日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.04.21

「Going to」と「About to」を適切に使い分けていますか?

「Going to」と「About to」を適切に使い分けていますか?

今後の予定を伝える時、「(be) going to」と「(be) about to」のフレーズがよく使われますが、それぞれのニュアンスの違いについてはご存知ですか?とても簡単な違いなので、適切に使い分け出来るようになりましょう。

1) Going to _____
→「〜をします」

“Going to”は、未来系を示す時に使われる表現で「〜をします」を意味します。但し、漠然とした未来を示し(明確に示さない限り)、聞き手はその出来事をいつするのか分かりません。例えば、「I’m going to do my homework.」は「宿題をします」を意味しますが、今すぐ宿題をするのか、1時間後にするのか、聞き手は判断することはできません。

  • 「in one hour(1時間後に)」や「tomorrow(明日)」、「next month(来月)」などと合わせて使い、具体的な時期を示すことができます。
  • 「I was going to _____」のように過去形で使う場合、「〜をしようと思っていた」を表し、何かをする意図はあったが結局しなかった(できなかった)意味合いとして使われることが多いです。
I’m going to clean my room.(部屋の掃除をします。)
He’s going to give a speech in one hour.(彼は一時間後にスピーチをします。)
I was going to call you but I didn’t have reception.(電話をしようと思っていたのですが、圏外でかけられませんでした。)

2) About to _____
→「これから〜をします・これから〜しようとするところ」

“About to”は「今すぐ〜をする」や「まさに〜をしようとするところ」のように、何か出来事をこれからする、若しくはしようとする事を強調したい時に使われるフレーズです。例えば、「I’m about to do my homework.」は「これから宿題をしようと思っています」と「今」宿題を始めるニュアンスが含まれます。

  • “About to”は「今すぐ」を強調するので、「in one hour(1時間後に)」や「tomorrow(明日)」を加えると矛盾したことを言うことになるので注意しましょう。
  • 「今すぐ」をより強調したい場合は“Just”を加え、「just about to(今ちょうど〜をするところ)」と表現します。
  • “I was (just) about to”と過去形で表現する場合「今まさに〜をするところでした」を意味します。
I’m about to clean my room.(これから部屋の掃除をします。)
He’s about to give a speech.(彼は今スピーチをするところです。)
I was just about to call you. How’s it going Mike?(今ちょうど電話をするところでした。マイクさん元気?・・・【状況】マイクさんに電話をかけようと思ったその時に、マイクさんから電話がかかってきた。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. Aki Motoki より:

    Hi Jun,
    すごくわかりやすかったです。
    スッキリ!!
    be supposed to との違いも教えてほしいです。
    ぼんやりとしかわかっていません。
    意味はどう違うの?過去形では?使い分けは??

    よろしくお願いします。
    Aki

  2. koki より:

    はじめまして、とてもよくわかりました。
    いつも動画見てます!
    『be going to』と『will』の使い分けを知りたいです。

    • Jun より:

      Kokiさん

      こんにちは。”Going to”と”Will”の違いですが、基本的に”Going to”は「事前に計画をしていた未来を表す時」に対して”Will”は「予め決まっていない未来を表す時」に使われます。例えば、週末に大阪に行くと伝える場合は”I’m going to Osaka this weekend”になりますが、友達にオレンジジュース買ってきてと頼まれたらその返事は”OK. I will get it”になります。その他にも、細かな使い分けがありますが、近い将来ブログで使い分けをアップしますね。

  3. Taka より:

    はじめまして。いつも動画で勉強させてもらってます!質問なのですが、About to_は疑問文に活用することもできますか??

    • Jun より:

      Takaさん

      こんにちは。「About to」は疑問文としても使えます。「What are you about to do?(これから何をするつもりなの?)」

  4. ショウ より:

    こんにちは。いつも勉強させてもらっています。単なる進行形も「これからすぐにやります」という意味にもなりますよね?

    I’m buying the book.
    I’m about to buy the book.

    これらはどんな違いがありますか?

    • Jun より:

      ショウさん

      こんにちは。”I’m buying the book.”は「今、本を買っています」に対し、”I’m about to buy the book.”は「これから本を買うところです」になります。

  5. Hiro より:

    はじめまして。

    be about toとwhenの組み合わせ方が良く分りませんので、教えていただければ。

    「私がバスに乗ろうとしたとき、鞄がなくなっているのがわかった」
    という並べ替えの問題で、
    テキストの正解は、
    I was about to board the bus, when I realized my bag was missing.
    でしたが、
    When I was about to board the bus, I realized my bag was missing.
    ではダメなでしょうか。

    宜しくお願いします。

    • Jun より:

      Hiroさん

      こんにちは!う〜ん、日常会話では「When I was about to board the bus, I realized my bag was missing.」は一般的に聞く言い方です。テキストの質問はある形式を求めていたのかも?しかし、会話ではHiroさんの答えで問題ありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム