日米ハーフがお伝えするPodcast、動画、文化を含む無料英語学習ページ

英語学習サイト:Hapa 英会話

Hapa Eikaiwa on FacebookHapa Eikaiwa on TwitterHapa Eikaiwa on YouTubeHapa 英会話 Instagram

【1日1フーレズ英語】無料メールマガジン

公開日2013.01.21

【ピンチ!英会話】ピンチ1:洋服屋に入って、店員に声をかけられた。さぁ、どうする?

店員:    Hi, how are you? Is there anything in particular you are looking for today?

こんにちは。本日は、何か特にお探し物はありますか。

お客:    Yes, I’m looking for a pair of jeans.

実は、ジーンズを探しているんですよ。

店員:    Any particular style?

お好みのスタイルなどありますか?

お客:    Some dark jeans that aren’t too baggy. Something that’s casual but dressy.

色が濃いめでそこまでだぶだぶじゃないのがいいんですけど。カジュアルだけどおしゃれな感じで・・・。

店員:    These jeans here might be exactly what you’re looking for. They are on sale today too! Buy one and get 50% off your second       pair.

お客様がお探しの商品はまさにこれですね。しかも、今日はセールなんですよ!ジーンズを1本ご購入されると、2本目が半額になります!

お客:Wow, that’s a great deal!

すごい、お買い得ですね!

 単語リスト

  • In particular/particular – 具体的に、特に
  • I’m looking for _____ – ~を探しています
  • Baggy – だぶだぶの~
  • Buy one get ___ off / Buy one get one free – 1個買えば2個目は~%引き ・ 1個買えば2個目は無料
  • That’s a great deal! – お得ですね!

ワンポイント解説

お店に入って店員さんに英語で声をかけられたけど、なんて言っていいのか分からなく“No”とか無視をしてしまった時ってありますよね。今日のポイントはここです!店員さんを避けるのではなく積極的に話してみましょう!

英語ではジーンズを示す時に「pair of jeans」と表現します。「Pair」とは2つで1セットになるものに付け加えます。例えば「pair of glasses」(メガネ)「pair of shoes」(靴)等、「組」という意味を持ちます。また、ジーンズには様々な種類がありますが、「Casual but dressy」は色々な場面で使えます!シャツでも、靴でも、帽子でも。。。カジュアルすぎるのは嫌だけど、おしゃれすぎも。。。って思っている時にはこの表現を使ってみましょう!

とにかく、店員さんとお話することで色々な情報が得られます。自分が探しているものからバーゲン品まで。でもウィンドーショッピングで見て回っている人は、店員さんに声をかけられたときに“I’m just looking. Thanks”「見てるだけですよ」と一言かければ、OKです!

    
            
  •                  
  •         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •              

Advertisement

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Advertisement

Hapa英会話セミナー2014収録動画

英語学習コラム