日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.06.14

アメリカ人の定番「Air Quotes」?

Air Quotesとは?

アメリカ人が会話をしている最中に、写真のように両手をピースサインにして、それぞれの人差し指と中指をチョンチョンと2回曲げる仕草を見たことありませんか?アメリカ人は結構よく使う仕草なので、知っている人も多いかと思います。今日はこのボディージェスチャーの意味と使い方をご紹介したいと思います。

皮肉や引用の意味を示す「Air Quotes」

会話をしている最中に両手をピースサインにして、それぞれの人差し指と中指をチョンチョンと2回曲げる動作を英語で「Air quotes」と呼びます。“Quote”は文章のなかで言葉を強調する時や引用する際に用いられるマークのことを指し、指をチョンチョンと曲げる動作によってその「Quotation mark(引用符)」表現しており、会話では皮肉や反論、からかいなどの意味を込めて使われることが一般的です。

例えば、友達が「Joshua and Emily are just “friends”」というセリフを「Friends」の部分でAir quotesしながら言った場合、ジョシュアとエミリーは「ただの友達」ではなく、「友達以上の関係」であることを皮肉っぽく表した言い方になります。また、皮肉や反論などの他に、誰かが発言したことや書物を引用する意味としても用いられることも一般的です。

  • ボディージェスチャーをせずに「Quote unquote」と口に出して表現してもOK。
Greg said he “accidentally” erased all the files.(グレッグさんは「誤って」全てのファイルを削除したと言っています。)
My son wants a new iPad because he needs it to “study.”(私の息子は「勉強」をするためにiPadを欲しがっている。)
E-cigarrettes are supposed to be “healthier” than cigarettes.(タバコより電子タバコの方が「健康」だそうだ。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム