日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第167回「話しかけるアメリカ人、話しかけないイギリス人」

Released: 2017.11.10

第167回目のポッドキャストのテーマは「話しかけるアメリカ人、話しかけないイギリス人」です。今日のエピソードではブライアンとローラがアメリカとイギリスで、見ず知らずの人と話す習慣について話し合います。多くのアメリカ人が見ず知らずの人ともためらうことなく会話をすることは知られていますが、イギリスでも同じなのでしょうか?今日の会話を聞いて、その真相を明らかにしましょう。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「見ず知らずの人との会話」

【Brian】Is it common to, uh…to talk to strangers in the UK?

【Laura】No. (laughs)

【Brian】No, okay.

【Laura】Unless you’re maybe desperate, I would avoid talking to strangers.

【Brian】Right.

【Laura】It…more likely to annoy people, like, it’s, yeah. Very common to be sitting on a, you know, train or something, and you could be on the train for maybe two hours, and you won’t even, kind of, acknowledge the person next to you.

【Brian】Wow.

【Laura】Don’t want to annoy them, or…yeah.

【Brian】Wow. Yeah in America, it’s kind of, uh…it depends on the person, but uh, as children, you know, we’re taught not to talk to strangers. But I think as…as you get older, you kinda (kind of) become curious and you want to talk to strangers.
So I feel like most Americans, when they’re in…in a reasonable proximity with someone, like if they’re sitting next to someone, maybe they want to, like break that awkward silence.

【Laura】Ah.

【Brian】You know, like, and say, “Hi. How’s your day going?” or something like that.

【Laura】I would be so surprised if someone said that to me.

【Brian】Yeah, if you—if you were sitting next to an American, I—I would be very surprised if they didn’t talk to you, actually, ‘cause (because) I think Americans feel, like awkward. (laughs)
Yeah, they love to talk to people. So uh…oh go ahead.

【Laura】No, I was just gonna (going to) say after British people have had a few drinks

【Brian】Right, they open right up, right? (laughs)

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. According to Laura, do people in the UK like to talk to strangers?
    ローラによれば、イギリス人は見ず知らずの人に話しかけたいと思いますか?
  2. According to Brian, at what point might an American attempt to talk to a stranger?
    ブライアンによれば、アメリカ人はどの段階で見ず知らずの人に話しかけようと思うでしょうか?
  3. In what situation do people in the UK begin to start talking to strangers, according to Laura?
    ローラによれば、イギリス人はどんな状況で見ず知らずの人に話しかけ始めますか?

 

Answers(解答)

  1. Generally no.
    大抵は話しかけません。
  2. If Americans are in a reasonable proximity to one another, they might attempt to talk in order to break an awkward silence.
    アメリカ人は、互いに適度に近くにいれば、気まずい沈黙を破るために会話をしようとするかもしれません。
  3. After they have had a few drinks, people in the UK may begin to open up.
    アルコールを2,3杯飲めば、イギリス人は打ち解け始めるかもしれません。

 

Summary(要約)

In this episode, Brian and Laura talked about how common talking to strangers is in their countries. Laura says that in the UK, people rarely talk to strangers.
今回のエピソードで、ブライアンとローラは、互いの国において見ず知らずの人に話しかけることがどれくらい一般的か話しました。イギリス人が見ず知らずの人に話しかけることはめったにないとローラは言います。

Laura says that someone taking a two-hour train trip through the UK might never once acknowledge the person next to them. She thinks this is because there is a feeling that if someone talks to a stranger, that person might annoy the stranger.
ローラは、イギリスでは電車に2時間乗っていても、隣に座っている人を認識すらしないと言います。見ず知らずの人に話しかけたら相手にうっとうしいと思われるからだというのが彼女の考えです。

Brian says that in some cases, Americans may engage in small conversation with strangers. He thinks once two Americans are in a reasonable proximity with one another, they may try to break awkward silences.
アメリカ人は見ず知らずの人と、ちょっとした会話をすることもあるとブライアンは言います。2人のアメリカ人が適度に近くにいたら、互いに気まずい沈黙を破ろうとすると彼は考えています。

Laura adds one clarification to her earlier point. After a few drinks, people in the UK may open up to strangers.
ローラは、先に話した内容に説明を加えます。イギリス人は、2,3杯アルコールを飲めば、見ず知らずの人にも心を開くこともあります。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) More likely to(〜する可能性が高い)

Likelyは何かが起こる可能性があることを意味することから、 More likely toは何かが起こる可能性が高かったり、ある傾向が高かったりすることを意味します。逆に、可能性が低い場合は Less likely toまたは not likely toと言います。

  • The event is more likely to get cancelled tomorrow.
    (明日のイベントはキャンセルになる可能性が高い。)
  • You are more likely to get hit by a lightning than win the lottery.
    (宝くじを当てるより、雷に打たれる可能性の方が高い。)
  • I don’t think you’re going to get a refund. That’s not likely to happen.
    (返金してもらうのは難しいと思うよ。無理だろうね。)

2) Won’t even(〜さえしない)

Won’t evenは日本語の「〜さえしない」に相当する表現です。「彼は謝ろうとさえしない」「彼女は試そうともしない」のように、何かをやりたくない気持ちを強調する時に使われます。

  • She’s really upset. She won’t even talk to me.
    (彼女はとても腹を立てていて、口もきいてくれない。)
  • There’s something wrong with my cat. He won’t even eat.
    (うちの猫の様子がおかしいんだ。食べようともしない。)
  • I think my phone is broken. It won’t even start.
    (私の携帯、壊れてるかも。起動すらしない。)

3) Break the silence(沈黙を破る )

「沈黙を破る」は break the silenceと表現します。誰かと会話している時に「気まずい沈黙」になることを awkward silenceと言い、その「気まずい沈黙を断ち切る」ことを break the awkward silenceと言います。

  • He made a joke and broke the silence.
    (彼は冗談を言って、沈黙を破った。)
  • I hate it when the conversation comes to an awkward silence.
    (会話をしていて気まずい沈黙になる時って嫌だよね。)
  • How do you break the awkward silence when you’re on a date?
    (デート中、どうやって気まずい沈黙を破りますか?)

4) Awkward(気まずい)

Awkwardは、一般的に、気まずい雰囲気や、居心地が悪い状況を意味します。例えば、デート中に元彼や元カノと遭遇してしまった時に感じる「気まずさ」や「居心地の悪さ」を表す際に使われます。
他にも、動作がぎこちなかったり、手先が不器用だったり、人付き合いが下手な人を表す場合にも使われます。

  • I was the only person that wore a costume to the Halloween party last week. It was pretty awkward.
    (先週のハロウィンパーティーで、仮装していたのは私だけだったんです。相当居心地が悪かったです。)
  • Your movements are awkward. Be more natural.
    (動きがぎこちないよ。もっと自然に。)
  • He is a nice guy but a bit socially awkward.
    (彼はいい人ですが、人付き合いが少し苦手です。)

5) Open up(心を開く)

人に何かを打ち明けたり、人と打ち解けたりすることを Open upと言います。相手を警戒せず遠慮なくオープンに話をすることを意味します。

  • It takes time for me to open up to people.
    (私は人と打ち解けるのに時間がかかります。)
  • After a few drinks, he opened up about his relationship with Lisa.
    (2〜3杯飲んだ後、彼はリサとの関係について打ち明けてくれました。)
  • I feel like she’s always hiding something from us. I wonder why she doesn’t open up.
    (彼女は私たちにいつも何かを隠しているような気がする。どうして打ち明けてくれないんだろう。)

 

Vocabulary(単語)

  • Desperate・・・絶望的な
  • Acknowledge・・・認識する

Expressions(表現)

  • Become curious・・・好奇心が出る
  • Reasonable proximity・・・適度に近い
  • After a few drinks・・・2〜3杯飲めば

 

登場人物紹介

Brian

アメリカのワシントン州にある小さいな田舎町で生まれ育つ。現在はタイに在住し、企業や語学学校、それにオンライン(カフェトーク)で英語講師をしながら、外国語としての英語教授法の検定やケンブリッジ大学のTKTの取得を目指す。英語を教えることに非常に高い情熱を持つカフェトークの人気講師の一人。
カフェトークのプロフィールはこちら

Laura

イギリスのロンドン出身の英語講師。現在は東京に在住。子供から大人まで幅広い世代に英語を教えてきた経験をもとに、生徒のレベルに応じて楽しいレッスンをカフェトークにて提供中!
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. katu より:

    Hli Junさん!
    すみません、前回も今回もローラの声だけこもって聞きにくいのですが、録音時の問題ですか?

  2. Akira より:

    Hi Jun-san
    こんな感じでほかの英語圏の方のお話も聞きたいです。。。オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、インド、香港、シンガポールなどのNativeの人たちのその地域の話題や、文化の違いなども知りたいです。。訛っていてもいいんです。。。特にインドの人の英語は聞き取りにくいです。。

    • Jun より:

      Akiraさん

      今回はちょっとお試しでやってみたのですが、反響がいいようなので、イギリス人に限らず、今後はAkairaさんがご提案したように他の英語圏の人との会話も検討しています。比較できるのって面白いですねー!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト