日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.08.05

「お気の毒に・・・」を英語にすると?

「お気の毒に・・・」を英語にすると?

日本人は何か悪い知らせを聞いたときに、不幸のあった相手に対し「お気の毒に」と声をかけますが、この日本語は英語に直訳できない表現です。しかし、それに近い表現があるのでご紹介します。

I’m sorry to hear that

直訳すると「それを聞いて残念に思います」となります。相手の不幸や嫌な出来事を聞いた時に使う「お気の毒に」と似たニュアンスのワンフレーズです!

  1. My dog passed away last week.(先週、愛犬が亡くなりました)
  2. I’m sorry to hear that.(お気の毒に)

That’s too bad

「I’m sorry to hear that」と比べ、もう少しカジュアルな表現になります。不幸とまではいきませんが、相手のちょっとした悩みなどに対して「それは残念ですね」と同情を示す時に使います。

  1. I lost my iPhone yesterday.(昨日iPhoneを無くしました)
  2. That’s too bad.(それは残念です)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム