。次のお店で1杯おごって。) 
  • You don’t have to pay for this meal. I got this.
    (ここでの食事は、あなたは払わなくていいです。私のおごりです。)
  • You got this? Thanks man. I’ll get you next time.
    (おごってくれるの?ありがとう。次はおごるよ。)

5) Kill the mood(ムードを壊す)

雰囲気を台無しにしたりムードを壊したりすることを kill the moodと言います。 Ruin the moodとも言いますが、 killの方がより口語的な響きがあります。

  • ムードを壊す人や物事のことを mood killerと言います。
  • You shouldn’t constantly check your cell phone on a date. It’ll kill the mood.
    (デート中に携帯を常にいじってちゃダメだよ。ムードを台無しにしちゃうよ。)
  • Way to kill the mood.
    (あーあ。ムードがぶち壊しだ。)
  • He is such a mood killer. Has he always been like that?
    (彼って本当に雰囲気を台無しにするよね。昔からそうだったっけ?)

 

Vocabulary(単語)

  • Ex (boyfriend/girlfriend)・・・元カレ・元カノ
  • Attentive・・・注意を傾ける
  • Good hygiene・・・清潔感

Expressions(表現)

  • Dos and don’ts・・・すべきこと、してはいけないこと
  • Turn off・・・(電源を切る)
  • Be too into someone・・・相手に夢中になり過ぎる
  • A bunch of・・・たくさんの
  • Pick up someone・・・(誰かを)迎えに行く
  • Dress to impress・・・おしゃれな格好をする

 

登場人物紹介

Brian

アメリカのワシントン州にある小さいな田舎町で生まれ育つ。現在はタイに在住し、企業や語学学校、それにオンライン(カフェトーク)で英語講師をしながら、外国語としての英語教授法の検定やケンブリッジ大学のTKTの取得を目指す。英語を教えることに非常に高い情熱を持つカフェトークの人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

Elaina

アメリカ出身。毎月新しい国へ行くぐらい旅行が好きで、これまでバックパッカーでヨーロッパ20か国以上を旅行した経験を持つ。日本のアニメファンで、いつか日本で暮らし働くために日本語を学習中。レッスンではネイティブがよく使うフレーズやイディオム、発音を中心に教えているカフェトーク人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛ける
プレミアムコースの受講生を現在募集中!

当ブログ筆者Jun Senesacが手掛けるプレミアムコースの受講生を現在募集中!

Advertisement

コメント

  1. めぐ より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    初デートする前までの本音と建前が知りたいです。

    最近知り合ったアメリカ人の男性に「今度いつ空いてる?Dinnerに行こう?君のために時間つくるよ」と言われ「○日大丈夫!」と答えたらOkと返事が来ました。
    数日後、「どこで何時に待ち合わせ?」と聞いたら「その日仕事でさー、日曜日はどう?」って言われたんです。

    その後私から「Dinnerいつ行きますか?仕事の都合もあるので返事くださいね?」って言って「もちろん」って返事があるのですがその後の連絡がありません。(笑)

    人にもよると思うんですが、アメリカの方は忘れっぽい&気分屋&返事が遅いなどがあると友人から聞いたのですが、ほんとですか?

    その場のノリで、Okって返事して、当日無理っていうのはアメリカでは悪気ないと理解した方がよろしいですか?

    もし、気になっている異性がこんな感じだったら肉食女子みたいに、ご飯とかお茶行こうって積極的にメールして誘ってもいいんでしょうか??

    お手数ですが、返事お願いいたします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト