日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2016.04.12

「Big Day」ってどんな日?

「Big Day」ってどんな日?

皆さんは「Big day」という表現を耳にしたことがありませんか?ネイティブの日常会話ではよく使われる表現なのですが、実は用法によって微妙に意味が変わってくるので、勘違いしないようにニュアンスの違いをしっかり理解できるようになっておきましょう。

1) Big day
→「大事な日」

大学の入学試験や仕事の重要なプレゼン、誕生日から記念日まで、いつもとは違う特別な日を一括りで「大切な日」や「重要な日」と表現する際に用いるパターンです。

  • 一般的に用法は「One’s big day」となる。
It’s your big day today. Are you ready for your presentation?(今日は重大な日だね。プレゼンの準備はできた?)
It’s Jennifer’s big day tomorrow. She’s taking the bar exam.(明日はジェニファーさんにとって大事な日です。司法試験を受けます。)
It’s my sister’s big day tomorrow. She’s turning 21 years old!(明日は妹にとって特別な日です。21歳になります!)

2) Have a big day
→「大変な一日」

忙しく慌ただしい日も“Big day”と表現しますが、単に忙しいだけではなく、重要な仕事や用事をたくさん抱えているニュアンスが含まれます。例えば、午前は社長を空港まで迎えに行って、夕方は株主総会に出て、夜は大事な取引先と食事・・・のような大変な一日を「I had a big day.」と表現します。

I had a big day today. I’m exhausted.(今日は大変な一日だった。へとへとだよ。)
I have a big day tomorrow. I’m going to get to bed early tonight.(明日は忙しいので今夜は早めに寝ます。)
It sounds like you had a big day. Do you want to go grab a beer?(大変な1日だったみたいだね。ビールでも飲みに行かない?)

2) (The) big day
→「結婚式」

“Big day”は「結婚式」を口語的に表現する際にも使われます。例えば、「結婚式の準備はできましたか?」は「Are you ready for the big day?」になります。インフォーマルな表現なので、フォーマルな場での使用は避けたほうがいいでしょう。

  • 結婚式として使う場合、「A big day」ではなく必ず「the big day」になる。「One’s big day」でもOK。
I heard you got engaged. Congrats! So when’s the big day?(婚約したんだってね。おめでとう!結婚式はいつなの?)
The big day is right around the corner. Are you getting nervous?(もうすぐ結婚式だね。緊張してきた?)
I’m looking forward to your big day! It’s going to be so much fun!(結婚式楽しみにしています!楽しい式になるよ!)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム