日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

Let’s wrap it up

Let’s wrap it up
この辺で切り上げよう
 
「Wrap up」は「~を終わらせる」時に使う表現です。仕事や会議などビジネスシチュエーションで使われることが多いです。
 
  • Let’s wrap it up and go home.「さぁ、(仕事は)この辺で切り上げて帰ろう」
  • I’ll be there in a minute. Let me just wrap this up. 「これを終わらしてから、すぐに行きます」
  • It’s time to wrap up the meeting. 「ミーティングを終わらせましょう」
  • The BBQ party wrapped up around 6pm yesterday. 「昨日の6時ごろにBBQパーティーは終了しました」

☆音声で聞こう☆ → 今日のフレーズ2月7日 Wrap it up

【Kobeちゃんの名言集3】”Everything happens for a reason”

Got up on the wrong side of the bed 朝から不機嫌

“Everything happens for a reason”

全ての出来事には意味がある

誰だって上手くいかない時や失敗するとき、頑張っても成果が出ないときありますよね?そんな時に、挫折をしたり諦めるではなくこの表現を覚えておきましょう!Everything happens for a reason!良い経験であり悪い経験であり必ず「その出来事には意味がある」何事もポジティブに捕らえていきましょう。Just remember, “Everything happens for reason”

Learn/know something by heart

Learn/know something by heart
~を暗記している
 
「心で覚える」ことを意味する。テスト勉強などで瞬間的に暗記しているというより、考えなくてもその知識や物事が自分自身に根付いているニュアンスがあります。
 
  • I know this song by heart.「この曲は暗記しています」
  • I know my friends telephone numbers by heart.「友達の電話番号は暗記しています」
  • Forget about the rules. Just learn it by heart. 「ルールは気にせずに、とりあえず暗記しなさい」

☆音声で聞こう☆ → 今日のフレーズ2月6日 Know by heart

Super Bowl Sunday! 今年のスーパーボウルは過去最大の視聴率!

Super Bowl Sunday! 今年のスーパーボウルは過去最大の視聴率!

友達・家族と一緒に素晴らしいスーパーボウルの週末を過ごせましたでしょうか?私は実家で家族と生徒さんと共にスーパーボウルを見ました!Baltimore RavensとSan Francisco 49ersの監督が兄弟だと知っていました?あまりにもそっくりで違いが分からなかったですね。今年は「Underdog」のBaltimore Raventsが最後まで粘り強く頑張り、優勝しました!最後までハラハラ、ドキドキの試合でした。私は49ersを応援していたので最後に追いつくことができずがっかりしましたが、両チーム最後まで頑張り感動した試合となりました。

続きを読む

Stick it out

Stick it out
最後までやり抜く
 
「耐え抜く」「最後まで我慢する」を意味する表現です。嫌なこと、辛い事があっても「Stick it out!」
 
  • I’m glad I stuck it out to the end. 「最後までやり抜いて本当によかった」
  • I know it’s tough but you have to stick it out!「大変なのは分かっているけど、最後までやり遂げなさい」
  • If you don’t stick it out to the end, you will regret it.「最後までやり抜けないと、後で後悔するよ」

☆音声で聞こう☆ → 今日のフレーズ2月5日 Stick it out

アメリカ人が大好きな短縮英語トップ10(音声付き)

アメリカ人が大好きな短縮/省略英語トップ10(音声付き)

I wanna do this, I’m gonna do thatなどアメリカに住んだことのある人、もしくはアメリカ人の友達がいる人であれば必ず耳にしたことがあるフレーズだと思います。ある意味「アメリカン・スラング」ともいえますが、実は早口で喋ると自然とそのような音になってしまうんです・・・。今回はアメリカで最も頻繁に使われる「短縮英語」をご紹介します。

続きを読む

On the edge of one’s seat

On the edge of one’s seat
ハラハラ、ドキドキ
 
直訳すると「椅子の端に座っている」ことになりますが、映画、テレビ番組やスポーツ観戦などドキドキしながら見ることを指します。その他にも、「人の話しを夢中になって聞く」シチュエーションでも使います。
 
  • Did you watch the Super Bowl yesterday? I was on the edge of my seat! 「昨日のスーパーボール見ました?ハラハラドキドキしながら見てたよ!
  • That movie was excellent. I was on the edge of my seat the whole movie.「あの映画は最高だったね。最初から最後までハラハラしたよ」

☆音声で聞こう☆ → 今日のフレーズ2月4日 On the edge of one’s seat

100 / 103« 先頭...10...9899100101102...最後 »

Advertisement