日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.10.20

「集中する」の英語は「Focus」や「Concentrate」だけじゃない

「集中する」の英語は「Focus」や「Concentrate」だけじゃない

日本の方にとって「集中」の英語と言えば「Focus」または「Concentrate」が定番かと思いますが、ネイティブ同士の日常会話ではその他にも沢山の言い回しがあります。今回は、その中でも頻繁に耳にする3つの表現をご紹介します。

1) In the zone
→「完全集中 / ゾーンに入る」

この表現は、極限の集中状態を示す際に使われ、最近、日本でも使われるようになっているようですが、いわゆる「ゾーンに入る」ことを意味します。仕事やスポーツにおいて最高のパフォーマンスを発揮するニュアンスが含まれ、特にスポーツの世界でよく用いられます。例えば、NBAには天才シューターと称されるセテッフ・カリーという選手がいますが、彼が試合で3ポイントシュートを連続で決めると、よく実況者が「He’s in the zone!(彼はゾーンに入った!)」と言っています。

That’s seven threes in a row for Steph Curry. He’s in the zone!(ステッフ・カリー選手が、7本連続で3ポイントシュートを決めたよ。ゾーンに入っているね。)
That guitarist is in the zone! It sounds amazing!(あのギタリスト、ゾーンに入っているね。すごい上手!)
Look how focused she looks. She’s definitely in the zone.(彼女すごく集中しているね。完全にゾーンに入っているよ。)

2) Lock in
→「集中する」

お馴染みの表現“focus”をより口語的にした表現です。例えば、締切が迫った仕事をしていて「集中して終わらせないと!」と言いたいなら「I need to lock in and finish it!」となります。

It’s time to lock in. Let’s get this work done!(集中してこの仕事を終わらせましょう!)
Once I lock in, I can work 10 hours straight.(私は集中すると、10時間ぶっ通しで仕事ができます。)
He has a short attention span. He has a hard time locking in.(彼は集中力がありません。集中するまでに時間がかかります。)

3) Glued to
→「〜に夢中 / 〜に熱中している」

“Glue”は「接着剤」または「〜を接着する」などを意味することから、日常会話では、誰かがテレビやビデオゲームなどに「くぎ付け」になっている意味としてもよく使われます。例えば、声をかけても全く反応しないほどテレビに夢中になっている状況を「He is glued to the TV(彼はテレビに夢中になっている)」のように表現します。

My son is glued to his playstation.(私の息子はプレステに夢中です。)
My husband loves baseball. He was glued to the TV all day.(私の夫は野球が大好きで、一日中テレビにくぎ付けになっていました。)
She is glued to her computer. She’s been watching YouTube for hours.(彼女はコンピューターにくぎ付けで、YouTubeをずっと見ています。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Kenya より:

    Hello Jun!!いつも英語学習コラム拝見してます。毎回新しい発見がありいつも次が来るのを楽しみにしてます。ところで質問があります。In the zoneの例文に・That’s seven threes in a row for Steph Curry.というものがありますよね。この文章の構造がいまいち分かりません。forは何かに向かうイメージですよね?まず何故文頭にThat’sがついているのか、そして7本連続3ポイントシュートが Steph Curryという選手に向かっていく?このようなイメージがつきません。分かりやすく説明していただけませんか?

    • Jun より:

      Hey Kenya!

      いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます!確かに日本語に直訳をしようとすると難しいですね。しかし、スポーツの世界ではよく「That’s _____ for _____」を聞きます。例えば、「That’s two goals for Messi.(メッシーが2本目のゴールを決めた)」や「That’s a back to back homeruns for Matsui.(松井選手が2本連続でホームランを打ちました)」という具合で使われます。うまく説明できなく、すみません。I’ll look into it!

      • Kenya より:

        Thank you for good explanation,Jun!
        割り切って覚えます。スポーツではよくこういう使い方をするんですね。こういう日本語では説明ができない表現が英語を勉強するにあたって難しいところですね。

  2. Masami より:

    Hello!! Mr.Jun!

    That’s make sense and amazing explanation, as always!!
    I though that ” To lock in ” means ” 閉じ込められる”
    Ex. I was locked in for failing my test by parents. ( I’ve never experienced it, though!)
    However I’d say that those are the passive forms.)
    That’s why, I need to understand the context??
    Have a good one!!

    • Jun より:

      Hi Masami!

      You’re absolutely correct! “Lock in” also means 「閉じ込める」・・・Like you said, you have to understand it through context. Have a great day!

  3. noriyasu より:

    いつも動画やブログを見させてもらって勉強しています。楽しくできる文法の勉強方法があれば教えてください。参考にしたいです。

  4. りとみぃあ より:

    「あ!ごめん!ぼーっとしてた」Out of zoneと聞きました。やはり、集中から外れたと意味ですか?

    • Jun より:

      う〜ん、私は「Out of zone」という言い方はちょっと聞いたことがないですね。「ぼーっとする」は「Out of it」という言います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム