日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.04.03

「So」と「Very」を使い分ける簡単ルール

「So」と「Very」を適切に使い分けてますか?

「So」と「Very」は両方とも「とても」を意味する単語ですが、使い方が若干異なります。適切に使い分けされていなくとも会話に支障をきたすほどではないのですが、ちょっと不自然な英語に聞こえます。誰でもすぐに使い分けができる簡単ルールをご紹介します。

「So」を使う状況
→ 相手が既に知っている情報や当然なことを述べる時

“So”は基本的に話し相手が既に知っていることについて話す場合に使われます。また純粋な感情を含み、親しみを感じさせるニュアンスがあるので、友達や同僚など関係が近い人に対して使われる傾向があり、インフォーマルな表現になります。

「Very」を使う状況
→ 相手にとって新しい情報を伝える時

“Very”は基本的に話し相手が知らないこと、相手にとって新しい情報を伝える時に使われます。スピーチや面接などフォーマルな場で使われる傾向があります

基本的なルールはこれだけです。ちょっとしたニュアンスの違いなので、あまり考え過ぎる必要はありませんが、違いを理解することで徐々に上手に使い分けができるようになります。例文で比較してみましょう。

1) It’s so hot today.(今日はとても暑いですね。)
※その場に居合わせている人に言うイメージです。

1) It’s very hot in Japan.(日本はとても暑いです。)
※日本に住んでいない人、行った事がない人に対して言うイメージです。

2) I’m so tired.(とても疲れています。)
※職場の同僚など、自分が疲れていることを分かっている相手に言うイメージです。

2) I’m very tired.(とても疲れています。)
※自分が疲れていることを知らない人に「How are you?」と挨拶された時などに返事をするイメージです。

3) That movie was so funny!(あの映画本当に面白かったね。)
※一緒に映画を見た相手や、その映画を既に見た人に言うイメージです。

3) That movie was very funny!(あの映画は本当に面白かったよ。)
※まだ映画を見ていない人言うイメージです。

4) Thank you so much for helping out today.(今日はお手伝いありがとう!)
※友達に対して使うイメージ。ここで“Very”を使うとやや固い。

4) Thank you very much for your time.(お時間をつくっていただき誠にありがとうございました。)
※ビジネスの場で使うイメージ。ここで“So”を使うとフレンドリー過ぎる。

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. tomoko kondo より:

    今年9月にアメリカに行くので、それを目標に少しずつ頑張りたい。
    そして、9月は現地の人と楽しく会話できたらいいなぁ。

    • Jun より:

      Tomokoさん

      9月、楽しみですね!レストランやお店に行くとアメリカ人は知らない人にでも、平気で声をかけますので(そういうとこが本当にフレンドリーです)会話をするチャンスはいっぱいあります。9月に向けて頑張りましょう!!

  2. Kate より:

    いつもPodcastとブログを活用させていただいています。
    レストランのウェイトレスとして働いているのですが帰り際にお客さんにありがとうと言うときは
    Thank you very much か so much かどちらを使った方が自然ですか?

    • Jun より:

      Kateさん、

      こんにちは!いつもHapa英会話を活用していただき、ありがとうございます。

      「Thank you very much」と「Thank you so much」意味合いは同じですが、「Thank you very much」のほうが感覚的にフォーマルな感じです。「Thank you」に「so much」を加えると個人的な気持ちや感情が含まれ、知っている相手や友達に使うように思います。なので、お客様には「Thank you very much」のほうが自然だと思います!

      • Kate より:

        Junさん
        早々のお返事ありがとうございます。

        Hapa英会話での英語学習は勉強に役立つ知識だけではなく、シンプルに楽しんで学んでいいんだといつも元気を貰っています。
        日本語を必死に勉強されたJunさんだからこそ、言葉に重みがあって、
        一言一言に納得させられます。
        間違うことを恐れたり自信を持てないことで今はまだ一歩踏み出せない状態ですが、コツコツ表現を学んで会話を楽しめるようになりたいと思っています。
        ありがとうございます。

  3. hiroko より:

    so と very にこんなニュアンスの違いがあるなんて知りませんでした。とても楽しく学習しています。

  4. めい より:

    veryよりsoの方がより女性的だと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

    • Jun より:

      めいさん、

      コメントありがとうございます。”So”を長く伸ばして発言すると、女性らしい言い方になることもありますが基本的には男女関係なく使われます。”So”は自分の感情や気持ちを表すときに強調して使われることが多いです。

  5. しんちゃん より:

    いつも、コラムやPodcastを拝聴させて頂いき、非常に勉強になっております。
    私ごとなのですが、来週にアメリカでジョブインタビューがあり、そこでこれまでの仕事(研究)の発表を行う予定です。

    初めの言葉で、このような機会を頂いて非常に光栄ですといいたいのですが、以下の文ですとどちらがよりフォーマルでネイティブでしょうか? またこの場合、SoとVeryとどちらがふさわしいでしょうか?

    1. I’m so/very glad to have such an opportunity to talk about my work today.

    2. I’m so/very honored to have such an opportunity to talk about my work today.

    細かいことをお伺いして興趣ではございますが、初めの言葉は肝心だと思いますので、とても気になっております。

    よろしくお願い致します。

    • Jun より:

      しんさん

      こんにちは。いつもHapa英会話で学習していただき、ありがとうございます!「Very」のほうが「So」よりフォーマルな響きがあるので、仕事の面接では「Very」を使った文章が適切でしょう。「So」は気持ちが込められたニュアンスもあり、友達など関係の近い人に使います。

      Job Interview、頑張ってください!

  6. sarara より:

    初めまして。
    いつも、知らなかったことが多いことが、分かりやすく楽しみにしてます。

    早速なんですが、tooも 『とても』って使う時に、
    so は、ポジティブな時
    tooは、ネガティヴ な時の表現があると聞いたんですが、あってます。

    • Jun より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。「Too」はどちらかというと「〜過ぎ」のニュアンスがあります。例えば「It’s too hot」は「暑すぎです」といった感じになります。

  7. sarara より:

    すみません
    質問途中で送信してしまいました。
    例えば、so hot とtoo hot
    前者は、 暑いけど嫌じゃない、
    後者は、暑くて 勘弁して〜みたいなニュアンスの違いがあると教えてもらったんですが、あってますか?

    • Jun より:

      “So hot”も「とても暑くて嫌だ」という捉え方もできますが、単に「とても暑い」ということになります。”Too hot”は「暑すぎて耐えられない」という具合になります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム