日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

第41回「クリスマス」

Released: 2014.12.25

第41回目のポッドキャストのテーマは「クリスマス」です。今日はジャンソンさんとジェニファーさんがクリスマスの過ごし方について話します。今日の会話はカジュアルで分かりやすい内容なので、気軽に聞き流せるエピソードになるかと思います。

 iTunesでダウンロード

会話内容「クリスマス」

【Jennifer】So Jansen, what are your plans for New Years and Christmas?

【Jansen】Oh Christmas and New Years?

【Jennifer】Yeah.

【Jansen】New Years and Christmas? What order do they come in this year?

【Jennifer】Well it’s Christmas first and then it’s New Years.

【Jansen】It’s different every year isn’t it? Just kidding. Christmas first right?

【Jennifer】Yes.

【Jansen】Uh well um my family…for Thanksgiving my family gets together um my father’s side, my dads side and then um and then on Christmas day, my mothers side gets together. So we go to San Diego for my dad’s side and um uh kind of near L.A. for my mom’s side. Yup and yeah I come from pretty big families. You know, my…my dad has nine siblings and my mom has eight so…

【Jennifer】Wow.

【Jansen】It’s pretty big parties.

【Jennifer】So it’s always very lively right?

【Jansen】Yeah. Yeah you can say that. Or loud

【Jennifer】Oh OK.

【Jansen】Just like unbearable.

【Jennifer】And…and then New Years?

【Jansen】New Years…Um yeah sometimes I spend it with my friends but this year I think I might spend it with my friends I guess. Yeah you know usually we just uh hang out at someone’s house and you know just have some drinks and play games and stuff. Yeah what about yourself?

【Jennifer】Uh ours is pretty low key, uh we don’t do too much. (On) Christmas we’ll exchange cards, maybe some presents…that’s at home.

【Jansen】Uh huh.

【Jennifer】And then New Years we also stay home, maybe go out for dinner and then at night we turn on the TV, watch the countdown on the news.

【Jansen】Oh.

【Jennifer】They show the different countries at their different uh time zones like setting off the fire works.

【Jansen】Exciting.

 

Hapa英会話ポッドキャストプレミアム

 

Questions of the day(今日の質問)

  1. What does Jansen do on Christmas?
    ジャンソンさんはクリスマスの日にどんなことをしますか?
  2. How does Jansen celebrate New Years?
    ジャンソンはどのようにお正月を祝いますか?
  3. What does Jennifer watch on the night of New Year’s Eve?
    ジェニファーさんは大晦日の夜、何を見ますか?

 

Answers(解答)

  1. Jansen gets together with his mom’s side of the family.
    ジャンソンさんは母方の親戚と集まります。
  2. He usually hangs out at his friend’s house, drink and play games.
    ジャンソンさんは普段、友達の家で飲んでゲームをします。
  3. Jennifer watches the year-end countdown on the news.
    ジェニファーさんはニュースで放送される年末カウントダウンを見ます。

 

Summary(要約)

Jansen usually spends Thanksgiving with his dad’s side of the family in San Diego and gets together with his mom’s side of the family for Christmas near Los Angeles.
ジャンソンさんは、サンディエゴで父方の親戚と感謝祭を過ごし、ロサンゼルス近辺で母方の親戚とクリスマスを過ごします。

Jansen comes from a big family. His dad has nine siblings and his mother has eight siblings.
ジャンソンさんは家族と親戚がたくさんいます。父親は兄弟が9人、母親は兄弟が8人います。

Typically Jansen spends New Year’s Eve at his friends house drinking and playing games.
ジャンソンさんは友達の家でお酒を飲んだり、ゲームをしたりして大晦日を過ごします。

Jennifer exchange gifts and cards at home on Christmas. She usually stays home for New Years as well and sometimes goes out for diner with her family.
ジェニファーさんはクリスマスの日にカードやプレゼントを交換します。お正月も家で過ごすことが習慣で、たまに家族と食事に行きます。

On New Year’s Eve, she watches the countdown on TV. The news shows different countries setting off fireworks and celebrating the New Years.
ジェニファーさんは大晦日に、テレビで年末カウントダウンを見ます。ニュース番組では、様々な国が新年を祝い、花火を打ち上げている様子を報道します。

 

Phrases of the day(今日のフレーズ)

1) Get together(集まる)

◎ ”Get together”は、友達や家族、同僚らと集合することを表す日常表現です。”Hang out”と意味が似ていて、友達と遊ぶニュアンスがあります。
◎ “Let’s get together”は、人を誘う時の定番のフレーズです。

  • On Christmas day, my mother’s side gets together.(クリスマスの日には母方の親戚が集まります)
  • Let’s get together this weekend.(今週末遊びましょう)
  • I got together with Todd yesterday.(昨日トッドさんと会いました)

2) Mother’s side / Father’s side (母方/父方)

◎ ”Side”は「側」を意味する単語で、”Mother/Father”と組みわせて使うことで「母方/父方」を表します。親戚が、母親側なのか父親側なのかを具体的に示すときに使われます。
◎ “Side of the family”が正式な表現の仕方になりますが、会話では省略して、”Side”だけで表すことが多いです。

  • My dad’s side lives in San Diego.(父方の親戚はサンディエゴに住んでいます)
  • My mother’s side of the family came over yesterday.(母方の親戚が昨日遊びに来ました)
  • I hardly know anyone on my father’s side.(父方の親戚はほとんど知りません)

3) Lively(活発な)

◎ ”Lively”は”Live”に基づいた言葉で、活気に溢れ生き生きとした状態を表します。
◎ 元気いっぱいでアクティブな人や活気のあるお店、または賑やかな雰囲気を表します。

  • So it’s always lively right?(いつもとても賑やかなんでしょうね)
  • I work with a lively group of people.(元気いっぱいのメンバーと働いてます)
  • This restaurant is really lively.(活気のあるレストランですね)

4) Unbearable(耐えられない)

◎ ”Bearable(耐えられる)”の否定形で「耐えられない」を意味し、形容詞として使われます。
◎ 人、仕事、天気、物事など様々なシチュエーションで使える便利なフレーズです。

  • Everyone is so loud that it’s unbearable.(みんながうるさくて耐えられません)
  • This cold weather is unbearable.(この寒さは耐えられません)
  • It was an unbearable pain.(耐えられないほどの痛さでした)

5) Low key(控えめ)

◎ 催し事などを派手にやらず控えめに行うことを意味する口頭的な表現です。特に、祝い事を盛大にやらず、限られた人数で控えめやるときによく使われます。
◎ その他、「地味」や「目立たない」という意味としても使われます。

  • Our New Years is usually pretty low key.(私たちは通常控えめにお正月を祝います)
  • I want to do a low key birthday party.(控えめな誕生日会をしたいです)
  • She is pretty quiet and low key.(彼女は静かで控えめな人です)

 

Vocabulary(単語)

  • Loud・・・うるさい
  • Countdown・・・カウントダウン
  • Time zone・・・時間帯・時差

Expressions(表現)

  • What order do they come in?・・・どの順番でしたっけ?
  • Hang out・・・遊ぶ
  • Set off fireworks・・・花火を打ち上げる
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. こすぎ みわ より:

    じゅん先生
    今年も一年お世話になりました。
    本当にありがとうございます。

    今年はじゅん先生のおかげで、
    ネイティヴの方が使う生の会話を学ぶことができました。
    アメリカ人の友達が、その表現を使ったときには、「わぁ‼︎ Hapa英会話で聞いた‼︎」と、嬉しくなりました。
    (例)We can grab a quick lunch.
    これからも教科書には載っていない、生の英会話を楽しみにしています。

    2015年の目標は、英会話と同時に歴史や
    文化や政治に関心を持って、勉強に取り組みたいと思います。
    昨年、オーストラリアに日本語教師のボランティアに行ったときに、移民の話しをお伺いし、多文化共生に興味を持ちました。
    来年、取り上げて頂きたいトピックは以下の3点です。

    ①国籍について
    (例)オーストラリアで育ったけど、親はアイルランドとカナダ人
    (例)アメリカで産まれたけど、台湾人と中国人のハーフ
    様々な人々が違うアイデンティティーを持ち、同じ国籍の中で共に社会を築く時に大切なこととは⁈

    ②国際結婚について
    普段の食事から子育てなど、千差万別⁈

    ③選挙について
    選挙の方法は⁈国民の関心は⁉︎

    2015年、皆さまにとって素晴らしい一年になりますように‼︎ またお会いできる日を楽しみにしております。

  2. Arai より:

    I was so glad to meet you at your seminar in Tokyo this year!
    Thank you so much for letting me have a wonderful time 🙂
    I’m going to improve my English skill until seeing you next year.
    よいお年を!

  3. Sally より:

    いつも楽しく聞いております!今年もとても楽しみにしています。ルームメイトがアメリカ人で日常会話の朝から晩まで1日の流れをテーマにトッピックに加えていただけると嬉しいです。例えば些細な会話ですが、朝『起こしちゃったかな?』『まだ体が起きれない〜〜〜』キッチンでの会話(料理の仕方を教える際の会話や、『火を強めた方がいいかもね〜』『煮込み過ぎちゃったかな〜』などネイティブの会話方法を教えていただきたいです。)を教えて頂けたら嬉しいです!今後とも楽しみにしています。

  4. Kotone より:

    Happy New Year!
    日本では1月20日まで新年の挨拶をしますが、アメリカではどのくらいですか?
    私が思うのは、一番多いのが正月で、元旦から3日くらいまで。長くても一週間くらい。

    質問があります。
    今日の「low key」は地味な服にも使えると思うのですが、服に関してはあまり聞いたことがないのですが、どうなんでしょうか?’plain clothes”あたりでしょうか?
    日本語の地味という言葉には、どこかネガティブなイメージがありますが、地味はなんでしょうか?ちなみに派手(目立ちたがり屋という意味も含んだ上で)はどうでしょうか?

    • Jun より:

      Happy New Year to you too, Kotone!

      「Happy New Year」を言う・言わない具体的な期間は決まっていませんが、年を開けてからまだ会っていない友達や同僚でしたら2〜3週間程度でしょう(私の個人的な感覚ですが)

      “Low key”が「地味な服」として使われることは聞いたことがありません。コラムにも述べたよう、祝い事を控えめに行うニュアンスがあります。地味な服は”plain clothes”もしくは”dress conservatively”と表すのが一般的でしょう。英語でも使い方によりけり、ネガティブな意味合いを持つこともあります(言い方や口調で変わります)「派手な服装」は”Flashy”がよく使われます。”That’s a flashy shirt”、目立ちたがり屋は”Someone who loves attention”と表現します。

      • Kotone より:

        回答ありがとうございます。
        2〜3週間程度でしょう(私の個人的な感覚ですが)
        アメリカ人にしては長い方ですよね^^
        Low Key wedding dressはインターネットに出ていました。アメリカ人とウェディングの仕事をしてたことがありますが、当時はシンプルすぎるなドレスは人気がなかったせいかこんな言葉も聞きませんでした。派手はやぱり「Flashy」が一般的なんですね。
        目立ち屋かりやまで教えていただいてありがとうございます。

  5. Hiroko より:

    いつも楽しく聴かせていただいております。
    今年もよろしくお願い致します。
    Low key の例文に出てくる”She is pretty quite…”は quietの間違いでしょうか?

    • Jun より:

      Hirokoさん

      こんにちは。いつもポッドキャストを聴いていただきありがとうございます。
      ご指摘ありがとうございます。ここは”quiet(静か)”です。早速修正しました。

      こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  6. Anna's mom より:

    Hi Jun,

    I want to share a little bit of my 2014. When it comes to English, your podcast brought a lot of inspiration in my life, like sharing my thoughts and knowing your points of view through this blog was really fun.
    It’s not flattery, but without you, I couldn’t had have such a wonderful English Year. I can’t thank you enough. Your 2014 that was spoken at the beginning of this podcast tells how much you put your effort to reach your goal “take action”, and thanks to your action, I enjoyed my study time. Thank you so much.

    BTW, I really like Steve Jobs commencement speech too. I was glad that you picked that up often times on your blog and podcast.
    My favorite part is “connecting the dots” cuz I think I’m the person who can’t give up what I like to do, study and speak English, and meet and know new people. The dots lead me exciting journey and that make what I am now.

    Lastly, I’d like to share another favorite phrase that my friend posted on her FB.
    “You don’t have to be brilliant to start, but you have to start to be brilliant”

    I think everybody feels fear when he starts something, but if you take an action first, I think you are already well on your way.
    I hope you, Jun and everybody have another awesome year!

  7. takemura より:

    Jun-san
    How is this year’s start?
    Please help me.
    I have listened 41st podcast about 50 times.But I can not hear this part of your introduction.
    『結局はやったことを後悔するのではなく、やらなかったことに後悔していた自分がいたからです』
    It sounds me 【ビコーズ アンディエンド アイ オールウェイズ エンディッド アップグレイディング シングス ザット アイ ディドゥーンユー ノット
    ザ ワン アイ ディド】
    Is this OK⁉︎

    • Jun より:

      Hi Takemura-san,

      I’ve been pretty busy (good busy) to start the year off but everything is excellent so far!
      Here is what I said:

      “Because in the end, I always ended up regretting the things that I didn’t do, not the ones I did.”

      You were really close! More than anything, your relentless effort to understand what I said is amazing. It’s only a matter of time before you’ll be able to hear and understand it all. Ganbare!

  8. Anna's mom より:

    Takemuraさん

    横から失礼します。
    Jun さんじゃ無いですが、多分こう言っていると思います。。
    【Because in the end, I always ended up regretting the things that I didn’t do, not the ones I did.】

    Typo や 間違ってる箇所あるかもしれないので、Jun さんの回答を待った方がいいですが、50回も聞いたと見て、私なりに聞いたまま書いてみました。ご参考になれば幸いです。

  9. takemura より:

    Jun-san & Anna’s mom
    Thank you for your prompt reply.
    I couldn’t listen “ended up regretting”.
    I have a good sleep at last.
    Thank you so much!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

ポッドキャスト