日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.03.19

「調子に乗るなっ!」は英語で?

「調子に乗るな」は英語で?

「調子に乗る」を辞書で調べると様々な英表現が紹介されていると思います。勿論、シチュエーションに応じて適切な表現をする必要がありますが、今日はある程度どのような状況でも使える「調子に乗る」ことを表す代表的な英語フレーズをご紹介しようと思います。

1) Get carried away
→「調子に乗る・我を忘れる」

“Carry away”は、我を忘れるほど何かに夢中になったり興奮したりすること、またはおだてられていい気になったりすることを表すフレーズということから、“Get”と組み合わせて使うことで「調子に乗る」や「我を忘れる」を意味します。

  • 「調子に乗って〜をする」→「Get carried away and _____」
  • 「〜をすると調子に乗る(夢中になる)」→「Get carried away when/by _____」
  • “Carry away”は「運び去る」や「持ち去る」などの意味もある。
I’m sorry. I got carried away.(すみません・・・調子に乗りました。)
I got carried away and spent too much.(イキってお金を使い過ぎてもうた・・・)
He gets carried away when he talks about his business.(彼は自分のビジネスの話をすると夢中になります。)
Don’t get carried away.(調子に乗るな!)

2) Go overboard
→「調子に乗って〜をやり過ぎる」

この表現も「調子に乗る」と訳すことができますが、調子に乗って「やり過ぎる」ことがポイントになります。あまりにも興奮して言い過ぎたり、お金を使い過ぎたりすることを表す場合に用いられます。

  • 「Go overboard on/with _____」→「〜をし過ぎる」
Don’t go overboard.(無茶したらあかんでっ!)
I know you’re excited about the party but don’t go overboard.(パーティーが楽しみなのは分かるけど、調子に乗って無駄使いし過ぎないようにね。)
I went a little overboard on the decoration.(ちょっと飾り付けし過ぎちゃったかな。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム