日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

「Nothing but」の簡単な使い方

「Nothing but」の簡単な使い方

皆さんは「Nothing but」と言うフレーズはご存じですか?意味は知っていても、実際に使ったことがない人も多いのではないでしょうか?日本語の感覚で考えると、ちょっと使い方がややこしいかと思いますが、ちょっとしたポイントを理解するだけで、誰でも簡単に使いこなせるようになるので是非マスターしちゃいましょう!

続きを読む

第118回:インタビュー(Emiko Rasumussen):英語を話すと人格が変わる

Hapa英会話 Podcast

今日のゲストは、サンディエゴ在住のEmiko Rasmussenさんです。彼女はとても知的で、高い向上心を持った魅力的なワーキングマザーです。英語を話すときのもう一人の自分、英語を英語で考えるようになった瞬間、ワークライフバランス、バイリンガル教育など、興味深いことを色々と語ってくれます。

続きを読む

「Upset」の代表的な用法3パターン

「Upset」の代表的な用法3パターン

「Upset」はネイティブの日常会話において使われる頻度の高い単語です。なかでも、人の感情を表す際に形容詞として使われるパターンがよくあるのですが、日本語には直訳できない表現のためか、日本人にとってはその用法がちょっと厄介のようです。そこで今回は、誰でも簡単に「upset」を使いこなすことができるよう、3つの代表的な用法をご紹介します。

続きを読む

慎重に言いたい「死」を表す英語

慎重に言いたい「死」を表す英語

日本語には、「死ぬ」や「死亡する」、または「亡くなる」や「この世を去る」など人の死を表す言い回しが沢山あり、状況に応じて失礼のないよう適切な表現がされているかと思いますが、英語にも同様の習慣があるのはご存知ですか?地域や宗教によって色々な言い方がありますが、今回はその中でも頻繁に耳にする「死」を意味する言い回しをご紹介します。

続きを読む

第117回「失敗」

Hapa英会話 Podcast

第117回目のポッドキャストのテーマは「失敗」です。今日の会話では、アダムとコディが「失敗」について話します。皆さんにとって、失敗とは何ですか?失敗を恐れ、臆病になっていませんか?それとも、失敗を糧にして、次に活かしていますか?アダムとコディが失敗について、それぞれの考え方をシェアーします。

続きを読む

ネイティブが「Goodbye」の代わりによく言う定番フレーズ

ネイティブが「goodbye」の代わりによく言う定番フレーズ

友達との別れ際の挨拶といえば「Goodbye」や「Bye」が定番かと思います。しかし、毎回毎回同じ表現をすることに飽きてきた方も少なくないでしょう。そこで今回は、「Bye」と同じ意味としてネイティブがよく口にする定番フレーズ5つをご紹介します。どれも簡単な言い回しなので、ぜひ使ってみてください!

続きを読む

会話で「怪しい」や「胡散臭い」を自然に表現するなら

会話で「怪しい」や「胡散臭い」を自然に表現するなら

日本語の「怪しい」や「胡散臭い」を意味する英表現はたくさんありますが、今回は中でもネイティブの日常会話、即ち話し言葉としてよく用いられる言い方をご紹介します。学校の教科書などでは紹介されていない言い方かもしれませんが、ネイティブの会話では頻繁に耳にする表現なので覚えておきましょう!

続きを読む

第116回「アメリカ人が転職する理由」

Hapa英会話 Podcast

第116回目のポッドキャストのテーマは「アメリカ人が転職する理由」です。今日の会話では、アダムとコディが転職について話し合います。なぜアメリカ人は、頻繁に転職をするのか疑問に思ったことはありませんか?給料のため?退屈だから?それとも、もっと深い理由があるのでしょうか?アダムとコディが、この話題について深く踏み込み、彼らなりの考えを述べます。

続きを読む

英語で「だんだん好きになる」を自然に表現

「だんだん好きになる」の英語での言い方

皆さんは「徐々に〜が好きになる」と英語で言いたい場合、どのように表現しますか?私のこれまでの経験からすると、「I like _____ little by little.」のように「little by little」というフレーズを使って表現する日本人が多い気がします。決してそれがダメだと言うわけではないのですが、より自然な言い方があるのでご紹介しようと思います。

続きを読む

「How long」と「How much longer」の違い

「How long」と「How much longer」の違い

レストランの待ち時間や移動の所要時間を尋ねる際、英語では「How long」と「How much longer」の表現を使って尋ねることが一般的です。しかし、この両者には微妙な意味の違いがあることはご存知でしょうか?ミスコミュニケーションを生じさせないためにも、しっかり使い分けできるようになりましょう!

続きを読む

Advertisement