日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.03.25

【日常表現】“Are you working hard?” or “Hardly working?” あなたはどっち?

さて、今日の質問は「Are you working hard?」or 「Are you hardly working?」一見、両方とも同じ質問を投げかけているように見えるが(仕事を頑張っていますか?)、実はどっちかが「仕事サボっているんですか?」を聞いているんです!どちらか分かりますか?

“Are you working hard?”

そう、この質問が「仕事頑張っていますか?」になります。

「頑張る」=「To work hard」

  • Peter has been working very hard this month. (ピーターは今月頑張っているね)
  • You need to work harder!(もっと頑張らないと!)

ちなみに、英語でこんな表現がありますが聞いたことありますか?

「Work smarter, not harder」

どういうことなんでしょうか?直訳すると「懸命に頑張るのではなく、賢く頑張る」

ようするに・・・「長時間仕事に取り組むのではなく、要領よく仕事をしましょう」頑張る=仕事する時間ではなく、与えられた時間をどれだけ有効に使えるかが重要ってことですね。

Are you hardly working?

この質問が「仕事サボっている?」になるのでお気をつけください!ここで重要な単語が「Hardly」。「Hard」=「頑張る」ですが、「Hardly」=「ほとんど~をしない」になります。Hardlyは頻度を表す副詞として使われます。頻度を表す副詞についてはこちらに詳しく書きました → 【人を悩ます文法1】頻度を表す副詞

  • I hardly worked today.(今日はほとんど仕事をしていません)
  • He hardly exercises.(彼はほとんど運動をしません)

アメリカの会社で仕事をしていると、たまに上司から冗談で「Are you working hard or hardly working?」と聞かれることがあります(笑)ちょっとした言葉の遊びなので、その場を読んで次回是非使ってみてください!

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム