日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.11.18

「おおざっぱ」や「おおらか」を英語で表現

「おおざっぱ」や「おおらか」を英語で表現

細かいことには注意を払わず、雑な性格の人を日本語では「大雑把」と表現しますが、実は英語には大雑把を直訳できる一言がありません。今日のコラムでは、大雑把な性格をの人、そして微妙に意味合いが異なりますが、大雑把に似た意味の「おおらか」を英語ではどのように表現するのが相応しいのかについて説明いします。

1) Not detail-oriented
→「おおざっぱ / がさつ」

「細かいところまで注意を払う」や「きちょうめん」などを意味する“Detail-oriented”を否定形(Not detail-oriented)にすることで「大雑把」や「がさつ」な性格の人を指し、どちらかと言うとネガティブな意味合いとして使われます。

  • A person who doesn’t pay attention to detail.(細かいことに注意を払わない人)」も同じ意味合いで使われる。
He is not detail-oriented.(彼は大ざっぱです。)
She doesn’t pay attention to detail.(彼女は大ざっぱな性格です。)
I know. I’m not detail-oriented.(私ががさつなことは分かってんで。)

2) Laid back
→「おおらか / のんびり」

“Laid back”は、細かいことを気に留めない、大らかでのんびりした性格の人を指し、どちらかと言うとポジティブな意味合いとして使われます。ハワイや沖縄の人々を表現するのにピッタリな表現でしょう。

I’m pretty laid back.(私はおおらかな性格です。)
I like her because she’s laid back. (彼女はのんびりしてて好きやわ〜。)
He’s a little too laid back.(彼はちょっとのんびりし過ぎです。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. たか より:

    わかりやすくていつも楽しく読ませていただいています。
    今はアメリカに住んでいますが、ぴったりの表現を知らずに、言葉煮詰まることも、。。

    • Jun より:

      たかさん

      ありがとうございます。Hapa英会話で学んだことをアメリカでドンドン実践してみてください。Just keep talking 🙂

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム