日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.09.16

「そろそろ」の英語を上手に使いこなそう!

「そろそろ」の英語を上手に使いこなそう!

英語では「もうそろそろ」を一般的に「It’s about time」を使って表します。但し、状況により使い方からニュアンス、また意味までもが異なります。今日のコラムではネイティブ並みに「It’s about time」を上手に使いこなすためのポイントをご紹介します。

1) It’s about time _____
→「そろそろ◯◯をしないと」

本来なら早めにやるべき事を後回しにしたり、ある程度時間が経って「もうそろそろ◯◯をしていい頃だ」と言いたい時に使われるパターンです。例えば、仕事もせずに毎日遊んでいるプー太郎の息子に「そろそろ仕事を探さないと」と言う場合は「It’s about time you found a job」になります。

  • 使い方:「It’s about time」+「主語」+「動詞(過去形)」・・・現在のことを話していますが、文法上は「過去形」を使うのが正しいです。しかし、ネイティブ同士の会話では、この動詞を「現在形」(It’s about time you find a job)で表すこともあります。
Your hair is getting long. It’s about time you got a haircut!(髪長くなってきたね。そろそろ切らないと)
Don’t you think it’s about time you got married?(そろそろ結婚したらどうですか?)
It’s about time I quit smoking.(そろそろタバコを止めないと)

2) It’s about time _____
→「やっと◯◯だ」

前にすべきことをようやくした時や、遅れている電車やバスなどがようやく到着する時に使われます。例えば、プー太郎の息子がやっと仕事を見つけたとします。その場合は「It’s about time you found a job!(やっと仕事を見つけたね)」になります。ご覧の通り、表現の仕方・文章構成は上記と全く同じですが、状況・言うタイミングが異なるだけでニュアンスが違ってきます。

  • 使い方:「It’s about time」+「主語」+「動詞(過去形)」
  • 「やっとだね!」→「It’s about time」

〜 会話例1 〜
A: Sorry I’m late.(遅れてすみません)
B: It’s about time you showed up. You’re an hour late.(やっと来ましたね。一時間も遅れているんですよ)

〜 会話例2 〜
A: Did you hear Martin proposed?(マーティンがプロポーズしたって聞きました?)
B: It’s about time! He’s been with her for over 10 years!(やっとですね。10年以上付き合っていましたからね)

〜 会話例3 〜
A: Our taxi is finally here.(タクシーがやっと来ました)
B: It’s about time! It took them 30 minutes to get here.(やっとだね!ここに来るのに30分もかかっています)

3) It’s about time to _____
→「そろそろ◯◯をする時間です」

これからランチに行ったり、家に帰ったりするなど「今が(何かを)する時間である」ことを表します。例えば、お昼休みに同僚に「そろそろランチに行く時間です」と伝える場合は「It’s about time to go to lunch」になります。

  • 使い方:「It’s about time」+「to」+「動詞」
It’s about time to go home.(そろそろ家に帰る時間です)
It’s about time to go back to work.(そろそろ仕事に戻る時間です)
It’s about time to end this meeting.(そろそろこのミーティングを終わらせましょう)

4) I gotta get going
→「そろそろ行かないと」

英語では帰る意思を示す決まり文句が「I gotta get going」(正しくは、I have got to get going)。「It’s about time to go」でも間違いではありませんが、「I gotta get going」のほうがよりナチュラルで自然な言い方になります。

  • その他に「I gotta go (I have got to go)」も頻繁に使われます。
  • 友達や同僚に「そろそろ行きましょうか?」と声をかけるときは「Shall we get going?」がよく使われます。
I gotta get going. See you tomorrow.(そろそろ行かないと。また明日ね)
It’s getting late. I gotta go.(遅くなってきたので、そろそろ行かないと)
Shall we get going? Where do you want to go next? (そろそろ行きましょうか?次どこへ行きますか?)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. 今西 より:

    「そろそろマイクが来る時間だ。」とか、自分家で寝ている友人などに、「ほら、そろそろ帰る時間だよ」っていう場合は何と言えばいいんですか。

    • Jun より:

      今西さん

      こんにちは!「そろそろマイクが来る時間だよ」は「Mike is coming soon」、「そろそろ帰る時間だよ」は「It’s time to go home」になります。

  2. lsxilo より:

    初めまして。この表現の品詞構造を色々考えたのですがどうしても分かりませんでしたのでご教授いただければ幸いです。「It is about time …」という文の「about」の品詞は前置詞なのでしょうか。だとすると

    「It is about time」は「I am in my room.」のような「S V +M」なのでしょうか?なんとなく「S V C」のように感じられるのですが。

    正解は何なのでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム