日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.01.22

「On the same page(共通認識)」の使い方

「On the same page」の意味と使い方

「On the same page」は直訳すると「同じページにある」を意味する表現ですが、同じ立場や状況にいることなど「共通認識」の意味になります。ビジネス英語でよく出てくる表現ですが、友達同士で決めごとをするときにも頻繁に使われる口頭的な言い回しです。

「Be on the same page」

◎ 全員が同じ考えや状況を理解する(共通認識)という意味。
◎ ミーティングや大事なことを決める前に、全員が状況を共通認識しているかを確認するときに使われます。

  • Let’s get on the same page.(お互いにちゃんと状況を理解しよう)
  • I want to make sure everyone is on the same page.(みんなが状況を理解しているかを確認したい)
  • We need to get everyone on the same page.(全員に共通認識を持たせないといけない)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Shizuka Hummel より:

    以前は余り” speak up ” をしないタイプ(今では考えられませんが)だったので
    アメリカ人の主人と話し合いをする時にたまにでてくるのがこの言葉です。
    この話し合いの原因は所謂「嫁姑」のことなんですけど、どこも一緒なのですね〜。

    • Jun より:

      Shizukaさん

      Hey there!「Be on the same page」はビジネス以外でも日常会話でよくでてくる表現です。特にアメリカでは互いにコミュニケーションを取り合うことが、良い関係を築き上げていく重要な要素です!日本人同士だと「言わなくても分かる」ことがあるかもしれませんが、英語でははっきりと自分の意見や考えを伝えないと「You will NOT be on the same page」です。Keep speaking up!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム