日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第50回「St. Patrick’s Day」

Released: 2015.03.15

第50回目のポッドキャストのテーマは「St. Patrick’s Day」です。今日の会話ではモニークさんとケルシーさんがどのように「聖パトリック祭」を祝うのかを話します。今日の会話を聞きながら「聖パトリック祭」にどんな食べ物を食べるのかを注意して聞いてみましょう。

 iTunesでダウンロード

会話内容「St. Patrick’s Day」

【Kelsey】So what are your plans for St. Patrick’s Day?

【Monique】Uh well St. Patrick’s Day um I always wear green. Uh I think they…they teach you that as a child because if you didn’t wear green then all the school kids were gonna (going to) pinch you (laugh).

【Kelsey】(Laugh).

【Monique】So um and uh if there’s any color themed holiday like um even if I don’t have a boyfriend on Valentine’s Day I’m always wearing like the Valentine’s color like red or pink or white. I get super holiday, uh excited (laugh).

【Kelsey】(Laugh).

【Monique】So um I always plan a very green outfit and I also have like uh St. Patrick’s Day socks…

【Kelsey】Oh fun.

【Monique】with four-leaf clovers on them and stuff so I will be very green and um I uh always cook Irish food so I think last year I made um an Irish potato dish. Surprise there (laugh). So I had some uh Irish potatoes and then um I think my mom made some uh some Irish meat dish.

【Kelsey】Oh corned beef?

【Monique】Yeah corned beef and then um I know in my college campuses…if the campuses we’re allowed to have alcohol they’d have the green beer for all the college students to drink so really uh good time. What about you?

【Kelsey】I usually don’t do very much despite the fact that I’m actually very Irish (laugh).

【Monique】(Laugh).

【Kelsey】Um I know that um it’s common to go out drinking in the bars. But I don’t drink very much and I’m still in school so I’m pretty boring.

【Monique】(Laugh). How…How Irish are you?

【Kelsey】I’m over half Irish. So most of me should be participating.

【Monique】See I’m…I’m only like what? One sixteenth Irish and I do way more than you (laugh).

【Kelsey】You’re much more Irish than I am.

【Monique】My uh I have uh family in uh…that live in the suburbs of Chicago.

【Kelsey】Uh huh.

【Monique】And um well there’s the Irish, the sixteenth from my mom’s side and…but then their mom is half Irish so they’re also over…all my cousins are over half Irish and I know they really get into St. Patrick’s Day. A lots of Irish food and…

【Kelsey】Yeah.

【Monique】Wearing green and Chicago they have huge parade and…

【Kelsey】Yeah.

【Monique】they dye the river green, I’m like “Maybe I should go out and visit my family for St. Patrick’s Day.” That would be really fun.

【Kelsey】That would be a great holiday to visit there. To see the whole river green.

【Monique】And all those people in those plastic green top hats and…

【Kelsey】Yeah (laugh).

【Monique】That’d be really cool.

【Kelsey】Mm hm.

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What happens if you don’t wear green in grade school?
    小学校の時に緑色の服を着ないとどうなるのでしょう?
  2. What did Monique and her mom cook for St. Patrick’s Day last year?
    モニークさんとモニークさんの母親は去年「聖パトリック祭」に何を料理しましたか?
  3. How does Chicago celebrate St. Patrick’s Day?
    シカゴでは「聖パトリック祭」をどのように祝いますか?

 

Answers(解答)

  1. You get pinched if you don’t wear green.
    緑色の服を着ていなかったらつねられます。
  2. They cooked Irish potatoes and meat.
    アイルランド風のジャガイモと肉を作りました。
  3. Chicago has huge parades and dyes the river green.
    シカゴではパレードを開催し、川を緑色に染めます。

 

Summary(要約)

Monique always wears green on St. Patrick’s Day. She remembers that as a kid, you would get pinched if you did not wear a green outfit.
モニークさんは「聖パトリック祭」に必ず緑色の洋服を着ます。子供の頃に、緑色の服装を着ていないとつねられることを思い出しました。

Monique cooks Irish food on St. Patrick’s Day every year. Last year her and her mother cooked Irish potatoes and corned beef.
モニークさんは毎年「聖パトリック祭」にアイルランド料理を作ります。去年は母親と一緒にアイルランド風のジャガイモとコンビーフを作りました。

Kelsey is Irish but she does not celebrate St. Patrick’s Day. It’s common for people to go drinking at bars on St. Patrick’s Day but Kelsey is not a big drinker.
ケルシーさんはアイルランドの血が入っていますが「聖パトリック祭」を祝いません。多くの人は基本的にバーに行きますが、ケルシーさんはお酒をほとんど飲みません。

Kelsey is over half Irish and Monique is one sixteenth Irish. Monique has relatives who live in Chicago and they have a big celebration on St. Patrick’s Day every year.
ケルシーさんは半分以上、モニークさんは16分の1アイルランドの血が混ざっています。モニークさんの親戚はシカゴに住んでおり、毎年「聖パトリック祭」を盛大に祝います。

Chicago has huge parades and dyes the river green on St. Patrick’s Day.
シカゴでは「聖パトリック祭」に大きなパレードを開催し、川を緑色に染めます。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Theme(テーマ)

◎ 意味は日本語のテーマと同じで、主題や話題を指します。ここで気をつけておくポイントは発音になります。 「テーマ」と発音するとアメリカ人には通じませんので気をつけましょう。正しい発音の仕方は“Theme”になります。
◎ テーマ(Thema)はドイツ語から由来した外来語になります。

  • What’s the theme?(テーマは何ですか?)
  • We need to decide on a theme.(テーマを決めないと。)
  • The theme of my speech is global warming.(私のスピーチのテーマは地球温暖化です。)

2) Despite the fact that(〜という事実にも関わらず)

◎ “Despite”と意味は同じですが、“Despite the fact”のほうがよりフォーマルな言い方になります。違いは文章構成にあります。
◎ “Although”や“Even though”がインフォーマルな表現の仕方です。

  • I don’t celebrate St. Patrick’s Day despite the fact that I’m Irish.(私はアイルランドの血が混ざっているにも関わらず、聖パトリック祭を祝いません。)
  • He passed the test despite the fact that he didn’t study. (彼は勉強していないのにも関わらず試験に合格しました。)
  • I went to work despite the fact that I had the flu.(インフルエンザにかかっていたにも関わらず仕事に行きました。)

3) I don’t drink very much(お酒をあまり飲みません)

◎ お酒を普段あまり飲まないと相手に伝えたい場合は“I don’t drink (very) much”を使いましょう。お酒が弱いと表現したい場合は“I can’t drink (very) much”と表します。さらにお酒が全く飲めない場合は“I can’t drink”になります。
◎ その他、お酒にまつわる表現を幾つかご紹介します。「ほろ酔い」は「I’m buzzed.」、「酔っ払っている」は「I’m drunk.」、「ベロベロの状態」は「I’m wasted」などと表現します。

  • I haven’t been drinking much these days.(最近はお酒をあまり飲んでいません。)
  • I can’t drink very much. I get drunk easily.(お酒は弱いです。すぐに酔っ払います。)
  • This beer is really strong. I’m buzzed.(このビール強いですね。ちょっと酔っ払いました。)

4) How _____ are you?(どれくらい〜なの?)

◎ 相手の状態や気持ち、性格や外見などについて「どれくらい〜なのか?」と尋ねる時によく使われる質問の仕方です。今日の会話ではモニークさんがケルシーさんに「How Irish are you?(どれくらいアイルランドの血が混ざっているのですか?)」と尋ねましたように、混血の人に対して、どれだけその国の血が混ざっているのかを聞くときに使えます。
◎ 基本的に“How”と“are you ”の間に形容詞か名詞が入ります。

  • How drunk are you? (あなたはどれくらい酔っているのですか?)
  • How tall is he?(彼の身長はどれくらいですか?)
  • How smart is she?(彼女はどれくらい頭がいいのですか?)

5) Get into(夢中になる・熱中する)

◎ “Get into”は非常に多くの意味を持つフレーズですが、今日の会話では、物事に夢中になったり、熱中したりすることを表す意味として使われています。
◎ イベントやお祭りなどを盛大に祝ったり、周りの目を気にせず趣味に没頭したり、または何かを本気でやるニュアンスがあります。

  • My family really gets into St. Patrick’s Day.(私の家族は聖パトリック祭を盛大に祝います。)
  • My friend really gets into it when he dances.(私の友達はダンスをすると夢中になります。)
  • She is really getting into it. She’s a different person when she sings.(彼女は夢中ですね。歌を歌うと人が変わりますね。)

 

Vocabulary(単語)

  • Pinch・・・つねる
  • Outfit・・・洋服
  • Four-leaf clover・・・四葉のクローバー
  • Suburbs・・・郊外
  • Dye・・・染める

Expressions(表現)

  • One sixteenth・・・16分の1
  • Way more・・・〜よりももっと
  • Go out and visit・・・遊びに行く
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト