日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.11.17

「器が大きい」を英語で言うなら

「器が大きい」を英語で言うなら

日本語では小さいことは気にせず、何でも受け入れる広い心を持った人のことを「器が大きい」と表現しますが、この表現はそのまま英語に直訳することは出来ません。しかし、同じような意味を成す表現があるのでご紹介したいと思います。

1) Tolerant
→「寛大な / 寛容な / 懐が深い」

“Tolerant”は「耐える」の意味合いがあり、考えや意見、または価値観が自分とは異なっていたとしても、それを非難することなく、冷静に耳を傾けることができるような人を指します。

He is a very tolerant person.(彼は器の大きい人だ。)
You need to be a little more tolerant with them. You have to remember, they’re still kids.(あの子らにもっと寛大に接してあげなきゃ。まだ子供なんだからさ。)
You have to learn to be more tolerant of others.(もっと器の大きい人にならないと。)

2) Accepting
→「(他人を)受け入れる / 許容範囲が広い」

“Accepting”は“Tolerant”とほとんど同じ意味ですが、「耐える」寛大さというよりは、生まれつき大らかな性格のため、分け隔てなく全ての人を受け入れられるような人のことを指します。

  • 「他人を受け入れる」を「Accept others」とも表現できる。
She never judges anybody. She’s so accepting.(彼女は分け隔てなく、あらゆる人を受け入れることのできる器の大きい人です。)
The older I get, the more I’m learning to accept others as they are.(歳を重ねるにつれ、他人をあるがまま受け入れるようになってきました。)
Joe is tolerant, accepting and is open-minded.(ジョーは寛大で包容力がある広い心の持ち主です。)

3) Be the bigger person
→「度量の大きい人間になりなさい!」

直訳すると「もっと大きな人間になれ」で、喧嘩をしている時によく口にする表現です。「あいつが謝るまで俺は謝らねー!」、「あの人とはもう絶対に口を利かない!」、「何で私が責任を取らないといけないの?」など、感情的になっている友達に対して、「You have to be the bigger person(あなたが相手よりも器の大きい人にならないと)」のように使います。たとえ相手に非があろうとも、自分から歩み寄ったり責任を取ったりするなど、(感情的になってる人に対して)寛大な態度をとることを期待して発言する場合にピッタリの表現です。

Be the bigger person. Go apologize!(度量の大きい人になって、自分から謝りに行きない。)
I’m going to be the bigger person and forgive her.(彼女のことを許すことにした。器の大きい人にならないとね。)
Look, I know it’s not your fault. But you have to be the bigger person and take the blame.(あなたのせいでないことは分かっているけど、ここは責任を負うしかないよ。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Toru より:

    Hi Jun!

    I enjoy listening to Podcast everyday and which helps me improve my English. Let me ask you a question. What’s the difference between tolerant and generous. Japanese often translate both tolerant and generous to 寛大な so I’m not sure how I tell these meanings when I use these words. I’m guessing that tolerant means accepting something even if I don’t want to do it and generous means that I willing to accept or give something, I mean it’s to be so kind. Anyway, I don’t know exactly. So would you tell me the difference between these words?

    • Jun より:

      Hey Toru,

      I think you hit the nail right on the head. A tolerant person is willing to accept ideas, feelings or beliefs whether he/she agrees with it or not. A generous person is characterized by someone who is unselfish and freely gives things of value to people (money, time, etc.) It sounds like you have a good understanding of the two words 🙂

  2. Masami より:

    Hello Jun !!
    I suddenly remember the phrase ” Look at the bigger picture ” while reading this column right now!!
    And I’d say that it’s about things and on the flip side ” ” Be the bigger person ” is about people??
    Ex. A: I don’t want to work anymore, so I want to quit my job.
    B : Why don’t you look at the bigger picture and you’ll see what you want sometime.
    Is that correct??
    And I’m always trying to be open-minded 🙂
    Have a good one!!

    • Jun より:

      Hey Masami!

      “Look at the bigger picture” is one of my favorite phrases. It’s written in my notebook. That’s a great example sentence! You can omit “sometime” and simply “Why don’t you look at the bigger picture? You’ll see what you want.”

  3. Masami より:

    Hi Jun !!
    Thank you for your advice , I’ve got it!
    That makes sense and as you say, I used double future tenses, therefore, I can omit ” sometime ” . And differnt way of saying is that ” Look at things different see the bigger picture ” I like it as well!!
    Have a good one !

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム