日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第157回「奇妙な夢」

Released: 2017.09.01

第157回目のポッドキャストのテーマは「奇妙な夢」です。今日のエピソードではエリとジェニーが奇妙な夢について語ります。二人は多次元の世界に生きている可能性と繰り返し見る怖い夢について話し合います。

iTunesでダウンロード

 

会話内容「奇妙な夢」

【Jenny】What was the strangest dream, or dreams, that you’ve ever had?

【Eri】Well…they’re all strange.

【Jenny】Yeah. (laughs)

【Eri】Right? And I actually…remember them just about every morning.

【Jenny】Oh really?

【Eri】Yeah, for the first couple of minutes, and then they fade and you can’t recall them…

【Jenny】Mm.

【Eri】…when you get further on in your day, but usually I can remember what I was dreaming before I…

【Jenny】Oh, wow.

【Eri】Yeah, before the alarm goes off . And they’re so real…

【Jenny】(laughs)

【Eri】…is what takes me by surprise.

【Jenny】Mm hm.

【Eri】So it makes me wonder: maybe we really are living in multiple dimensions.

【Jenny】Maybe.

【Eri】Do you ever feel like that?

【Jenny】I do. I do because sometimes I’ll forget it and then I’ll get this déjà vu experience, but I’m like, “Pretty sure I dreamed this.” And then sometimes, something, um…I’ll be sure that something happened, like I’ll tell my husband, like, “You…you said that you were going to go to the store.” And he said, “No I didn’t.” And I was like, “Oh my god, I think I dreamt that.”

【Eri】Ah.

【Jenny】And it was so real. (laughs)

【Eri】Yeah.

【Jenny】But do you have one in particular that stands out?

【Eri】Well I have a reoccurring dream.

【Jenny】Mm hm.

【Eri】You know, one that I always dream a few times a year, and have been dreaming since I was in my twenties.

【Jenny】Mm hm.

【Eri】And it’s a real scary one. I’m running around the house, trying to lock the doors before someone else on the other side of the door is reaching and the door handle’s moving.

【Jenny】Oh…

【Eri】And it’s always in the house that I grew up in.

【Jenny】Oh, wow.

【Eri】And I’m…we had a few doors. You know, front door, side door, kitchen door, and some garage door, and…we had doors.

【Jenny】Mm hm.

【Eri】So I’m always running and just making it to the door to lock it, before the handle moves.

【Jenny】Oh, that’s so scary. That must be a lot of anxiety when you wake up, too.

【Eri】I just can’t figure out why I keep dreaming that same one. I just don’t understand it.

【Jenny】I don’t know. I have a couple of reoccurring dreams myself. Um there’s one that’s just annoying, and I don’t know, maybe you’ve had this, or others have had this where I’m in an elevator and I press the button for my floor, and I never get to it. Like, you know, it stops at floors. People get on, people get off. It just…like the whole dream is just like, going up and down, and it never gets to my floor. (laughs)

【Eri】(laughs)

【Jenny】And I’m just like, waiting.

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. Why does Eri wonder about living in multiple dimensions?
    エリはなぜ人間は多次元の世界を生きているのではないかと思うのですか?
  2. What is Eri’s reoccurring dream?
    エリが繰り返し見る夢はどんなものですか?
  3. What reoccurring dream does Jenny mention?
    ジェニーが語った繰り返し見る夢はどんなものですか?

 

Answers(解答)

  1. Based on her experiences with memorable, realistic dreams, she sometimes wonders if we all are living through multiple dimensions.
    忘れられないリアルな夢を見た経験に基づき、彼女は時々、人間は皆、多次元の世界を生きているのではないかと思うことがあります。
  2. It’s a repeating situation in which Eri is trying to lock all doors inside her childhood home in an attempt to stop someone from getting inside.
    エリは子供の頃に住んでいた家の中にいて、誰かが侵入するのを止めようと全てのドアのカギを閉めようとする夢です。
  3. She describes a dream in which she enters an elevator, presses a button for her floor, and never reaches that floor.
    エレベーターに乗り、降りる階のボタンを押すものの、エレベーターがその階には絶対に到着しないという夢について彼女は話をしました。

 

Summary(要約)

In this episode, Jenny and Eri discuss their experiences with dreams across their lives. Jenny asks Eri what her strangest dream was.
今回のエピソードで、ジェニーとエリは日常で見る夢について話をしました。ジェニーがエリに、今まで見た中で最も奇妙な夢は何かと尋ねます。

Eri usually can recall a previous night’s dream the first few minutes after she wakes up, before memory of the dream fades. But her experiences with dreams lead her to wonder that perhaps, all of us live through multiple dimensions.
エリは大抵、目覚めてから夢の記憶が薄れるまでの数分は、前の晩に見ていた夢を思い出すことができます。ですが、そうした経験の中で、人間は皆、多次元の世界を生きているのではないかと彼女は思うようになります。

There is however a reoccurring dream Eri has experienced repeatedly since her twenties. It is a scary dream, in which she is running through her childhood home trying to lock all of its doors as someone tries to break in.
しかしエリには20代の頃から繰り返し見ている夢があります。それは、彼女が幼少期に暮らした家の中で、誰かが侵入しようとするのを食い止めるために、家の中を走り回り全てのドアのカギを閉めようとしている怖い夢です。

Jenny has a reoccurring dream too, which rather than being scary, she describes as being “annoying.” It is a dream in which she enters an elevator, presses the button for her floor, and spends the rest of the dream in the elevator. The elevator constantly rises and falls, but never stops at her floor.
ジェニーにも繰り返し見る夢があります。それは怖いというより、彼女いわく「イライラする」夢で、ジェニーがエレベーターに乗り、降りたい階のボタンを押してから、ずっとエレベーターの中にいるというものです。エレベーターは動き続けていますが、彼女が降りたい階に止まらないのです。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Recall(思い出す)

過去の出来事を思い出したり、思い起こしたりすることをrecallと言います。Rememberと意味は同じですが、Recallの方が多少フォーマルな響きがあります。

  • I don’t recall his name. What was it?(彼の名前が思い出せないな。何だっけ?)
  • I recall that day vividly like it was yesterday.(あの日のことは昨日のことように鮮明に覚えています。)
  • Do you recall the name of that restaurant?(そのレストランの名前を覚えていますか?)

2) Alarm goes off(アラームが鳴る)

警報や警告のためにアラームが鳴ることをalarm goes offと表現します。「目覚まし時計が鳴る」はAlarm clock goes off、「火災報知器が鳴る」はFire alarm goes offと表現します。

  • I didn’t hear my alarm clock go off and slept through it.(目覚まし時計の音に気づかず、アラームが鳴っている間も眠り続けてしまいました。)
  • Your car alarm is going off. (君の車のアラームが鳴ってるよ。)
  • The fire alarm went off today and everyone had to evacuate the building.(今日、火災報知器が鳴ったので、建物から全員避難しなくてはいけませんでした。)

3) Take someone by surprise(人をびっくりさせる)

Take someone by surpriseは、意外な出来事や突然の発言で誰かをあ然とさせることを意味します。Surprise someoneと意味は似ていますが、Take someone by surpriseの方が驚きの感情が強く、ネガティブな意味が含まれる傾向があります。

  • I can’t believe he won the election. It totally took me by surprise.(彼が当選したなんて信じられない。本当にびっくりしたよ。)
  • His rude remarks took me by surprise.(彼の失礼な発言に、あ然としました。)
  • When our boss lost his temper, it took us all by surprise.(上司が激怒した時は皆、非常に驚きました。)

4) Reoccur(再び起こる)

Occurが何かが起こることを意味することから、Reoccurは「再び起こる」ことを意味します。また、Reoccurと、スペルも意味も似ている Recurという単語もありますが、Reoccurは何かが再び起こることを意味し、 Recurには同じことが繰り返し起こる意味合いが含まれ、一般的に悪い出来事が繰り返される状況で使われます。

  • We have to do everything we can to make sure this problem doesn’t reoccur again.(この問題が再発しないよう、あらゆる手を尽くさねばなりません。)
  • I keep having the same recurring nightmare.(同じ悪夢を何度も見るんだよね。)
  • That baseball player has a recurring back injury.(あの野球選手は背中のけがを繰り返している。) 

  

5) Run around(走り回る)

Run aroundは「走り回る」ことを表す表現ですが、実際に走り回るだけでなく、休みなくいろいろな場所を飛び回ったり何かをしているような状況でも使われます。

  • My dog loves to run around that park.(うちの犬は、あの公園を走り回るのが大好きです。)
  • It’s been such a hectic day. I’ve been running around all day.(今日は本当に慌ただしい1日で、1日中動き回っています。)
  • Don’t run around the pool. It’s dangerous.(プールの周りを走り回らないように。危ないよ。)

 

Vocabulary(単語)

  • Fade・・・薄れる
  • Multiple dimension・・・多次元
  • Anxiety・・・不安

Expressions(表現)

  • Stand out・・・印象に残る
  • Can’t figure out・・・〜が分からない

 

登場人物紹介

Jenny

米国ニュージャージー州生まれ・育ち、カリフォルニア州サンノゼー市育ち。高校生の時、神奈川県伊勢原市に留学。埼玉県日高市の小学校・中学校で3年間勤務後、東京に引っ越す。Teacherとしての経験は10年以上です。
カフェトークのプロフィールはこちら

Erichan

アメリカのカリフォルニア州が出身。現在は東京でプロの英語教師として働く。米国カリフォルニア州のカニャーダ・カレッジを卒業後、サンノゼ州立大デザイン学部に入学。そこから、少人数の選抜プログラム留学生として、英国ロンドンのリッチモンド大学に編入学し、インテリアデザインを専攻。
カフェトークのプロフィールはこちら

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. sam より:

    I have a question. whats the difference between “occur” and “happen”?? I looked into it but couldn’t find out…. Let me know the difference or how to use them.

    • Jun より:

      Hi Sam

      In most situations, these two words are interchangeable. ここからは日本語で。微妙なニュアンスの違いですが、「Happen」はランダムに物事が起こったり、予想外に起こる出来事について使われる傾向があります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト