日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.11.12

英語で「連続」を表現できますか?

英語で「連続」を表現できますか?

今日のコラムでは「連続して〜する」や「立て続けに〜する」など、「連続」を表現する際に使われる代表的なフレーズをご紹介します。意外と知らない人が多いように感じますが、日常会話では誰もが必ず使うことがあるはずなのでマスターしておきましょう!

1) In a row
→「連続して」

“Row”は「列」を意味し、何かが立て続けに起こることを“in a row”と表現します。例えば、友達とじゃんけんをして3回連続勝った場合「I beat you 3 times in a row.」となります。“Consecutively”と同じ意味ですが、“in a row”はより口語的な表現になります。

  • 基本的に文末で使われる。
I went to the gym for 5 days in a row.(5日間連続でスポーツジムへ行きました。)
He hit 4 birdies in a row and won the tournament.(彼は4回連続バーディーをきめて、そのトーナメントで優勝しました。)
She won the speech contest for the third year in a row.(彼女は3年連続スピーチコンテストで優勝しました。)

2) Straight
→「続けて」

“Straight”も“In a row”と全く同じ意味で、何かが続けに起こることを表す日常表現です。文脈により、休むことなくぶっ通しで何かをするニュアンスが含まれます。例えば「今日は10時間ぶっ通しで仕事をしました」と言う場合は「I worked 10 hours straight today.」となります。

It’s been raining for 6 straight days. When is it going to stop?(もう6日間ずっと雨やで。いつになったらやむねんな。)
I studied English for 8 straight hours last night.(昨晩は、8時間ぶっ通しで英語の勉強をしました。)
This is my third straight year going to Japan.(日本へ行くのは今年で3年連続です。)

3) Streak
→「連続」

“Streak”も何かが連続で起こることを表しますが、一般的に「連勝(Winning streak)」や「連敗(Losing streak)」”を表現する時に使われます。例えば、野球チームが5連勝している場合は「They are on a 5 game winning streak.」と言います。

  • その他、“Lucky streak(幸運が続く)”や“Unlucky streak(不運が続く)”もよく使われる。
We need to snap our 3 game losing streak today.(今日の試合で3連敗から抜け出さないと。)
You are on a hot (winning) streak right now. Bet more money!(今、連勝の波に乗っているんやし、もっとお金を賭け〜や!)
I feel like my lucky streak is going to end soon.(そろそろ幸運がストップすると思います。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Kotone より:

    Jun san, Back to back もよく使われますね。授業がたて続けにある(back-to-back classes)とか。例文を探していたら、前に着く場合ハイフォンがついて、後ろだとハイフォンなしの文があるのですが、どちらでもいいのですか?

    • Jun より:

      Ketoneさん、

      Excellent expression! “Back to back”も何かが立て続けに起こることを表す、口語的なフレーズです。形容詞として使う場合は”Back-to-back”、副詞として使う場合は「back to back」です。近いうちに、”Back to back”も記事にアップデートしておきます。Thank you!

      • Kotone より:

        いつも親切に教えていただき、ありがとうございます!そうですね、7-year-old boy とかと使い方は同じですね。記事にアップデートして頂けると嬉しいです。

  2. Maki より:

    いつも為になるレッスンをありがとうございます!時々日本文が大阪弁なのは、なぜなんでしょう??

    • Jun より:

      Makiさん、

      ありがとうございます。一緒にHapa英会話を運営しているパートナーが関西人です(笑)

  3. Nao より:

    こんにちは
    質問があるんですけど、一番最初のI went to the gym 5 days in a row.
    ここだけ前置詞のforは必要ないんでしょうか?
    なくても問題ないという表現なんでしょうかよければ回答いただければ助かります

    • Jun より:

      Naoさん、

      ご指摘ありがとうございます。”For”が抜けていましたね。早速修正しました。
      Thank you!

  4. Momoyo より:

    Junさん いつもHapa英会話のサイトで勉強させていただいてますMomoyo です。

    She won the speech contest for the third year in a row.
    の文章では “the third year” となってますが、
    こちらはthree ではなく third になるのでしょうか。
    他の5 days in a row, 8 straight hours などは 発音すると five, eight かと思いますが、なぜ上記の the third year は序数になるのでしょうか。
    教えてください。

  5. yuri より:

    いつも参考になる記事をありがとうございます。
    分からない事があるので、質問させてください。

    “straight”の位置についてです。例文で、

    10 hours straight 【数字+単位+straight】
    8 straight hours 【数字+straight+単位】

    となっていますが、straight の位置は、hours の前でも後でも
    どちらでも良いのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    • Jun より:

      Yuriさん

      こんにちは。「Straight」の位置は「hours」の前後で使えます。意味とニュアンスはどちらも同じです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム