日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.09.15

相手のオファーに乗り気で応じるなら

相手のオファーに乗り気で応えるなら

相手の提案に大いに賛成する時や、何かしらの誘いを快く受け入れる時に、ネイティブが「I’m up for it」や「I’m down」などと言っていることを耳にしたことがありせんか?このように「大賛成」を意味する英表現は、山のようにあるのですが、今日は「I’m up for it」と「I’m down」の2つの表現について触れてみようと思います。ネイティブの日常会話では頻繁に口にする表現なので、それぞれの意味と用法をしっかり身につけておきましょう!

1) I’m up for it/that!
→「〜しましょう / やりましょう / 行きましょう!」

何かしらの提案や誘いなど、相手の申し入れに対して、「いいね!」や「是非やりましょう!」のように肯定的な返事をする時によく使われる表現です。乗り気で前向きな意思表示になります。例えば、友達に「Do you want to go surfing tomorrow?(明日、サーフィン行かない?)」と聞かれたら、「I’m up for that!(いいね。行きましょう!)」という具合に使います。

  • 「I’m not up for _____.」→「〜したくない・する気分ではない」
  • 「Are you up for _____?」→「〜はどう?・したいですか?」
  • 「_____, if you’re up for it. / If you’re up for it, _____」→「もし〜したい気分なら〜」
I’m up for bungee jumping. I’ve always wanted to try it.(バンジージャンプやりたい!前からずってやってみたかったんだよね。)
We’re going to a yakitori joint tonight if you’re up for it.(今夜、焼き鳥を食べに行くねんけど、もしよかったら一緒にどない?)
I’m definitely not up for clubbing. I’m staying in tonight.(全然クラブへ行く気分じゃない。今夜は家にいるよ。)

2) I’m down!
→「〜しましょう / やりましょう / 行きましょう!」

この「I’m down」という言い回しは、上記の「I’m up for it/that」と意味も用法も全く同じなのですが、どちらかというとアメリカ人(特にカリフォルニア)の若者がよく使っています。例えば、「Do you want to go surfing tomorrow?」の質問に対し、カリフォルニアの若者は「I’m down, dude.(いいね。行こうぜ!)」と返事をすることが多々あります。

  • 「I’m down to _____」→「〜をしたい・やりたい」(“for”でなく“to”なので注意)
  • 「Are you down to _____?」→「〜はどう?・したい?」
  • 「_____, if you’re down. / If you’re down, _____」 → 「もし〜したい気分なら〜」
All-you-can-drink for only 1,500 yen? I’m down! Let’s get that.(飲み放題がたったの1,500円!?いいね!それにしよう!)
I’m down to go karaoke tonight. Which one are you going to?(うん、カラオケに行きたい。どこのカラオケに行くの?)
I’m thinking about ordering the raw chicken. Are you guys down to try it?(鳥刺しを注文しよう思ってるんやけど、みんなも食べてみーひん?)

 

動画レッスン

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. なつめ より:

    毎回ほんとに役に立つものばかりで、ブックマークしてひまなときに読んでいます。これからも楽しみにしてます!もし、誘いに乗る気分ではなければ、I don’t feel like -ing などをつかえばいいのでしょうか?

    • Jun より:

      なつめさん

      こんにちは。いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます!乗り気でない場合、「I don’t feel like _____ing.」でOKです!

  2. すずか より:

    こんにちは!いつも拝見してます。
    I’m down〜.の表現初めて聞きました!down と聴くと、let me downの時のように、何かを落とす、ガッカリさせるというイメージが強かったので、この場合のdownをどういう感覚で理解したらよいのか…すこし混乱しています。
    「首を縦に振る」という解釈でしょうか?

    • Jun より:

      すずかさん

      こんにちは!「Up」と「Down」は対義語なのに、同じ意味を持つって本当に紛らわしいですよね(笑)「首を縦に振る」と覚えると確かにイメージしやすいです!語源は明確ではありませんが、”write down(書き留める)”や”put down(書き留める/申し込む)”から転じてると説明しているサイトがいくつかありました。紙に書くことによって、何かをしたり、どこかへ行くことの約束をするのような意味合いでしょうか。でも、私はすずかさん「首を縦に振る」の発想が好きです。

  3. こころ より:

    こんにちは!
    いつも楽しみにしています!
    I have a queation!
    I’m up for の後には名詞句で、
    I’m down toの後には動詞の原型ですか?

    • Jun より:

      こころさん

      こんにちは!”for”の後は一般的に「名詞」もしくは「動詞ing」がフォロー、”to”の後は「動詞」になります。

  4. Masami より:

    Hi Jun!!
    “I’m down ” 私も去年かなり悩みました。
    何で”down” が、ぜひ~~しましょう! になるのか、調べまくりました。ある時、” I’m in if you’re down to get down tonight ” と言う一節を見ました。”down” が、二回も使用されていました。この場合の、” to get down ” は
    ” Have a good time ” のような意味でしょうか?例えば、クラブやパーティのような感じですか?
    ” To get down ” これも使い方次第で、真逆になりますね。カリフォルニアでも、この様な使い方はされますか?
    例えば”bad” が、悪いという意味と、地方により、”cool” の様に使用されたり、なかなか、興味深いです。伸びしろはまだまだありますね。(笑)

    • Jun より:

      Hey Masami!

      「Get down tonight」・・・これはかなりインフォーマルな言い方ですね。「Get down」は「have a good time」というよりは「dance」に近い意味合いを持ち、簡単に言ってしまえば「踊りまくる」ことを表します(笑)アメリカの日常会話ではこのような「真逆の意味」を持つフレーズはたくさんあります!!

  5. Masami より:

    なるほど。
    踊りまくる。とは….
    謎解明です。お忙しい中、ありがとうございました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム