日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2015.02.23

Applying and doing(ブルース・リー)

Applying and doing

世界の偉人が残した名言・格言を英語と日本語でご紹介。今回は説明不要の世界的アクションスター「ブルース・リー」の名言をご紹介。彼の主演作『燃えよドラゴン』はアメリカを皮切りに、世界中で大ヒットした人気映画。何処にいようと常に武道家としての修行は怠らない努力家だったそうです。不運にも病のため32歳という若さで他界。

Knowing is not enough, we must APPLY.
Willing is not enough, we must DO.

知るだけでは不十分だ。実際に応用しなければならない。
やる気があるだけでは不十分だ。実行しなければならない。

ブルース・リー(Bruce Lee)

ブルース・リー(Bruce Lee)

[ 1940-1973 ]

アメリカ/サンフランシスコ生まれの中国人。武道家、俳優、映画プロデューサーなどで活躍。世界的なヒット映画『燃えよドラゴン』で主演を努める。

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. toboji より:

    いつも英語の勉強に活用させて頂いております!ありがとうございます。

    Willing ですが、意識ではなく、意志/やる気
    ではないのかなと思いましてコメントしました!

    これからも素晴らしいレッスンを楽しみにしています。

    • Jun より:

      Tobojiさん、

      ご指摘ありがとうございます。ここは”Typo”で、”Will”は「意志」を意味します。「やる気」のほうが分かりやすいと思うので早速修正しました。ありがとうございます!

      今後も頑張ってください!

  2. Masami より:

    Hello!! Mr.Jun!! いつも、super handy な、コラムをありがとうございます。
    ‘ Willing ‘ について、検索していたら、偶然にもここに、たどり着きました。言葉の力ってすごいですね。この二行に、今の自分はどうなの?と、考えさせられるものがありました。また、Hapa英会話さんを知り、まだ、三ヶ月程度ですが、今では生活の一部に溶け込んです。本当にありがとうございます。
    さて、ここから、質問があるのですが、
    私の英語のレベルではかなり、無理があるのですができる範囲でやってみます。
    So please let me ask you in English for my English skills! I visited an English club just recently. They were talking about the lay judge system in Japan there. And the title was that ‘ How would you feel if you were chosen to be a lay judge in a criminal trail and then one of students said “If I’m chosen to be a lay judge, I’m willing to go there, because I’m curious about it!!
    And I thought ” I see, but I’ve never used ” Willing ” as a verb in conversation in my mind then and at the same time, to be honest, I don’t want to be a lay judge because I don’t want the responsibility of determining someone ‘s fate, however if I’m chosen to be it, I should be it!!

    すみません。日本語に戻します。
    つまり、今まで、あまりWilling を、動詞として使っているネイティヴと話をしたことがないので、(たまたま、そのような話にならなかったのかもしれないですが)
    個人的には、名詞と副詞にしか、馴染みがなかったので
    もちろん文法的にも合っていると思いましたが、実際この様な状況で、誰もが快諾とはいかない場合、ネイティヴの方は、
    I’m willing to help you!! とか、
    I’m willing to do it!!
    など、普段の会話で使われるのかとふと疑問に思いました。
    また、お時間のある時で良いので、教えていただけたら助かります。長々と失礼いたしました、
    Anytime is OK for me!!
    Have a good one!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム