日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.04.22

ネイティブが最も頻繁に使う「無理しないで!」の英語フレーズ

ネイティブが最も頻繁に使う「無理しないで!」の英語フレーズ

忙しい人、体調不良の人、頑張っている人など、相手の健康や体調を気にかけ「無理しないでね」と声をかける場面はよくあるかと思います。ネットや辞書を調べると「無理しないでください」を意味する英表現が沢山でてきますが、実は簡単なフレーズを覚えるだけで、色々な場面で使いこなすことができます。今日はネイティブが最も頻繁に使う「無理しないで」を表すフレーズをご紹介します。

一言で「無理しないでね」のフレーズ

1) Take it easy
→「お気楽に」

英語では「Take it easy」が「無理しないでね」に最も適した英表現です。直訳すると「お気楽に」になりますが、物事を深く考え過ぎず、または頑張り過ぎずに落ち着いて、エネルギーを使い過ぎないように・・・というニュアンスです。心配事を抱えている人、仕事で忙しい人、または体調不良の人に対して使えるとても便利なフレーズです。

  • 「Take things easy」と言う人もいますが、この場合は、相手の体調や忙しさを本当に心配をして「無理をしないほうがいいですよ」とアドバイスをするような言い方で表す事が多いので「You should take things easy」のセットで覚えておくと便利です。
  • 「Take it easy」はその他にも、お別れの挨拶(電話やメールも含む)「Bye」の代わりにもよく使われます。
I know you’re really busy with work but take it easy.(仕事で忙しいのは分かりますが、無理をしないでください。)
Take things easy for a few days until you get better.(体調がよくなるまでは数日間無理しないでください。)
Take it easy. See you next week.(じゃあ、また来週ね!)

2) Take care
→「お大事に」

このフレーズは相手の「体調」を気にかけて言う「無理しないでください」を表します。体調不良なのに仕事をしていたり、無理して頑張っている人に言います。

  • 「Take care of yourself」も全く同じ意味として使えますが、「Take care」のほうがカジュアルです。
  • 「Take care」は「元気でね」の意味を込めたお別れの挨拶(電話やメールも含む)としてもよく使われます。
Take care. Get some rest.(無理をしないで少しゆっくりしてください。)
Please tell her to take care of herself.(彼女に無理しないよう、お伝えください。)
Take care! Have fun Chicago.(じゃあ、元気でね。シカゴ楽しんでください。)

 

3) Don’t _____ too hard
→「◯◯をし過ぎないように」

物事を「やり過ぎないように」の気持ちを込めていう「無理をしないでください」を表します。◯◯には「work(仕事)」や「study(勉強)」など無理してやり過ぎない動詞を入れましょう。この表現の後に「Take it easy」を加えるのも自然です。

  • 「Don’t work too hard(仕事頑張り過ぎないように)」は日常会話で頻繁に使われる決まり文句です。アメリカ人は冗談半分で仕事を一生懸命頑張っている人や残業している人に、よくこのフレーズを言います。「無理をしないでください」のニュアンスを持った言い方です。
  • 「Don’t over do it」もよく耳にする表現で、自分の限界を超えてまで頑張っている人に対する「やり過ぎないように」を意味します。
  • 「Don’t be too hard yourself」は自分にとても厳しい人に対して言う「無理をしないでください」のニュアンスです。
You’re still here? Don’t work too hard. See you tomorrow.(まだいるの?無理しないようにね。また明日。)
You’re not in your twenties anymore. Don’t over do it.(もう20代じゃないんだから無理しないように。)
Don’t be too hard on yourself. Take it easy.(あまり無理をしないようにね。お気楽に。)

 

「無理して〜しなくていい」の表現

1) If you are _____, you don’t have to _____
→「無理をして◯◯をしなくてもいい」

日本語では「無理して食べなくてもいいですよ」のような言い方をしますが、英語では「もし◯◯だったら、△△しなくていいよ」と表します。例えば「無理して食べなくていいよ」は「If you are full, you don’t have to eat it all(お腹いっぱいだったら、無理して食べなくていいよ)」と表します。このパターンを覚えればどんな状況にも応用できます。

If you are busy, you don’t have to come.(忙しいんだったら、無理して来なくていいよ。)
If you are tired, you don’t have to go out.(疲れているんだったら無理して出かけなくていいよ。)
If you don’t want to drink, you don’t have to.(お酒を飲みたくなかったら、無理して飲まなくていいよ。)

2)You don’t have to go out of your way to _____
→「無理して◯◯をしなくてもいい」

このフレーズは「(誰かの)手伝いの為に無理をしなくてもいい」を意味します。「Go out of one’s way」は元々「自分の道からそれて回り道をする」という意味になります。要するに相手のために「わざわざ〜をしてあげる」というニュアンスです。ここでは「相手を手伝ってあげる」ことがポイントになります。

You don’t have to go out of your way to pick me up.(無理して私を迎えに来なくていいです。)
You don’t have to go out of your way to help me.(無理して私の手伝いにこなくてもいいです。)
He doesn’t have to go out of his way to buy me lunch.(無理して私のランチを買う必要はないです。)

 

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Ayaka より:

    ・If don’t want to drink, you don’t have to.(お酒を飲みたくなかったら、無理して飲まなくていいよ。)
    はyouを付け足して・If you don’t want to drink, you don’t have to.(お酒を飲みたくなかったら、無理して飲まなくていいよ。)でしょうか?

    • Jun より:

      Ayakaさん

      ご指摘ありがとうございます。「You」が抜けていました。正しくは「If you don’t want to drink」です。It’s been updated. Thanks 🙂

  2. akko より:

    Don’t work too hardは冗談半分にしか使わない表現なのですか?無理しないでね、と真剣な意味合いでは使わないのでしょうか。

    • Jun より:

      Akkoさん

      こんにちは。「Don’t work too hard」は冗談半分だけではなく、真剣な意味合いでも使われます。声のトーン・言い方で判断できるかと思います。

  3. nao より:

    初めまして!いつも勉強させてもらってます!
    フランスに住むメル友から「Take it easy.」と同じ意味で
    「Don’t force.」と言われたことがありますが、あまり使われない言い方でしょうか?

    • Jun より:

      Naoさん

      こんにちは。「Don’t force」はカリフォルニアでは聞かない表現ですね。フランス独特の言い方かもしれません。でも「Take it easy」と同じ意味が伝わりますね :)

  4. Emmi より:

    他大学の先生が、自分(大学院生)のフォローのために休日も仕事をしてくれいます。
    おそらく平日ご自身の仕事をして、土日にわたしの研究のフォローをしてくれているのですが、わたしが自分の研究のために土日も仕事をするのは当たり前ですが、先生に本来休めるはずの土日までつぶさせてしまうのが申し訳なくて・・・。
    でも、正直その先生の協力なしでは研究できません・・・。
    こういう場合のとっても目上の人への「無理しないでください」はどれを選べばよいでしょうか。

    • Jun より:

      Emmiさん

      こんにちは!その状況では「無理しないでください」の一言ではなく、Emmiさんがこのコメントに書いたことをそのまま先生に伝えたほうが、気持ちが伝わると思います。例えば「I really appreciate you helping out with my research project. I understand that you’ve been spending a lot of time going over my research project on the weekends and I’m very thankful for that. But please do not go out of your way.」のような感じで感謝の気持ちを込めて自分が思っていることをそっ着に伝えるといいでしょう!

  5. Masa より:

    先日 ネイティブの知り合いに 無理しないでを英語でどういうか聞いたら
    Don’t push yourself.
    これはあんまり使われないのですか?

  6. tetsuo より:

    いつもみてます、感謝感謝。
    ひとつだけお願いです。
    できれば You tubeの文字を画面中央にして大きくしていただけると助かります。

  7. てる より:

    はじめまして、無理はしなくてもいいよですが、どれもちょっと違うような感じがしてどれを使ったらいいか分かりません。

    忙しいときは無理しなくていいよ、大丈夫だよと言いたいときはどれが一番近いでしょうか?
    特に無理して何かをすると言うことではなく、私を気遣ってくれてる人に対してに言いたいです。

    • Jun より:

      てるさん

      こんにちは!忙しいときに「無理しなくてもいいよ」は「Take it easy」が最も適切な言い方になるかと思います。その他、「If you’re busy, don’t worry about it」もその状況にあった自然な言い方だと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム