日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集】 ☆1週間の復習 Business☆

================================================================
【1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集】 September 13th, 2013  Vol. 120
================================================================

◇Theme of the week: “Business: Meeting”
◆今週のテーマ:『ビジネス:ミーティング』

_________________________________________________________________________

さぁ、今日は復習 DAY です。今週紹介した「Business」を穴埋め形式で質問をだします。

自分で正しい表現を考えてから解答を確認してください。

それでは、Let’s begin!

_________________________________________________________________________

Sept 9th, 2013

1)Let get down to_________________. (さぁ、本題に入りましょう)

*
*
*
*

【解答】

business → “【Let’s get down to business】”

【意味】

「本題に入りましょう」「始めましょう」「具体的な話しに入りましょう」

☆Extra Practice☆ 「本題に入る」の言い換え表現は?

1) Let’s get ___________.(始めましょう)
2) Let’s get straight to the __________.(すぐに本題に入りたいと思います)

*
*
*
*

【解答】

1) started
2) point

☆復習ポイント☆

◆ ミーティングが始まる前に「Small talk(雑談)」をすることがよくありますが、雑談はそろそろやめて「仕事の話しをしましょう」の一言が「Let’s get down to business」です。ビジネスシーンでよく聞くフレーズの一つです。

・Let’s get down to business.(さぁ、本題に入りましょう)
・Let’s get right down to business.(早速ですが、本題に入りましょう)
・Can we get down to business?(本題にはいってよろしいでしょうか?)

◆ 「Let’s get started」は「始めましょう」を意味します。

・Let’s get started.(始めましょう)
・Everyone ready to get started?(皆さん、始めましょうか?)

◆ 「Straight to the pont」は「すぐ要点に入る」を意味します。前置きは抜きにして、すぐに本題や要点に入りたい場合はこの表現を使ってみましょう。

・Let’s get straight to the point.(すぐに本題に入りたいと思います)

_________________________________________________________________________

Sept 10th, 2013

2)We are here to __________________ the company budget.(会社の予算について話し合います)

*
*
*
*

【解答】

discuss → “【We are here to discuss】the company budget”

【意味】

「〜について話し合います」「〜を議論するために集まりました」

☆Extra Practice☆ 「会議の目的を伝える」表現は?

1) The _______ of this meeting is to…(この会議の目的は・・・)
2)The _______ I’ve called this meeting is to…(この会議を開いた理由は・・・)

*
*
*
*

【解答】

1)purpose
2) reason

☆復習ポイント☆

◆ ミーティングが始まったら、会議の目的が告げられます。会議の目的はシンプルに
「We are here to discuss ______」です。「Discuss」の後に目的を言いましょう。

・We are here to discuss the company budget.(会社の予算について話し合います)
・We are here to discuss this months sales quota.(今月の販売ノルマについて話し合います)
・We are here to discuss the upcoming project.(今後のプロジェクトを議論する為に集まりました)

◆ 「The purpose」は「目的」を意味します。「この会議の目的は〜です」と言いたい時はこの表現を使いましょう。

・The purpose of this meeting is to discuss our new product.
(この会議の目的は新しい商品について話し合いをすることです)

◆ 「The reason」は「理由」、「Call a meeting」は「会議を開く」を意味します。「この会議を開いた理由は〜です」と表現したいときはこのフレーズを使いましょう。

・The reason I’ve called this meeting is to discuss the following issue.
(この会議を開いた理由は次の問題について話し合いをするためです。)

_________________________________________________________________________

Sept 11th, 2013

3)The ___________ is as follows:(議題は次のとおりです)

*
*
*
*

【解答】

agenda  → “The【agenda】is as follows:”

【意味】

「議題は次のとおりです」

☆Extra Practice☆ 「議題の順番」を示す表現は英語で?

1) _________.(まず)
2) _________.(次に)
3) _________.(そして)
4) _________.(最後に)

*
*
*
*

【解答】

1) First
2) Next
3) Then
4) Finally

☆復習ポイント☆

◆ 「Agenda」=「議題」、「as follows」=「次のとおり」です。議題に入るときはまずこのフレーズを使い、議題の項目をリストアップしていきます。議題の順番を示したい場合は:

1)First(まず)
2)Next(次に)
3)Then(そして)
4)Finally(最後に)

・The agenda is as follows.(議題は次のとおりです。)
・The following is the agenda.(議題は次のとおりです。)
・The agenda is as follows.First ____, next ____, then ____, finally _____.
(議題は次のとおりです:まずは〜、そして〜、次に〜、最後に〜です)

◆ 「As you can see from the agenda, there are 3 items.」=「ご覧の通り、議題が3点あります」この表現は事前に議題が述べてある資料を渡した時に使われます。

・As you can see from the agenda, there are 3 items.(ご覧の通り、議題が3点あります)

◆ 出だしから議題の順番を示したい場合は:「Can we start with _____, then go on to _____ and finish with _____?」を使いましょう

・Can we start with ____, then go on to_____ and finish with _____?
(まずは〜で始めて、次に〜を議論し、最後は〜で終わらせましょう)

_________________________________________________________________________

Sept 12th, 2013

4) Let’s ____________ the issue.(それでは議題に入りましょう)

*
*
*
*

【解答】

move into → “Let’s【move into】the issue.”

【意味】

「〜に入る」「〜を始める」

☆Extra Practice☆ 「他の人に議題を紹介」してもらいたい場合は?

1) Mr. Yamada, can you _________ the first point?(山田さん、最初の議題を紹介してください)

*
*
*
*

【解答】

1) introduce

☆復習ポイント☆

◆ ビジネス英語で「〜に入る」「〜に始める」ことを「Let’s move into _____」として表します。この表現はやや口頭的な表現ですが、固すぎない、ビジネスシーンでよく耳にするフレーズです。

・Let’s move into the issue.(それでは議題に入りましょう)
・Can we move into our first topic.(最初の議題に入ってもよろしいでしょうか)
・It’s time to move into the issue.(それでは議題に入りましょう)

◆ 「Let’s start with _______」=「〜で始める」一番分かりやすい表現の仕方です。

・Let’s start with this months budget.(今月の予算から初めましょう)

◆ 誰か議題を紹介してもらいたい場合は:「Mr._____, can you introduce the first point」

・Mr. Yamada, can you introduce the first point?(山田さん、最初の議題を紹介してください)

================================================================

【1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集】はアメリカ人と雑談をする時に不可欠な日常フレーズを提供する、無料メルマガサービスです!毎週月曜日~金曜日午前6時(日本時間)に新しいフレーズをお届けします。「英語学習はしたいんだけど、中々時間が・・・」と悩んでいる方に、ぴったりのメルマガです。1日1分1フレーズなので仕事前に、通勤時間に無理なく毎日新しいフレーズを身に付けていくことができます!

ご登録はこちら → 1日1分1フレーズ!アメリカン雑談集

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画
Hapa英会話Podcastプレミアム版
Hapa英会話セミナー2014収録映像2時間ダウンロード配信中(税込2700円)

Advertisement