日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第174回「2017年を象徴する3つのキーワード」

Released: 2018.01.12

第174回目のポッドキャストのテーマは「2017年を象徴する3つのキーワード」です。今日のエピソードではベッカとメアリーは自分にとって2017年を最も象徴する3つの単語を選びます。今日の会話を聴きながら、あなたにとっての2017年を象徴する3つの単語は何なのかを考えてみましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「2017年を象徴する3つのキーワード」

【Becca】So if you had to describe your 2017 in three words, what would they be?

【Mary】I would say, “cornfields…” …does that count as one word, or two words?

【Becca】We could take that, yeah.

【Mary】(laughs) “Cornfields,” “afternoon walks.”

【Becca】Mm hm.

【Mary】It’s a very, like peaceful description of what’s going on here, but I think that pretty much summarizes my new life here in Nebraska.

【Becca】Mm hm.

【Mary】Um, what about you? What’s this year been like for you?

【Becca】Definitely “travel,” and “writing,” and then I would say “remembering.”

【Mary】Okay.

【Becca】And then remembering things that I used to be passionate about or used to enjoy, and…and re-finding them, and enjoying them again.

【Mary】Oh, that’s awesome. Uh, what kind of writing are you doing?

【Becca】Uh, it…kinda (kind of) nonfiction. I’ve always been into it.

【Mary】Okay. Like, about what subject, then?

【Becca】Or…oops, fiction. I mean, fiction. (laughs)

【Mary】Oh, fiction.

【Becca】Yeah, I know.

【Mary】Got it. Yeah I like, um…I like your “remembering” one, because I’ve actually—I feel like I’ve spent a lot of time doing that this year too.

【Becca】Mm hm.

【Mary】Um not knowing anyone, I’m spending a lot more time, like internally rediscovering myself, so like going back and finding old video games I used to like or books I used to read when I was young. Yeah, I think that resonates with me too. (laughs)

【Becca】Yeah, or almost—I’ve been thinking too about what hobbies I actually enjoy doing.

【Mary】Like starting new ones or remembering ones you used to enjoy?

【Becca】I think both. Things that I’d like to start, and then things that I enjoyed in the past, like you said. Reading or things like that. Discovering books that I read in the past that I enjoyed.

【Mary】Yeah. I guess, um…finding new hobbies could—could be something to start for the New Year, too.

【Becca】Absolutely.

【Mary】I definitely found that I have to intentionally set goals for hobbies. I know that sounds, like really over-the-top organized. But if you don’t actually do that, you never get started with anything, so I always try to pick up something new every year, so. I like that. I don’t know what it’s going to be for next year, yet, but…(laughs)

【Becca】Yeah? Not sure?

【Mary】It’s a good thing to do, yeah.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What three words did Mary use to describe her 2017?
    メアリーが、自分にとっての2017年を表現するのに使った3つの単語は何ですか?
  2. What three words did Becca use to describe her 2017?
    ベッカが、自分にとっての2017年を表現するのに使った3つの単語は何ですか?
  3. When beginning a new hobby, what practice does Mary adopt?
    メアリーは新しい趣味を始める時に、何を実践していますか?

 

Answers(解答)

  1. She used “cornfields” and “afternoon walks.”
    彼女は「トウモロコシ畑」と「午後の散歩」を使いました。
  2. She used “travel,” “writing,” and “remembering.”
    彼女は「旅」「執筆」、そして「思い出巡り」を使いました。
  3. She feels she needs to proactively set goals for herself before starting a new hobby, otherwise she’ll never get started.
    彼女は新しい趣味を始める前に、積極的に目標を立てる必要があると感じています。そうしないと何も始めないからです。

 

Summary(要約)

In this episode, Becca and Mary try to describe what 2017 meant for them in three words. Mary’s three words were “cornfields” and “afternoon walks.”
今回のエピソードでベッカとメアリーは、自分にとって2017年を象徴するものをそれぞれ3つの単語で表そうとしました。メアリーの3つの単語は「トウモロコシ畑」と「午後の散歩」でした。

For Mary, these three words reflect her new life in Nebraska. When she asked Becca about her three words for 2017, Becca replied with “travel, writing, and remembering.”
メアリーにとって、それら3つの単語はネブラスカ州での新生活を反映しています。メアリーがベッカに2017年を表す3つの単語を尋ねると、ベッカは「旅」、「執筆」、そして「思い出巡り」と答えました。

When it comes to writing, Becca enjoys writing fiction. For both Mary and Becca, remembering things, moments, and hobbies from their pasts was an important part of 2017.
「執筆」については、ベッカはフィクションを書くのを楽しみます。メアリーとベッカ2人にとって、過去の出来事や趣味などを思い出すことは、2017年を象徴する重要な出来事でした。

Mary likes to start a new hobby each year, and doesn’t know which new hobby she’ll start next year. She has discovered that if she doesn’t set goals for her new hobbies, she’ll never actually start them.
メアリーは毎年新しい趣味を始めることが好きですが、来年どんな趣味を始めるかはまだ分かりません。彼女は、新しい趣味の目標を立てないと絶対に始めないということに気がつきました。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) What’s going on(何が起きているのか)

What’s going onは「何が起きているのか」、「どうなっているのか」を意味する表現で、状況が把握できない時に使われます。 What is happeningと同じ意味ですが、より口語的な響きがあります。
また、 「What’s going on?」は、あいさつとして使われることもしばしばあり、「どうしてた?」、「最近どう?」に相当する表現です。

  • What’s going on between Josh and Lisa? Are they fighting or something?
    (ジョシュとリサはどうしたの?ケンカでもしてるの?)
  • I’m not exactly sure what’s going on but I think he made reservations for the wrong date.
    (何が起きてるのかよく分からないけど、彼が予約の日を間違えたんだと思う。)
  • It’s been a while, Joe. What’s going on?
    (ジョー、久しぶりだね。最近どう?)

2) What has _____ been like?(〜はどんな感じですか?)

「What has _____ been like?」は 「What is _____ like?」の現在完了形で、場所や食べ物、天候や人の性格、相手の経験などについて「どんな感じなのか?」と聞き出したい時に使われる表現です。 「How is _____?」や 「How has _____ been?」と同じ意味ですが、より口語的なニュアンスがあります。

  • What has the weather in Japan been like recently?
    (最近の日本の天候はどんな感じですか?)
  • What has it been like moving back home with your parents?
    (実家に戻って両親と暮らすのってどんな感じですか?)
  • What’s John like? Is he a nice person?
    (ジョンはどんな感じの人ですか?優しい人ですか?)

3) Resonate(心に響く)

Resonateは本来、音が鳴り響くことを意味する単語ですが、日常会話では、人の考え方や意見、経験やスピーチなどに共感することを意味し、そうしたものが心の中に響き渡るニュアンスがあります。

  • That was an excellent documentary. It really resonated with me.
    (心に響く最高のドキュメンタリーでした。)
  • We have to come up with a concept that resonates with the younger generation.
    (若い世代からの共感を得るコンセプトを考え出さないといけません。)
  • He delivered a powerful speech. It resonated with a lot of people.
    (彼は説得力のあるスピーチをしましたね。多くの人の心に響きました。)

4) Over-the-top(やり過ぎの)

良くも悪くも限度を超えることをOver-the-topと表現します。クリスマスの時期にデコレーションをし過ぎたり、非常に派手な格好をしたり、芸人が笑いを取るために限度を超えるようなことをしたりするような状況で使われます。

  • Don’t you think you went a little over-the-top with the decorations?
    (デコレーションちょっとやり過ぎたと思わない?)
  • That comedian can be over-the-top at times but he’s really funny.
    (あのコメディアンは時々やり過ぎな面もありますが、とても面白いですよ。)
  • Do you think my outfit is over-the-top for the event tonight?
    (今夜のイベントにこの服装って派手過ぎるかなぁ?)

5) Pick up(習得する)

技術や技能を「習得する」ことを Pick upと表現します。「外国語を習得する」は Pick up a foreign language、「新しい趣味を始める」は Pick up a new hobbyと言い、 Learnの代わりに使える便利な表現です。

  • I picked up English when I was studying abroad in Australia.
    (オーストラリア留学中に英語を習得しました。)
  • I want to pick up a new skill this year.
    (今年は新しいスキルを身につけたいな。)
  • I picked up snowboarding when I was in college.
    (大学生の時にスノーボードを覚えました。)

 

Vocabulary(単語)

  • Describe・・・表す
  • Internally・・・内面的に
  • Intentionally・・・意図的に

Expressions(表現)

  • Pretty much・・・大体
  • Take that・・・それでいいよ
  • That’s awesome・・・それはいいね

 

登場人物紹介

Mary L

アメリカのネブラスカ在住。デザインとフォトレタッチの会社を経営しながら、空き時間にカフェトークで英語講師をしているが、その英会話レッスンは生徒から大好評。また彼女自身、韓国語を学ぶ生徒としてもカフェトークを利用しており、「言語を学ぶ」という点においては非常に理解が深い。
カフェトークのプロフィールはこちら

Becca

アメリカのカリフォルニア出身。大学生のときに日本と韓国での留学経験もあり、日韓それぞれの文化についてはある程度理解がある。彼女自身も日本語と韓国語を学んでいるので、言語を学ぶ難しさを十分に理解しており、その点をしっかりと考慮された様々なタイプのレッスンを提供している。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. momo より:

    明けましておめでとうございます。
    今年もJunさんと一緒に頑張ります!(^^)!
    が・・今回の10週間の英語レッスン 締め切りが14日だと思って居て 申し込みに送れちゃいました(T_T)ショック!!
    又こんな機会が有る事を願ってます

  2. Aki より:

    Junさん、こんにちわ。
    What’s going on とWhat’s up withの違いを教えてください。

  3. Rene より:

    私もインフルエンザにかかっていて申し込みを逃していました😭 すごくショック、次回機会があればぜひ参加したいです☺️

  4. HISAE より:

    Happy New Year!Jun先生
    I’ll study English enjoying Hapa英会話 again this year.(^^)

    1点質問があります。
    “What has ~ been like?” and “What is ~ like?” は、同じ意味のニュアンスとして
    使ってもいいですか?

  5. Ray より:

    こうやって言うんだぁ~という知りたいフレーズが多く、いつも楽しく学ばせてもらっています。
    ところで、Beccaがfictionとnonfictionを言い間違えた後の“yeah I know”は、どういった意味にあたるんでしょうか?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト