日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2014.01.14

状況に応じた「おめでとう」を英語で表現

状況に応じた「おめでとう」を英語で表現

一般的に「おめでとう」は英語で「Congratulations」と言いますが、他にも言い方はたくさんあります。そこで今回は、一般的な「おめでとう」の他に、ビジネスやスピーチ、誕生日や新年の挨拶に使われる「おめでとうの」定番表現をご紹介します。

一般的な「おめでとう」

「Congratulations / Congrats」

一言で「おめでとう」と伝えたい場合は「Congratulations」でよいのですが、友達や家族など親しい関係の場合は「Congrats」と省略して表現するのが一般的です。因みに、語尾の“s”をつけないのはNGなので注意しましょう。

Congratulations on getting married!(ご結婚おめでとうございます。)
Congrats on passing the entrance exam.(入試合格おめでとうございます。)
Congratulations on your new restaurant.(開店おめでとうございます。)
Congrats on your engagement.(婚約おめでとうございます。)

ビジネスシーンやスピーチなどの「おめでとうございます」

「I’d like to congratulate you on ________」

ビジネスシーンやスピーチの場でフォーマルに「おめでとうございます」と言う場合の定番フレーズです。onの後にお祝いする対象をいれます。

I’d like to congratulate you on your new job.(新しいお仕事、おめでとうございます。)
I’d like to congratulate you on your promotion.(昇進おめでとうございます。)

誕生日、新年の挨拶、記念日などの「おめでとう」

「Happy ______」

誕生日のお祝いや新年の挨拶、または記念日などを祝う場合はシンプルにHappyを使って表現します。

Happy birthday!(お誕生日おめでとう!)
Happy anniversary!(記念日おめでとう!)
Happy New Year!(新年おめでとう!)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

当ブログの筆者Jun Senesacによる英会話セミナーの開催決定!

HAPA英会話セミナー2017第2弾の開催決定!

Advertisement

コメント

  1. ジャスラック より:

    何時も楽しく拝見させて頂いております。congraturatons!は「努力して成しとげた成功」というニュアンスがあるので、女性の結婚者に対しては使わない方が良い.と聞きましたが本当でしょうか。

    • Jun より:

      ジャスラックさん

      こんにちは。そんなことないですよ〜!女性の結婚者に対して「Congraluations!」は一般的に使われており、そのようなニュアンスは全くありません。

  2. タンパ より:

    誕生日には“Happy birthday!”を使うとありましたが、“Congratulations!”を使っているのを見かけました。両者にニュアンスの違いなどはあるのでしょうか?

  3. Luckyママ より:

    ミリタリーの人の退職の場合、どういう言い回しがいいですか。
    ミリタリーは20年の勤務で退職になります。今月 退職する shipmateは39歳です。

    • Jun より:

      Luckyママさん

      その場合でも「Congratulations」と言っていもいいと思います。私だったら、「Congratulations! Thank you for your services」と言うでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム