日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.11.21

「People」と「Everyone」は複数形?単数形?

「People」と「Everyone」は複数形?単数形?

これまで英語を教えてきたなかで、生徒さんがよく困惑されていたもので、「People」や「Everyone」を使うときの動詞は、複数形と単数形のどちらになるか?ということがありましたので、今回は「People」と「Everyone」についてご紹介しようと思います。

People

◎ 「People」は「Person」の複数形を指します。
◎ 1 person(一人)、2 people(二人)、3 people(三人)
◎ 「Person」の場合は動詞が単数形、「People」の場合はは動詞が複数形になります。

  • That person is sleeping.(あの人は寝ています)
    【解説】動詞が「is」(単数形)。
  • Three people are going to dinner.(3人がディナーに行きます)
    【解説】動詞が「are」(複数形)。

Everyone

「Every」は数えられる名詞の前に使うと「すべての」を表す。
◎ 「すべての」だから複数形なのではないか?と勘違いしやすいのですが、必ずフォローする動詞は「単数形」になります。
◎ 「Everyone(全員)」「Everything(全部)」1つのグループとして考えれば分かりやすいと思います。

  • Everyone on the team is tired.(チームメンバー全員が疲れている)
    【解説】動詞が「is」(単数形)。チームには数多くのメンバーがいるが、「1チーム」=「Everyone」なので単数形になる
  • Everyone in class wants to learn English.(クラス全員が英語を覚えたい)
    【解説】動詞が「wants」(複数形)。クラスには多くの生徒がいるが、「1クラス」=「Everyone」なので単数形になる

 

下記は全部「単数形」を使いましょう!
◎ Everyone / Everything / Every one
◎ Anyone / Anybody / Any one
◎ Someone / Somebody / Something
◎ Nobody / No one

「単数形」vs「複数形」

(単数形) (複数形)
Person People
子供 Child Children
Man Men
Woman Women
Tooth Teeth
Foot Feet
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム