日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.06.05

「お邪魔します」「お邪魔しました」は英語で?

「お邪魔します」「お邪魔しました」は英語で?

日本では友達や親戚の家の中に入る前に「お邪魔します」と言いますが、アメリカでは、招待された人との関係やイベントによって、家に入る時と出る時に使われる挨拶が異なります。

お邪魔します

Thank you for inviting me
→「お招きいただき誠にありがとうございます」

友達や家族など関係が身近な人の家に行くときは、シンプルに「Hi how are you doing?」と挨拶をするだけOKですが、お客さんとして招かれたり、特別なパーティーやイベントなどに招待されたときにはこのフレーズを使いましょう。しかし、かなり丁寧な言い方になるので、友達の家に遊びにいく場合などに言うのは違和感があるので気をつけてください。

  • 「Invite」の代わりに「Have」もよく使われます。
Thank you for having me.(お招きありがとうございます。)
Thanks for having us.(私たちを招待してくれてありがとうござします。)
Thank you for having me.(お招きありがとうございます。)

 

お邪魔しました

Thank you for inviting me
→「お招きいただき誠にありがとうございました」

「お邪魔します」と同様、家を出るときもこのフレーズを使います。関係が近い人の家を出るときは「Bye. See you later」とシンプルなお別れの挨拶をするのが一番ナチュラルですが、パーティーやイベントの場合はこのフレーズを使いましょう。帰る際、「楽しかったです」の一言を加えるとより丁寧になります。

I had a great time. Thank you for inviting me.(楽しかったです。お招きありがとうございます。)
We had a wonderful night. Thanks for having us.(素晴らしい夜を過ごせました。招待してくれてありがとうございます。)
That was fun. Thanks for having me.(楽しかったです。招待してくれてありがとう。)
    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

コメント

  1. Toshiko より:

    いつもタメになる表現をありがとうございます。いつも気になってたんですが、「行ってきます!」行ってらっしゃい」「ただいま!」「おかえり」はフツウ「good bye」「have a good day!」「I’m back」?「Welcome back」って皆、言ってるんですか?それともそういう挨拶自体がないのですか?

    • Jun より:

      Toshikoさん
      こんにちは!お返事が遅くなりまして、すみませんでした。さて、質問にお答えします。まず、「行ってきます」と「行ったらっしゃい」はToshikoさんが書いたように「Good bye / Bye / See ya」や「Have a nice day!」を使ってお別れの挨拶をします。家を出るときはこのようなお別れの挨拶をするのはアメリカでも普通です。しかし、「ただいま」「おかえり」は表現の仕方が変わります。「ただいま」は「I’m home / I’m back」と言う人もいまが、一般的には「Hi / Hey!」で挨拶します。「おかえり」は「How was your day?」と一日について聞くのが一番ナチュラルな言い方でしょう。実は「ただいま」と「おかえり」について記事を書いたので詳しい説明はこちらをご覧ください → http://wp.me/p356ct-jb

  2. toshiko より:

    回答下さってありがとうございました!日本のような、いわゆる「特別な」挨拶ではないってことなんですね。あと、淳さんが、日本での留学、就業の経験を通して日本人として、アメリカ人としての感想とか印象をエッセーに書いていらっしゃいますよね?毎回とても興味深く、楽しく読ませていただいています。本当に目からウロコ!みたいなこともしょっちゅうです。で、あの淳さんのエッセーをガイコク人の友人たちにも読ませてあげたいなってたびたび思うのですが、ぜひ、日英両方で執筆していただければと思います。
    お忙しいでしょうけれど、いつも楽しみに読ませていただいています。頑張ってくださいねっ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム