日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.08.23

「日焼け」の英語は、日焼けの度合い次第?

「日焼け」の英語は日焼けの度合い次第

先日、日本人の友人と英語で会話している際、友達が「I went to a nearby pool to get a sunburn.」と言いました。彼は「日焼けしに近所のプールに行った」と言いたかったのはだいたい検討がついたのですが、その場合は「get a sunburn」と表現すると意味が異なる・・・というかちょっと変です。(笑)そこで今日は「日焼け」を意味する英語「Sunburn」と「Suntan」のニュアンスの違いについて説明しようと思います。

1) Sunburn
→「(肌がヒリヒリするまで)日焼けする」

“sunburn”は、肌が真っ赤になってヒリヒリするまで日焼けすることを意味します。パンを焼き過ぎて焦がしてしまったり、熱湯で手を火傷してしまったりすることを“burn”と言い、それに“sun(太陽)”をくっ付けた単語と連想すれば分かりやすいと思いますが、“sunburn”は意図的に程よく日焼けするのではなく、想定外に日焼けし過ぎるニュアンスになります。

  • 「日焼けする」→「Get sunburn(ed)」
  • “Sunburn”の過去形は“sunburned”と“sunburnt”のどちらでもOK。アメリカでは“sunburned”の方がよく使われる。
Oh my god! You got so sun burned. You are so red!(うわ!めっちゃ焼けたなー!真っ赤っかやん!)
You’re going to get sun burned. You should put on sunscreen.(日焼けするよ。日焼け止めを塗った方がいいよ。)
I got a little sun burned. My skin’s starting to peel.(ちょっと焼き過ぎたな。皮がめくれてきちゃった。)

2) Suntan
→「(いい感じに)日焼けする」

“suntan”は、ヒリヒリしたり皮がめくれたりすることなく、いい感じに程よく日焼けすることを意味します。「Tan color」は「黄褐色(おうかっしょく)」を意味することから、日焼けをして肌が綺麗な小麦色になることを表し、(アメリカでは)健康的なニュアンスとして使われます。

  • 「日焼けする」→「Get a suntan」、「日焼けした」→「Get suntanned」
  • 日常会話では“sun”を省いて“tan”と表現することが多い。
You got suntanned! Did you go to the beach or something?(日焼けしたね。海にでも行ったの?)
I’m so pasty. I need to get a tan.(私の肌ってめっちゃ青白いねん・・・日焼けせなあかんわ。)
You got a really nice tan!(いい感じに日焼けしてるね!)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム