日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.07.17

待ち合わせや、目的地への移動中に必ず使える、日常生活の必須フレーズ!

待ち合わせや、目的地への移動中に必ず使える、日常生活の必須フレーズ!

今回のコラムでは、友達と待ち合わせをするなかで、約束した時間に遅れているときに電話やメールで「今向かってるよ」や「あと◯◯分で着くよ」と伝える最もナチュラルなフレーズをご紹介します。日常生活では必ず使うことになるフレーズなので身につけておきましょう。

1) I’m on my way
→「今向かっています」

「On one’s way」は「(目的地に向かう)途中」を表す最も一般的な表現です。友達から電話がかかってきて「Where are you?(今どこ?)」と聞かれた時に「I’m on my way.(今向かっているところです)」と返事するやり取りは、ネイティブの間でも頻繁に耳するとてもナチュラルな会話パターンです。

  • 「今こっちに向かっていますか?」→「Are you on your way?」
  • 「彼/彼女は今そちらへ向かっています」→「He/She is on his/her way」
  • 「◯◯に向かっている途中です」→「I’m on my way to ◯◯」
  • Hey did you leave yet?(ねぇ、もう出ました?)
  • Yeah, I’m on my way.(はい、今そちらに向かっています)
  • Are you guys on your way?(こっちに向かっていますか?)
  • Yeah we just left 10 minutes ago.(はい、10分前に出ました)
  • Jason where you are?(ジェソンさん、今どこですか?)
  • I’m on my way to the beach.(今海に向かっているところです)

2) I’ll be there in _____ minutes
→「◯◯分で着きます」

相手にいつ到着するかを伝えたい時に使える自然なフレーズです。上記のフレーズと組み合わせた「I’m on my way. I’ll be there in _____ minutes(今向かっています。◯◯分で着きます」という表現は、約束の時間に遅れている状況で必ずといっていいほど使われる、とても便利なフレーズです。

  • 「Minutes(分)」の代わりに「Hour(時間)」に置き換えてもOKです。
  • 「もうすぐ着きます」は「I’ll be there soon」
  • 「予定より遅れている」ことをと伝えたい場合は「I’m running late」と最初に知らせましょう。
  • Are you almost here?(もうすぐ着きますか?)
  • Sorry I’m on my way. I’ll be there in 15 minutes.(すみません、今向かっているところです。15分で着きます)
  • Is Lisa on her way?(リサさんはこちらに向かっていますか?)
  • She left a while ago. She should be there soon.(ちょっと前にでましたので、もうすぐ到着すると思います)
  • Hey Paul. I’m running a little late but I’ll be there in 30 minutes.(ポールさん、予定よりちょっと遅れていますが30分で着きます。)
  • All right. Call me when you get here.(分かりました。着いたら連絡してください)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム