日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.10.18

「Nothing but」の簡単な使い方

「Nothing but」の簡単な使い方

皆さんは「Nothing but」と言うフレーズはご存じですか?意味は知っていても、実際に使ったことがない人も多いのではないでしょうか?日本語の感覚で考えると、ちょっと使い方がややこしいかと思いますが、ちょっとしたポイントを理解するだけで、誰でも簡単に使いこなせるようになるので是非マスターしちゃいましょう!

1) He eats nothing but junk food.
→「彼はジャンクフードしか食べない」

「〜だけ」や「〜しか」、または「〜ばかり」など“only”と同じ意味合いとして使うパターンです。ポイントは、“only”よりも特定のものに限定されていることを強調していることです。例えば「He only eats junk food.」より「He eats nothing but junk food.」と言ったほうが、ジャンクフードばかり食べてるイメージが相手によく伝わるでしょう。

She buys nothing but designer goods.(彼女はブランド品しか買いません。)
I don’t like being around Alex. He does nothing but complain.(彼は愚痴をこぼしてばかりだから、彼のそばにはいたくない。)
He does nothing but work. He needs to get a life.(彼は仕事ばっかりなんだよね。もっと人生を楽しまないと。)

2) I’ve heard nothing but good things about you.
→「(良い)噂を伺っています」

初対面の人と話す際によく使われる表現で「あなたの良い噂はかねがね伺っております」を意味します。「I’ve heard a lot about you」も同様の意味を成しますが、“a lot”の代わりに“nothing but”と表現することで、「良い噂」しか聞いていないことを明確に示すことになります。因みに、人に限らず、会社や商品、サービスに関する話題の場合にも用いることができます。

  • “Good”の代わりに“great”や“amazing”、または“bad”や“terrible”などを使ってもOK。
Nice to meet you, Adam. I’ve heard nothing but great things about you.(アダムさん、初めまして。良い噂はつねづね伺っております。)
I’ve heard nothing but amazing things about this product.(こちらの商品については、素晴らしい噂しか耳にしたことがありません。)
I heard nothing but terrible things about that restaurant.(あのレストランに関しては、ひどい噂しか聞いたことがありません。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. より:

    ご存知は当て字です。
    動詞の連用形として使うのであれば、ご存じを使う方が良いかとおもわれます。

  2. Mika より:

    今頃Junさんは日本でセミナーをやってるのだと思います。私は予定が合わず、残念ながら出席できませんが・・・。

    “Nothing but”はポッドキャストのJunさんが話すプロローグでもよく出てきますよね。意味は知っていましたが、いざJunさんが話す英語の中でこの表現を聞いた時、この表現が入っているだけでその文が何を言っているのか解らなくなってしまいました。でも、よくJunさんが使っている表現なので、使い方を覚えました! 今度私も”nothing but”を使って話してみます。

    • Jun より:

      Mikaさん

      こんにちは!今日からHapa英会話のセミナーがスタートします。ちょっと緊張している反面、とても楽しみにしています。今回はMikaさんがセミナーに参加できないことは残念ですが、また次回の機会に!

      そう、私結構イントロの部分で”Nothing but”を使っています。自分ではシンプルな表現だと思っていたのですが、多くの方が疑問に思っていたので記事にしました。でもよくよく考えると、日本語に訳しにくいフレーズですよね(笑)Mikaさんも是非会話に取り入れてください!

  3. bettyhana より:

    よかったら ”nothing but”と ”anything but” の違いについて教えていただけませんか?
    今回セミナーに参加できなかったのですが、絶対次回は参加したいです

    • Jun より:

      Bettyhanaさん

      こんにちは!「Nothing but(A)」は「Aだけ/しか」を意味し、”Only”と同じ役割を果たします。”Anything but(A)”は「A以外〜」を意味し、”Except”と同じ意味を持ちます。例えば、”I drink nothing but red wine.”は「私は赤いワインしか飲まない」に対し、”I can drink anything but red wine.”は「赤ワイン以外だったら何でも飲めます」になります。

      セミナーはまた来年開催しますので、その時に是非いらしてください!

      • bettyhana より:

        わかりやすい解説ありがとうございました。実はネットでこの違いについて色々調べていたのですが、あまりピンときませんでした。
        今、頭の中がスッキリした感じです。ほんとにありがとうございました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム